実質値上げ:すこしづつ小さくなる食べ物【これに消費税アップはしんどくない?】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

みなさん、気づいている方もいるかもしれないですが・・・。

「食べ物」が小さくなってませんか?

 

  • 5枚入りパックのハム、4つセットで売られてて、よく買ってたんだけど。
    気づいたら4枚入りパックになっていた。
  • アイスクリームのラベルデザインが変わった?とおもっていたら5ml小さくなっていた。
  • かまぼこが板よりだいぶちいさくなっていた。
  • 袋物のスナックをあけたら、以前にも増して少なくなっていた。

 

 

お値段据え置きで。
これってよく「企業努力」って言われるけど、正確には「企業詐欺」じゃないだろうか?
10%増量!というのはうたわれてるけど「10%減量」はうたわれてないよね。

値段を上げると売れなくなるから、中身を少なくして「耐える」。

 

小分けした袋に空気がたっぷりで、大袋の容量は変わらず、中身の個数が減ってる。
これって、実質値上げよね。

デフレ脱却だーとかいいながら、高くなると買えない貧困世帯のぼくら。
でもそれでいいよ!我慢するよ!贅沢は敵だよ!っていう世の中の流れに多くの人が「賛成」した結果がこのあいだの選挙。

 

10月になって消費税が上がって、給料は上がらず、天引きは増え。
ますます経済まわらなくなるよね。

 

  • くだものが高くて買えなくなったら「貧困」
  • 月に一回程度コンサートに行けなくなったら「貧困」

そういう世界基準でいけば僕らはまったくもって貧困だけど、それを話すと

「くだものは贅沢」「月一コンサートに行かなくても支障はない」って言い返される。
とにかく自分が「世界から見たら貧困」って認めたくないらしい。

 

もうさ、この国を本気で諦めた方がいいんじゃないかなーとか思う。

人口がどんどん減って、生産人口が減って。
経済が破綻してしまってからが、ほんとの「国づくり」になるんじゃないかな?なんておぼろげに考えてる。

世界中から一度、見捨てられて。
安全保障から見捨てられて。
資源も何もないこの枯れた島国を占領する価値をなくしてから。
それから「日本再生」なんじゃないかなぁと。

完全に他人事としてぼんやり考えてみることが増えた。

 

10月から消費税。
多くの人が賛成票をいれたから仕方がないけど。

僕の仕事は税込みのギャランティーだから、実質売り上げ減。
支出が増えていって、もらえないのに年金払って。
でもだれも文句も言わない。

戦闘機で守ってるこの国は、もう中身はカスカスの痛んだフルーツになってるけど
それでいいし、この道をいくんでしょ?

 

 

暗い気持ちになって、お腹も減って。
でもそれが「普通」に感じられるような精神修行を続けるんでしょ?

ぼくはもうやだなー。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら