グレタ・トゥンベリ。感情的になることは得か?損か?【怒りで世界はかえられないという詭弁】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

ツイッターっていうのは不思議。
もともと思いついたことを「つぶやく」場所だったのに。
誰に向けてもいない個人的な意見が「誰からも見ることができる」という視点で切り取られる。
道をあるいてるおっさんが「小泉しんじろうってのは言ってること意味わかんねえな」と言ったとして、それに見ず知らずの誰かが「小泉さんの発言は歪曲されてる!」って議論を吹っかける。

不思議。

そもそも「その人の意見」なんだから法に反していようが、社会通念上許されなかろうが、差別的であろうが「罪」ではない。
誰かを差別する視点を持っていても、実際「差別的行動」をしなければ法は動かないんじゃ?
まあ、緊急事態法が通れば変わるだろうけど。

 

 

「環境少女」なんていう名前で呼ばれるスゥエーデンのグレタ・トゥンベリさんがツイッターで話題だ。
9月23日、米ニューヨークで開幕した国連(UN)気候行動サミットで演説した。トゥンベリさんは、世界の首脳らが温室効果ガス排出問題に取り組まず、自分たちの世代を裏切ったと非難し、「よくもそんなことを」と怒りをぶつけた。

彼女がアスペルガーであることとか、感情をむき出しにして非難するところとか、8歳の時に地球温暖化問題を知って摂食障害になったこと、11歳の時にうつ病になったことなどが話題になった。

僕自体もこれまで、彼女のことは知らなかった。
ただ、海外では環境問題を考え、行動するのは「あたりまえ」のようだ。
ビリーアイリッシュもそういう視点で歌を歌い、PVを作り、大ヒットしてる。

 

 

彼女がそういう行動にでると、「両親のせいだ!」と非難される。
周りの大人が洗脳して、環境テロリストに利用されるだけだ。と。

未成年がなにかやれば「親の責任」だ。
いいことをすれば「親の教育がすばらしい」「親の躾がよくできている」
悪いことをすれば「親の責任」「親の顔が見たい」

こどもは自分で考えたりすることをやめる理由が蔓延してる。

 

 

学校の授業をボイコットしながら地球温暖化対策を訴え、米国をヨットで訪れた彼女は、ニューヨークの国連本部前の公園で、米国の同世代の若者ら数百人と一緒に温暖化に抗議する集会「学校ストライキ」を開いたという。

ストライキは、いけないこと。
日常生活のルールの中に「ストライキ」が存在しないこの国では、「やばいやつ」扱いされるのも当然だ。

 

トランプが揶揄したように「明るく素晴らしい未来を夢見る、とても朗らかな女の子」でいれば、世の中は権力者の思うがままだ。
この国がいい見本だろう。
きっと世界はこの「日本」という終わった国をつかって「人民を奴隷化し、労働力としてあつかう」プログラムのテストをしているのだろう。

 

彼女が感情をむき出しにして「よくもそんなことを!」と言わなければニュースに取り上げられることもなく、僕も知る由もなかった。
「怒りを出せば負け」というルールは糞食らえだ。
いまは「怒り」こそが真実に近く唯一の方法だ。

彼らは豪華な自宅でテレビ会議をしてるだけ。
拒否する権利は権力者にしかない。
そもそも議論のテーブルに付く気はない。
そんなやつらに向かって「話し合いの場についてください」とお願いをするのはまったくもって愚策だ。
なにも火炎瓶をなげたり、拉致したり、ハイジャックしたりする必要はない。

私は怒っているということを隠さずに心にもち続けること。それだけだ。

 

 

子供に怒られて「子供に何がわかる!」と怒る大人たちよ。
あなたが子供のころ、本当に「何もわからなかった」ですか?
いろんなことを考えていなかったですか?

考えてなかった人も多いかもしれない。もう忘れてしまったのかも。

 

 

たったひとつ。
この糞詰まりな国で54歳になるまでかろうじて生きてきたものとして書くけど。

過激派の両親や周りの大人たちり利用され「環境問題の顔」になってしまったグレタ・トゥンベリさんはもう、この後の人生はまともにすごせるはずがなく、これは虐待だ!という批判について。

この国で小さな頃からミニスカートで踊るアイドルや、露出の多い写真集がベストセラーになる未成年を見て育ち「かわいいねぇかわいいねぇ」と褒められるうちに自分もミニスカートで気持ちの悪いおっさんたちから性的な目で見られながら「可愛いは正義」なんて思ってしまう子供を作るのも立派な虐待だと思うよ。

 

いつの時代も、子供達は社会から虐待されている。
虐待は連鎖するから、永遠に続く。

 

子供は守られるべき存在ではあるけれど、自分の意見を持ってはいけない存在ではない。

どんな意見を持とうが、それが僕らには理解できなかろうが、「存在」していい。

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

自転車が壊れたよ【経年劣化という現実】自転車なら買えばいいけどね... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   朝、頭痛のすごいなか歯を食いしばって仕事に行ってる途中。 「ガシャン」 という音とともにペダルが外れた。 蹴った...
虐待とかいじめとかバッシングとかを消費する社会。なぜ、自分は全然違う世界に生きて... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   もうね、いやになった。 TVから、スマホから流れてくる、大量の怖いニュースと、それを興奮して伝えることばと。 もう、こころ...
億万長者1000人に共通する、お金持ちになるための8つの法則【お金は使う方が好き... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 風前の灯ではあるけど(笑)ひとりで会社をやってるので、社長様通信みたいなのをもらうことがある。 そこで紹介されていたのが 億万長者1000人に...
夜桜お花見@鴻臚館広場【寒い!さくらまつり】最近の出店はクオリティ高い!... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 まだ桜が咲きかけだったけど、夜桜を見に鴻臚館広場へ行きました。 広間はけっこう暖かくて、シャツとコートでよかったけど、日が落ちると寒いし、風も強...
キャンドルをさがしに【日常の散文シリーズ笑】外は32度、体感35度だってのに歩き... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   残暑。 まだ9月だからあたりまえとはいえ、激しい。 台風がいくつもきてるらしい。入道雲と濃い青空。 僕は自転車を飛ば...
変態チックDolls撮影会【極寒!雷!地震の日】サニーの知らない世界... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 朝から雪が舞う中、恒例の変態チック撮影会へ行って来ました。 いやー寒い寒い。 今回はDoll,Doll?,Doll!ということでドールざん...
信じたいものを信じるための「証拠」を集める毎日【自分を疑って、広く見ることの重要... こんばんわ。ブログアパート管理人のサニーです。   ぼくはこうおもう、というと、それは違うという人がいる。 誰かの発言をみて「こいつなにもわかっちゃいないな」と思うことがある。...
地獄スタート(笑)から始まる54歳。【裸で出直す再出発】お祝いの言葉をありがとう... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 昨日は誕生日でした。54歳になりました。 1700gで生まれて死にそうだったのに、よくもまあこんなにぬけぬけと(笑)   ...
黒崎Berry’s Barで彩虹とライブ【暖かい場所で暖かい人たちと... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   黒崎の街で母と待ち合わせて、今晩のライブ会場へ。 あいかわらず、いつものように迷う(笑) たどりついたベリーズバー。 ...
実質値上げ:すこしづつ小さくなる食べ物【これに消費税アップはしんどくない?】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   みなさん、気づいている方もいるかもしれないですが・・・。 「食べ物」が小さくなってませんか?   ...