‪高橋プランクトン企画「最強たち」‬@八幡 デルソル‬【総論】さびしい夜と音楽をやる為の準備

こんばんは。ブログアパート管理人にサニーです。

昨日は八幡のデルソルに妻と一緒に出かけました。
高橋プランクトンの横でギターを弾きに。
そしてかわいすぎるライブカフェ「デルソル」を妻に見せたくて。

  • (OA)ヤマサキ‬
  • 高橋プランクトン‬
  • TARJEELING‬
  • ‪Kei Kumagawa‬
  • 深居優治‬
  • gn8mykitten‬

まあ、おそろしいラインナップ。

 

ライブレポートは後日。まだ、うまく言葉にできないので。
今日は昨日感じたことをいくつかのキーワードでまとまりなく書こうと思います。

 

 

音楽をやる為の準備

人前で何かをする。
そのためには練習をする。曲を書く人は書く。
生活の中から、もしくは架空の何かから「歌」をひねりだす。
楽器を練習する。

それだけじゃライブの準備は足らないってのを見せつけられた。
「赤点のテスト」を返されたようだ。

ある人は「40歳をすぎて、ステージでかっこよくあるためのあらゆることを考え、拾い上げ、参照し、実践する」といった。ステージでいかしたブギーをやるだけでなく、だ。

ある人は「おっさんがただ歌っても何もおもしろくないでしょう?」と言いのけた。
音楽だけでも目玉が飛び出るくらいすごいのに、だ。

 

「素敵な夜をあなたに」とか「乾杯しようぜ」っていうのも悪くない。嫌いだけど。

自分をさらけ出すと「ステージでのプレゼン」の重要さ。
そんなの当たり前以前のことやろ?という。

お前は準備してるのか?
お前はステージにいない時にステージを生きてるか?

そう突きつけられた時、僕は。

 

血が出るほど練習してる。
聞こえない耳をかっぽじく。
毎日だ。
でもそれじゃたりないのだ。

準備をして、始める。
それであってこそ、調和も崩壊も作品となる。

 

その人のやり方で、その人のやるべきことをやる

この日も「私にしかできないこと」を多くの人が歌った。
自分にしかできないことを探す時

 

「人と被ってないか」

を考える。「自分なりのやり方=自分だけのやりかた」だと勘違いしてしまう。
人と違うという「他人目線」を意識し、自分のやり方を歪めたり、切り離したり迎合したりする。

それが大きな間違いだと教えられた。

この日集まった人たちは、全員違う表現方法を取っていたけど、それは「人と違うこと」を狙ってるわけじゃない。
自分と対峙して、自分の武器で戦ってるだけ。

もちろん人の戦い方に敬意も表す。
羨ましくも感じるところもある。でもそれと「自分の表現は別」だと知ってる。

 

自分の武器はなんだろう?と考える時

  • 自分だけが持ってるもの
  • 他の人が持ってないもの

にとらわれる。
違うんよね。
自分と向き合い、描きたい何かがあり、それを描くのに必要な「自分の中にある武器」を使って描く。
その「武器と描き方」がその人のアートなんだ。

僕はほんとうにがっかりした。
自分自身に。

でもさ、がっかりしてても何も始まらない。
この人たちに「近づきたい」ってのとは違う。僕は「魔物」ではない。

僕はプランクトンの「叫び」も、タージリン先生の「声」も、深居くんの「湿度」も、ケイクマの「愛」も、グンナイの「言葉」も持っていない。
でも、「何も持っていない」わけじゃないはずだ。

彼らが持っているものは「彼らが探し、見つけ、鍛え上げた」もの。
僕が持っているなにかは「僕が探し、見つけ、鍛え上げなければ」現れないもの。

 

なにかを表現しようとする人でなくても、人は何か「自分だけの武器」をもってるはずだ。
でもそれを「探し、見つけ、鍛え上げる」かどうかで、変わる。

楽しいだけの旅ではないはずだ。
この日の出演者は「趣味」として音楽表現をやってるんだけど、そこに「楽しい」だけがあるようには思えなかった。苦渋も葛藤も壊血もあるはずだ。
今日もまた、できあがったばかりのかさぶたを剥がすのだ。

 

長くなった。
ライブレポも書かなきゃいかんとおもうし、ぜちさんと話をしたことで見つかったことや、高橋プランクトンのアレについてのことはまた今度。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら