たけっちワンマンライブ@HOMEにお呼ばれした【繊細なギターにあの歌詞が笑】素敵な鍵盤奏者ともセッション!

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

9/5。親不孝通りの「 HOME」で行われているワンマンライブサーキット「アンレコ」のたけっちの巻に、ゲストとしてお呼ばれしてきました。

夕方ちかく、大雨!

またか!っとおもったけどリハの時間ころには蒸し蒸しの晴れ間に。
たけっちもきたばかりのよう。
緊張してるのかしてないのか、いつものようにまったくわからない(笑)

今日は二曲一緒にやって、最後に鍵盤のひとと三人でもやる。

 

 

その鍵盤の人、素晴らしかった!
リハで聞いて「おおおおおおおお〜〜〜〜」っとゾクゾクした。

なんていうか(個人の感想ね)
自分が注目されたいとか、メジャーになりたいとか、大勢に人に届けたいとかいうのと違って「音と遊び、音楽を広げるのが好き」な感じがした。たけっちの曲のやたら4音和音の多いメロディーに、詰めたり抜いたりしながら「空気」をつくっていく。
風景描写的なミュージシャン。
すごい!好き〜〜!!

 

リハが終わって、リクエストをまとめるたけっち。
めちゃくちゃ興味が湧くそのタイトル。
知ってる曲もあるけど、知らない曲や、想像すらできないものも。

 

歌のタイトルが紙に書かれたものをバケツに入れて、それを引いて。その曲を歌う。
歌い慣れてるものも、ほぼ歌ってないものも、何が出るかわからない。
さすが!
自分のハードルを(過剰に)上げるおとこ、たけっち!

 

アクアリウムの仲間の方々(みんな若い!!)や、福岡のお客さん代表みたいなメンツの中、ライブは始まる。
第一部は、当日見にきた人からのリクエストに応えるかたち。

 

笑える曲と、しんみりする曲を交互に引き当てるたけっち。
よく知られた曲も、初めて聞く曲も。

たけっち。
やっぱ人柄だよねーっていわれるけど、実は「人柄の良さがその曲までしっかり染み込んでる人」ってあまりいない。
「人はいいけど、曲はね〜。いいけどその人らしさまではでてないかなー」という人もかなりいる。
なのでやっぱりたけっちは「天才」なんだと思う。

彼の「叫ばずにここまできた」という宣言「SOUL」は涙ものの傑作。僕はこの曲が一番好き。

 

 

曲に対する想いとか、シチュエーションを丁寧に話しながら、進む。
一部二部あわせて2時間きくと、「あ、なるほど、たけっち節はここか!」ってのがわかった。うれしい。
秘密にしとこ(笑)

 

カレーを食べながら。
汗を拭きふき。

 

 

第二部後半はセッション

まずは珈奈さんの鍵盤と。
これがさ、またリハとは少し変えてきてて、ほんとに格調高い「ツタヤ恐怖症」と「ポケットの中に〜」
メロディーメーカーたけっち!って感じがビシビシ。

鍵盤本当に好き!!自由。

 

次はぼくと。
エロ本夏の記憶をボトルネックで。
ここHOMEはボトルネックの音か最高にいいから。
たけっち言う所の「洋物のエロ本」になった(笑)

そして前出の「SOUL」
印象的なフレーズをユニゾンしながら崩し、広げていった。

 

たけっちのおかげで、声をかけてくれたおかげで演奏できた場所がたくさんある。
彼は僕の恩人だ。

僕がちょっと疲れて、ライブ活動休止をするって決めた時、たけっちと対バンで。
「やめて行く人が帰ってきやすいように僕はずっと続けています」と言ったのを一生涯忘れない。

 

最後は三人で、カレーの歌。

楽しかった。
音がコビトのようにころころと転がって、鬼ごっこしたりかくれんぼしたりするようだ。
名曲のなかを自由に転がる。ほんとうに素晴らしい。

 

アンコールで2曲。

 

全て終わったのは10時過ぎ。
おつかれさまーー。

おやくそくの自撮り2ショット

ライブ終わりは、なんか照れてあまり話せない。
人見知りが発動する。ほぼ知ってる人ばかりなのにね(笑)
ギター持ってないと、ダメなのかな〜〜
少し早めにおいとまする。

 

帰りがけ。熱帯夜を自転車かっとばしながら

「ぼくのたましいは〜〜〜」っと歌う。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら