首里城復興支援チャリティーライブ@キャバーンビート【ぼくはぼくのやり方しかできない】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

キャバーンビート主催の首里城復興支援チャリティーライブに参加してきました。
入場料すべて復興支援へ!という、すばらしい企画。

ぼく自身は沖縄に行ったこともないのに。
なぜ?

 

  • あったものがなくなるという悲劇(そして全てはなくなるものという前提)
  • 沖縄を「捨て駒」として利用する全日本人の一人としての謝罪

この二つを感じたから。

 

 

まだ見たことはないあの美しい赤い建物が、灰になったという事実。
全てのものは等しく灰になるはずなのに、明らかに沖縄差別を感じる今。

たったこれだけの理由から参加しました。
沖縄音楽や沖縄の歌を楽しみにしてたひと、ごめんね。
癒しやほっこりを求めていたひと、ごめん。

 

オープニングでホストのsakyさんが歌う。感謝の歌を。
しばらくぶりでお会いしたけど、ほんとに美しくなっていた。
元気でおーいえー!な印象を持っていたけど、
なんだか、しゅっとして、大人になっていた。
きっといろんなことがあって、それが彼女を美しく変えたんだろう。

がんばれ!なんて言わなくても彼女はこれからも頑張るだろう。

 

いろんなひとが、いろんなかたちの歌を歌う。
それでいいとおもう。

歌は歌う人のものじゃない。聞いて、感じる人のものだから。

 

 

二番手のぼくが歌ったのは4曲。
全てワンコーラスとちょっと。
それがちょうどいいと思ったんだ。

  • さらばシベリア鉄道
  • サムデイ
  • ゲットハッピー
  • ムーンリバー

やっぱり「熱く」なってしまった。
雰囲気が悪くなったかもしれん。

ぼくは54年間生きてきて、18年音楽をやってきて
やっぱり
やっぱり
自分をさらすことの重要さを感じてる。

うまい演奏、音楽としての「らしさ」の範疇にあるものに、心が動かない。
技術が一番大切だってずっと思ってきたのに。
どんなに技術を磨いても、燃えるようなパッションにはかなわない。
心が動く。

 

ぼくは「沖縄に行ったことがない人」として、外から希望と怒りを歌った。

恐れを抱かせる罠にはまらないで
悲しみなんて続かない この世界を照らす光はある

あなたは悲しみをここに捨てていけ
僕らはそれを土に変え
豊かな果実を実らせる

あなたは痛みをここへ捨てていけ
僕らは花を咲かせる
この大地へ

 

 

この日は予定がつめつめで、半分以上の演奏を聞けなかった。
冬の、あたたかい夜のこと。

 

なんどもなんども、立ち上がろう。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら