勉強しておけばよかった!【したい時と、しなくちゃいけない時のズレ】いま、猛烈に英詩を勉強したい。

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

小学校も、中学校も、勉強しなかった。
もちろん高校も。
大学はドロップアウト。

勉強してこなかった。

とはいっても、興味のあることはたくさんあって、それに関して調べたりするのは割とすき。

 

ただ、宿題とか試験勉強とか全くダメだった。やるが出なかった。
例外的に「高校3年生の一学期の成績が推薦入学にひびく」と聞いた時、猛烈に勉強した。
結果、文系男子ではトップだった(笑)
でも、二学期からはいつものように100番くらい。

つまり「やればできる」イコール「やらないからできない」だった。

 

最近。
音楽活動で多くの洋楽に触れて歌詞を読んだりして「英語の言い回し」でグッとくるのがあって。
英詩にチャレンジしてみたけど、なんせ知識がないから、うすっぺらい。
友達のマークにみてもらったりしながらやってるけど、「日本語で表現するとき」みたいにしっかりとかけない。

外国語は「ムード」も大事だけど。やっぱり意味もなんとかしたい。

 

英会話をならいたいってのとはちょっと違う。
英語が話せたらいいだろうけど、単語単語であっぷあっぷしながらのアーウージャパングリッシュでもなんとかなる。
それより

日本語の言い回しを英語に変えて、ライムを踏む様なのを勉強したい。

 

 

あーあー。
勉強しておけばよかったなーってこと、割とあるでしょ?
なんであんなに「ただ同然」で教えてくれてた時代にサボってて、寝てたんだろ(笑)
その時は「サボり」「眠り」が必要だったのかもしれんが。

 

本当に興味のあることは独学してきた。
音楽もパソコンも。
パソコンは興味があったわけじゃなくて「生活に必要だったから」だけど。

誰かに習うってのは絶対的に近道だとおもう。
上手くなるためには。
そして独学はほぼ挫折する。
もともとサボる体質だから。

 

 

今回の「英語勉強したい!」もどこまで続くやら。

そして取った行動は

最近読んだ本「掃除婦のための手引き書」の言語のペーパーバックをかって、翻訳と照らし合わせてみる

という、めちゃくちゃに地味で挫折しそうなこと(笑)

掃除婦のための手引き書:ルシア・ベルリン:岸本佐知子【俯瞰と肌感が一行ごとに変わる大傑作】

 

 

結果はブログには書かないと思う。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら