牧畜業者という謎【久しぶりにソロライブを見て】彼女は鬼センスの塊だ

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

先日、ほんとに久しぶりにgigiへ行ってきました。
牧畜業者のソロをみに。

 

いまからもう10年くらい前になるかな?記憶が定かじゃないけど。
gigiが別の場所にあって。
写真を撮ってた僕は
よしえさんのおかげで出入りするようになった。

轟春子という、これまた一風変わったシンガーと一緒に演奏することがあった。
その流れで、春子の友人?の牧畜業者を紹介してもらった。

ぼくは最初「撲殺業者」だと勘違いしていて。ほら、当時、殴られたような「殴打メイク」というのをやっていたし。
どんな怖い人なんやろなぁと思ってた。

 

ぼくちくの(これが一番しっくりくるのでこの表記で)録音物を聞いた。「夜這い」というCD。
これがさ。
めっちゃすごかったんよ。
聞いたことがないポップ。
異国でもあり過去でも未来でもあるような。

 

この才能と一緒にやりたい!と思った。ま、僕の悪い癖だ。

 

 

二人でいちどライブをやったあと、ノスタルジアというバンド?を始めた。命名はぼくちく。
ウッドベースと、ぼくちくのボーカルと、僕のギター。
写真家でもあるベースマン「ガミー」の事務所でうだうだと喋りながら、セッションしたり、フォトセッションしたり。

 

ぼくちくはノスタルジアと同時にいくつかのバンドを始めてて、その中から生まれたもののなかに「ロンパリーチェ」ってのもあった。
最高にかっこよかったし、素敵だった。
今でも大好き。

 

 

同時期、二コランコランの人形劇のメインキャストとしても大活躍。

 

 

ノスタルジアが休止しても、本気すぎるコピバンやら、モッキーさん盛り上げ係やら。

去年は「ちびちゃん」というある種特殊なバンド?もやった。

 

 

ぼくちくとは付かず離れず、10年ちかく過ごしてる。
人間関係が続かない僕にとっては、とても貴重なともだちだ。

 

あ、昔話ばっかりになった。

この日のライブはソロ。
いろんな顔を持つぼくちくの基礎であり、中心部。

 

初めて見た頃もっていた真四角の拡声器で、独自のトラックを「ひしゃげた音」で鳴らす。

 

ぼくちくの「まんなか」は変わらないんだと思う。
ダンスビートとエモーションが表層で、まんなかはガーリー。

言葉を選んで、頭を使って、さらに喉が裂けるまで。

楽器は得意じゃないとはいうけど、不思議な楽器をたくさんもってる。
その不思議な楽器たちはきっと頭の中の倉庫に山積みになってるんだろうなぁ。

この日のライブのトラックをきいて、そう思った。
全てが頭の中にある。

 

 

単調なビートのように聞こえて、ぐしゃっと潰れてる打撲音のうえに、大陸的なメロディーがのる。
かと思えば

ポップなサビを打ちまくる「B面コレクション」のような曲
かと思えば

ゴージャスな毛皮の帽子でしゃなりしゃなりと歩く貴婦人と、
その彼女の馬を引く執事を同時にやる、みたいな分裂ぎみのポップス。

どんなにひしゃげていても、つぶれていても、ポップス。
拡声器のフィードバックも、割れたボーカルも、ボックスステップもシン・ポップ。

 

 

僕が知る前にもいくつかバンド、ユニットをやっていたらしい。
そのあと

ノスタルジア、たくさんのコピバン、ちびちゃん、るるる、デビルボディ。
その都度、相手の世界を食って、領地を広げてる。
そんな気がする。
常に勝利してるのは、ぼくちくだ。

ぼくちくと何かをやるのは、とても神経を使う(笑)
クリエイティビティが半端なく、真剣度が半端ないから。
あ、ステージでどつかれたりしてるのは「ショー」だからしょうがない。気にしてない(少しは気にしてる笑)

 

ノスタルジアで曲を共作?することがあって、
ぼくちくは

「お前の歌はいらんから、ギターだけひいてよこせ」

という。
最初は「なんじゃそりゃ」と思ってたけど、帰ってくる曲が素晴らしくて。
僕のギターは大したことないのに、僕の思いつかないメロディーと節が帰ってくる。
まるで魔法のようだ。
これらもきっと、最初から頭の中にある音なんだろうな。

天才だ。

またなにかやることがあるだろうか。
まずはぼくちくの鋭利なパンチに対応する体力をつけねばいかん。

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

マイカルチャーを探す旅【情報が一列に並ぶ社会でお宝を見つけるには?】不眠のぼくが... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   せっかく睡眠薬と市販の頭痛薬と手を切って再起したかのようにみえたけど、ここんとこまた不眠で。 しかも、それが「考えすぎ」とか...
腰痛の休日【妻と平尾大池に撮影に】ゆっくり歩いてるとおじいさんになったような気持... こんばんわ。ブログアパート管理人のサニーです。 いい天気な土曜日。 寒いけど。 腰痛ひどいけど。 じっと寝たきりというのは精神的にも苦痛なので、少しだけ出かけることに。  ...
寒いとこたつ以外の場所はつらい【心の余裕がないんだろうな〜】#誰とも繋がりたくな... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 寒くなってきましたね〜とこないだ人に話したら 「ようやく冬!って感じですね」 と言われた。 あ、そうか、冬は寒いんだった。当たり前だ...
竹内ゆえさんと水族館で【箱崎の夜はしんみりしてるが】その場で生まれるものを解き放... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   昨日、箱崎水族館喫茶室で行われた「大耳ライブ」に、竹内ゆえさんの隣でギター弾きに行ってきました。 僕は大耳族では...
目的地にたどり着くための道【見つけた人、探してる人、探すのをやめる人】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日、福岡から小倉まで車で行った時のこと。 走りながらいろいろ考えた。 この日は延々と国道3号線を走った。 渋滞もあるし、レーンの取り合...
100年の湯船:鶴の湯&馬賊ラーメン【魂のゆらぎ2019】レポートその4〜番外編... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   さて、凍える山から降りて、まずはお風呂だ。 彩虹が見つけてきた銭湯「鶴の湯」 近くのコインパークに止めて、てくてく。 ...
中国人たちと働く【言葉のストレス】でもね、知らないとわからないことがたくさんある... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   一人部屋の事務所を出て、いま、中国人4人、台湾人1人といっしょに働いています。 経緯はいろいろで、長くなるから割愛。 ...
自分で部屋を塗り替えてみる【築20年のマンション。リビングをまっしろに】その3〜... こんばんは、ブログアパート管理人のサニーです。 やっとの思いで、部屋の塗装はおわった。 今日はいい天気。 朝日がさしてる。カーテンをつけてないから(笑) 光に包まれてる。 &nb...
しのみやまなぶさんとお初!【魂のゆらぎ2019】レポートその5〜2日目:暗いうち... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   高塔山に二日目の朝がやってきた。 5時前。まだ暗いうち。だれもいない広場で空を見上げていた。 山の中で、誰もいなくて。...
勉強しておけばよかった!【したい時と、しなくちゃいけない時のズレ】いま、猛烈に英... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   小学校も、中学校も、勉強しなかった。 もちろん高校も。 大学はドロップアウト。 勉強してこなかった。 とはいっ...