星野源の存在価値についての考察byタージリン先生【星野源をほぼ聞いたことないけど「いらねー」と思っていた】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

八幡からの帰り道。
うちの近所に住むタージリン先生と3号線を。

先生は朝ドラと大河ドラマをみてる。
僕らは見ていない。

ふつう、これでは会話は成り立たないよね。
でも

「自分の知らないことを楽しげに話す人」「自分と違う見方をする人」と話すのがすきな僕ら夫婦は、びっしりと講義を受けることになった。

「ドラマは、縁です」

と先生は言う。

 

 

何かを見ようと思って見るのじゃなく、その時間、その枠に吸い寄せられて見るものだと。
その脚本家の前作がどうとかの前知識を調べず、もたず、今見たドラマの感想のみをツイートしてるそうだ。

その点朝ドラとかは「朝行動の一環」にするのが楽で、逆に見れない人「縁のない人」にとってはまったく関係ない世界。

 

前半と後半で制作会社が違うとか、初めて知った。
僕らが朝ドラを見ていたころ、は「ゲゲゲ」とかかな?

 

その中で当然、音楽の話になる。
僕は最近、邦楽を聞かない。ものたりなくて。つまんなくて。
中にはいくつか好きな人もいるし、歌もある。最近では「よふかしのうた〜〜〜!」って大好き。
泉まくらも好きだし。

今のチャート、TVで流れてくる音楽は、聴く人の低いレベルにあわせてプロが作る「低いレベルのアイドルポップ」だけ。
ほかの音楽や、洋楽に触れる機会はない。
友達にマニアックな人がいたり、お父さんがレコードコレクターだったりする人は別。

先生は「星野源」を聴く。
先生がライブでダンスする曲も「星野源を期待してたけど、振付の先生からパヒュームがきた」といっていた。

 

 

星野源。
顔がきらい。
恋ダンスってのもなんか、気持ち悪い。

あのアナーキーでリアリストなタージリン先生がなぜ、あの星野源をきくのか?
とても興味があった。

 

星野源は、子供達の耳に「レベルの高い音楽」を届ける仕事をしてる。

タージリン先生の説はこうだ。
朝ドラの曲(曲名は忘れた)なんかは、一番では非常にふつうにポップサウンドで、中版から後半にかけて、米英のアップトゥデートなサウンドをぶちこんでくるのだそうだ。

耳なじみのいいイントロと、ダンスの浸透圧と、自分という「親しみやすいキャラクター」を利用した宣教師なんだと。
ガパラゴス化したこの国のポップソングの服を来て、相手の心(子供の心も)を許させて、洋楽サウンドの「試食会」を開催しているのだろう。

僕ら時代でいうと「佐野元春」なんだそうだ。

 

 

ピアノの入ったロック。
サックスの入ったロック。
ヒッピホップをいち早く直輸入してくれたり。

今世界で起きてること、なってる音楽の断片を子供達の耳にとどけることで、「幅広い音楽を聴く可能性」をひろげてるんだそうだ。
なるほど!
なるほど!

すごくピンと来た。
テレビで歌ってるのを見たことしかないけど。

CDをすごく売ってる人。
その人には責任がある。
音楽を聴く耳を持った人を育てること。

なるほど!
すごくよくわかる。

 

 

ぼくが佐野元春から教わったもの。
佐野元春の扉をあけて入って来たアーティストもたくさんいる。
小沢健二もそうかもしれん。

だれかが「橋渡しをする」ことで「知らない人に届く可能性」があがるし、星野源の曲を好きになった人が、他所で同じような洋楽を聴いて「あれ?なんかこれ星野源に似てる」って思えば、もう大成功。

 

僕らが聴いてもきっとつまんないとおもう(笑)
それは変わんない。
きっと僕らが子供の頃、佐野元春に感激したとき、きっと大人たちは

「ギルバートオサリバンやん笑」

「ブルーススプリングスティーンやん笑」

「スタイルカウンシルやん笑」

ってなってたはず。

でも、初めて聴く子供達にとって、絶対的に必要なひとなんだなーと思う。
だって、そこに「扉があるよ」ってことを影響力のある誰かが教えてくれなきゃ、扉を開けることもできないもんね!

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

楽市楽座2019年新作『かもしれない物語』 @清流公園その1:本編【かもしれない... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   今年も、年に一度のお楽しみ「楽市楽座」がやってきた。しかも萌さんのお婿さん「佑之助」がメンバーとして加わっての新体制。 楽し...
あなたの体がどのように見えるかを判断する機会は誰にもありません【かっこ悪い直訳】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   今日のタイトルのみっともない直訳はグーグルさんのもの。 「nobody the opportunity to judge w...
田口裕一朗presents 『music train vol.2』 〜君だけのロ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   ほんとしつこくてごめんね。でもまだ10連休中のお話。 田口裕一朗presents 『music train vol.2』 〜...
韓国と日本の関係はいま、最悪らしいけど。... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 いつものように個人的なつぶやきです。   韓国が嫌い!っていう人。 なぜ?なぜ嫌いなん?   日本という...
ライブイベントに向けて【自分の所属してるバンドをあつめたら、練習も重なった】今週... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   来週の木曜日9/19にライブイベントを開催します。   9/19(木)大人の音楽会かつ幻一郎ナイト ...
大人の音楽会げんいちろうナイト前編【3つの違ったバンドでギターを弾き倒す夜】ギリ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   木曜。平日ど真ん中。 清川のキャバーンビートでイベントに出演してきました。 1:クルーオブブルー 19:30-20:0...
てんでばらばら、それでこそ!@馬出ブローインFun Gumbo Vol,2ライブ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   さてさてブローインで行われたイベント「Fun Gumbo Vol,2」。 トップのmoggyくんに度肝を抜かれたあと、井内く...
やはりこの世は生きにくい、なら?【支配的なことに異議を唱えるのが「女性のまなざし... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   10連休が始まりますねぇ。 もちろん休みじゃない人もたくさんいると思うけど。 平成のヒット曲!とか事件とかを特集する番...
2019年のソメイヨシノ【外国人がたくさん桜を観に来る】いながらにして国際的(笑... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 こないだの土曜日、暖かい日。 福岡城址にお花見にいってきました。 夜桜は観たけど寒かった。今日はあったかくて、レジャーシートで昼寝しそうだ。 ...
雨のバスでおもったこと【日常の散文シリーズ・小笹から駅南三丁目まで】いつもは自転... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   いつもは雨が降っても雨合羽&長靴で自転車通勤なんだけど、その日は夜、予定があったのでバスにした。 うちの前を通るバスは1...