ぼくちくとend’s not nearを見に行く〜普通じゃないけど、奇異ではないそれぞれの武器〜

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

まあ、ショックから心も体も再起不能ななか(笑)gigiへ友達のライブを見に。
ぼくちくとend’s not nearさん。

友達のライブを見に行くってのも減るだろうな〜。
ぜひ見ときたいふたりを、妻と。

 

ぼくちくは最近、ソロでガンガンだ。
わりと長い、10年近いつきあいだけど、こんなにソロをガンガンやってたことなかった。

いろんなところで作った曲、すごい好きな昔の曲。
ほんとはハイレゾ的な「いいおと」で聞くのも絶対いいはずのサウンドを、わざわざ拡声器からだす。
歪んだからっからの音にする。

だれもいない商店街の放送のような音質。
20世紀ノスタルジアサウンド。

トラックメイキングでもすごい才能をもってる。
さらに表現者としてのねじ曲がり方も美しい。
かっこいいってことよ。

 

でも、僕も妻と同様、「めためたに凝りまくったサウンドをいい音で聴きたい」とも思ったよ。

 

gigiには思い出がたくさんある。
僕みたいに、ちらっとしか関わってない人間にとっても。
ぼくちくは多分、ここで生まれ育った人の一人。

場の空気をしってる。
積もってる音の魂を知ってるなぁ。

 

ぼくちくはいつも僕を「発火」させてくれる。
いまはちょっと難しいかもだけど、また絶対、なにかを作ったり壊したりしたい。

 

で、end’s not near。

エレクトロにあこがれをもち、サンプラーも買ったのになーんにもできてない僕にとってにゃーさんは魔法使い。
電気の流れから起きるノイズと、サンプリングされた美しいメロディー。
生で弾くよりサンプリングの方が「はかなさ」を感じてしまうんよね、最近。
もう、死んでる音。
真空パックされた音。

 

ああ、サンプラー勉強したいな。
するぞ!来年は。

そして彼の最大の武器は「声」だ。

無機質なエレクトロにその声がのったらもう、まわりは深い森のよう。
小さな生き物が隠れていたり、光が時々差し込んできたり。
たまらん。
たまらんよな。

 

ここはまるで厨房のようだ。

 

ああ、かっこいいなあ。一方的に憧れる。

アコースティックとエレクトロって親和性が強いと思うんだ。
自然の音を、そのまま出すのがアコースティックで、分子レベルで分解して再構築するのがエレクトロ。
おきまりのアルペジオやおきまりのノイズ。
でもそれはその人が「無」から作り出すもの。

でもend’s not nearのサウンドはエレクトロをボーカルが覆い尽くす感じがすごくいい。好き。
僕にはこの声がない(笑)
僕にはギターがあるけどね。

 

バンドサウンドはもう耳が致命傷なので、おいとまする。
タバコの煙も、最近はつらい。

 

でもgigiのごはんとバナナジュースは最高なんよ。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら