風邪ひいて寝込んでみた【これからの目標は「免疫力アップ」と「ほどよい予定」だ】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

ひさしぶりに書きます。

月曜の夜。めっちゃおいしいご飯会。

 

うますぎる胡麻鯖
苦手な銀杏も、すごーくおいしい
醤油のお皿がまた、かわいい!
ハモのフライ!!

食べてる途中から喉がジンジン痛くなってきて。
あらら?風邪かな?

帰りにうがい薬と、のどぬーるスプレーを買って帰る。

 

夜中。
なんかきついー咳が出る。

熱計って見たら38度。
あらら。
バファリンのんで解熱。

 

火曜日の朝。病院へ行く。
多少喉が晴れてるくらいで、咳と鼻水がひどい。

抗生剤を出してもらう。

 

風邪ひいて高熱出るとそのあと気管支炎になるんだよなーやだなー。

 

火曜日は37.3〜38.4を行ったり来たり。病院からもらった頓服は、ちょっと効きが悪い。
カップうどんを食べたり。

 

水曜日。今日は予定があった。
キャンセル。

 

あいかわらずの高温。

 

木曜日、きょうはしなきゃいけない仕事があるので、自宅で仕事。
はかどらない。
でも頑張る。

ゴホゴホ言いながら仕事する。

 

こういうとき、自営業ってつらいよなぁ。
誰も助けてくれない。

ふと、今の日本って、自己責任ベースな世の中だから、全員が「自営業」なんじゃないか?なんて思う。
だったら、もうちょっと自由にうごければいいのにね。

 

体の調子が悪いと、政治とか、不都合な真実とか、ほんとどうでもよくなってくる。
これがなきゃ生きていけないと思ってる音楽もきかないし、ギターも触らない。

 

もしかしたらいまの日本って、「全員が体が悪い状態」なんじゃないだろうか?なんて思う。

 

睡眠薬を飲まないと眠れないのに、風邪ひいたときはほんとに寝続ける。
朝から夜まで。
夜から朝まで。
ひたすら寝る。

食欲もまあまあある。

喉が痛いので食べるのはつらいけど。

 

 

木曜日の夜中、またもや38度。
バファリン投入。

解熱下熱薬の「効き始める瞬間」ってすごいトリップだよね。
体のどこか、多分腎臓とか肝臓とかにめちゃくちゃストレスかけるんだろうけど、「今効き始めた」ってのがわかる。
汗が、でてくる。

医者からもらったものは、そこまでない。
ということはバファリンとかイブとかの力すごい。こわい。

 

 

金曜日の朝。
今日は事務所で仕事がいっぱい。
朝からでかける。

街の風が冷たい。

 

寝てる間に首里城は焼け、誰かが辞任した。
世界は変わらない。

 

風邪にはほんと気をつけて。

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら