ここは退屈迎えに来て:感想【田舎町のなにもおこらないチワワちゃん】誰かの憧れ、誰かの幻想

 

ここは退屈迎えに来て:ピンクの天皇(笑)廣木監督作品

KBCでチラシを見た時から気にはなっていたけど。
邦画はがっかりすることが多いので。

でも嗅覚優れた橋本愛(たまに外す)と麦さんでてるようなので、前知識を入れずにみてみた。

 

一度は東京へ出たものの、地元へ戻り、フリーライターをしている「私」。
同じく東京で花咲かなかったカメラマンと仕事をしてる。

取材終わりに高校時代に仲のよかったサツキと合流。かつてみんなの憧れの存在だった椎名に会いに行くことに。
途中、ゲームセンターに立ち寄ると、たまたま帰省中だった同級生の新保と再会。
近況を話しているうち、新保が椎名にいまの勤め先を紹介していたことを知る。

 

群像劇。時間軸行ったり来たり。
でも、すごくよく書けてる。

なんかびっくり。あれ?こんなに良い絵をきちんと、スタイルだけじゃなくて撮れる人がいるんだ〜。
と思ってエンドロールで監督みて

「あ!なるほど」

と思った。廣木監督やん。高校生くらいから廣木監督のピンク映画がすごい好きだった(笑)
最近は胸キュン監督とかいわれてるらしい(笑)

映画を勉強してる人のとる引きの絵は美しい。

 

 

ここは退屈迎えに来て:郊外店、チェーン店の魔境から抜け出せるか?

車がキーワード。

車でいつものファミレスで喋り、車でラブホに行き、車でラブホに行き(笑)車で先生のうちへ。
車でしか移動できない田舎。
自動車教習所へ、憧れに会いに行く。

でも、車の中での他愛ない会話って楽しい。

窓の外に見える景色はまったく変わらなくても、どこの町にもある郊外チェーン店とはいえども、
車の中の私は変わってる。
光を失ってるのかもしれないし、もともと持ってなかったのかもしれない。

ねえ、私はどう見える?

 

田舎の高校。
いくつかのグループ。
小さなスター。その他大勢。
山のシルエット、麓のまち。

自転車二人乗り
ゲームセンター
パンチラ

青春のピースをはめては崩し、映画は進む。

丁寧なカメラが描くのは「なんだかなあ」ともやる当事者と、昔は良かったなぁのノスタルジー。
かつて当事者だったひとたちの燃えかす。

とても優しくて、でも、無条件に抱きしめるわけでなく、厳しい目線も。
原作は読んでないけどね。

 

ここは退屈迎えに来て:群像は見る角度によって真実すら違う

 

「私」は東京に10年いて、同じ顔した郊外の町に帰ってきた。
2004年から2013年までの10年を行ったり来たりする。
この手法って外すと混乱しかないんだけど、すごくうまく行ってる。

映画を見てる人のほとんどが「既視感」のある閑散とした半都会の情景。
時間を潰すドライブ、ゲームセンター、ファミレス。
ハリボテのまちとこころ。
10年ぶりに訪れた母校の校庭。
10年で積もり積もった色々をいったん肩からおろし、子供に戻るふたり。
アップと、太陽の光と影、引きの遠景。
カメラがほんと素晴らしい。

何者かに成りたい。
成ろうと努力した人も、ただ思っていただけのひとも。
結果、何にもなれなかったとしても、その時間は無駄じゃない。無駄だと思ってしまうけど。

 

ここは退屈迎えに来て:かわいい女の子とかわいい男の子。水しぶき

なんとなく「しゅん」とする映画何だけど、プールのワンシーンでキラキラにひっくり返す。

ほとんどの人が経験してない幻想で、多くの人をまとめる(笑)

クラスのアイドルに夢中な人も、そうでない人もいた。
記憶はあきらかにフィクションで、自分にとって都合のいいように再生される。

誰かにとっての憧れは、その逆はありえないとか。

 

同窓会に一度だけ行ったことがある。
覚えてない人、覚えてない恋、覚えてない事件。
ほとんど覚えてない。
脳がどうかしたのか?と思うくらい。

 

ぼんやりと外をみてただけの青春だったような気もするし
最大のモテ期だった気もする(笑)
自転車でたんぼにおちたり、学校サボって山に行ったり。

いろいろあったはずなのに。

 

 

「何者かになりたい」

とあの子はいった。
僕はそれすらも考えてなかった。

ただ漠然と

「こんな町からでて行きたい」

と思っていた。

 

東京へ行った。
恋人を福岡に残し。

たくさんの文化と
たくさんの行かれた人と出会い
たくさんの寂しさを積み上げて生きる毎日。

 

一度、生まれ育った町を捨てると、ずっとどこか「浮き草」のような気分。
一度も捨てず、生まれた町で育って行くのってどんな感じなんだろうか?

東京は夢のカタマリ。
そしてほとんどが燃えかす。

 

 

 

【710号室】映画見聞録~映画が大好き~2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

エンジェル、見えない恋人:感想【最初から最後までもう完璧に好みの絵柄が】設定もお... https://youtu.be/LCkybIQPnPY   エンジェル、見えない恋人:目の見えない女の子と透明な男の子。ボーイミーツガール 魔術師のお父さんと、その相方のお母さん...
グリーンブック:感想【差別をする古い人たちと、変えて行く人たちの勇気】極上のエン... https://youtu.be/54LYdlY4yD4   グリーンブック:散りばめられた全ての要素が映画的に輝く大傑作 人種差別が色濃く残る1960年代、今からたった60年くら...
永遠に僕のもの:感想【説教臭さもヒステリーもないセクシャルで爽快な青春映画】アル... https://youtu.be/VxnxCWnDYIg   永遠に僕のもの:生まれついての泥棒は軽快に踊る アルゼンチン犯罪史で最も有名な連続殺人犯の少年、カルロス・エデゥアルド...
グッバイ・ゴダール!感想【いかにもゴダールの映画に出てきそうなかわい子ちゃん主演... https://youtu.be/qElMbVK5Dtw   グッバイ・ゴダール!めんどくさい天才ゴダール ゴダールの映画って、まともに見たことがある? 僕はベルモントの2作と、...
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド:ネタバレなし感想【悪ふざけが大人に... https://youtu.be/epxG19fE8EA   ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド:レオナルド・ディカプリオスターがスターを捨てるとき リック・ダルトン(レ...
イメージの本@KBCシネマ【ジャン=リュック・ゴダール:世界をリミックスして怒り... https://youtu.be/_7KF2OIiOHo   イメージの本:ゴダールの映画はむずかしい?   この映画は「世界に対するゴダールの怒りが絵画・映画・文...
サスペリア:感想【母性と不安。ダンスと狂騒。意外にもグッとくるアートなホラー】... https://youtu.be/0d9OSQrdyiQ   サスペリア:1977ベルリンの不穏な空気につつまれる 「けしてひとりでは見ないでください」なんていうコピーが懐かしいホ...
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス:感想【Do It yoursel... https://youtu.be/Q-isYb9x7YI ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス:パンクはファッションだ パンクロック。 現在53歳の僕と同世代の「ちょっと道を外れてしま...
アバウト・レイ 16歳の決断:感想【凡庸な作品と言われたけれど】エル・ファニング... https://youtu.be/MCcjgcZ4qr4   アバウト・レイ 16歳の決断:自分が自分でないことは耐えられない こんがらがったようでストレートな同居家族+ ...
僕たちは希望という名の列車に乗った:感想【自由とは?同調圧力とは?何年か先の日本... https://youtu.be/bFBqvD98Jvw   僕たちは希望という名の列車に乗った:今この国で一番見るべき映画 なんて言われるとうさんくさい?よね?わかるわかる。 ...