とうとう見れた!デビルボディ【デジタルでアナログでクールで、なんか面白い】レーザービーム〜〜!

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

ようやく見れた!デビルボディ。
ノスタルジア〜ちびちゃんなどで一緒だったぼくちくと
歌謡ちびちゃんなどで一緒だったもくへんのユニット。

もくへんが作ったデジタルビートに乗せて、ぼくちくが歌い、舞う。

自分のライブとバッティングしたり、体調不良だったりで、なんども見逃したデビルボディ。
この日で活動休止。

こりゃなんとかせねば!

もろもろ擦り合わせて、隙間をくぐり抜けてユーテロへ。

 

会場に着くとさぎりさんが歌っていた。

ロボットだっていわれてる!って曲とか
生きてることは一瞬の連続だ!って曲とか
私は溶けない!って曲とか
すごいよかった。

演奏はわちゃわちゃしてるし、歌はテクニカルではないんだけど
なんか「お花畑のパンク」みたい。

ぐっとくるなにかがあった。
その人にしか出しえない、なにか。

 

デビルボディ。
セッティング。
ステージ下からみるぼくちくはまた、格別だ。
この日手に入れたというワンピースがまた、サイコーに可愛いシルエットで。

客席にいるとオーラゼロなんだけど、ステージではどこかのスイッチが入る。
憑依ではなくて、ルービックキューブの面が揃うって感じ。

ユーテロの照明がまた、すごいいい。
真っ暗な中、フラッシュ。
まあ、ぼくは視覚過敏だから目をつぶってなきゃ死ぬけど、まぶたに移るあかりは心地よかった。

デジタルビート。
来年やってみたいことのひとつ。
デジタルとアコースティックの小さな音の親和性はすごくあるとおもうので。
この日もビートの隙間に聞こえる鉄琴がものすごくロマンチックやった。

ぼくちくのもつ野生の少女性と引きこもりのオタク性と、結婚詐欺師と言われたもくへんのロマンチックなわらわらしたビート。
そこが「仲良く歩み寄る」ことなく、対局で爆発し続けることで「おもしろさ」がでてた。

ぼくはきっと歩み寄ってしまうだろう(笑)
ま、そこがぼくというパーソナルなんだけど。
もくへんは自分の道を進んでる。
だから安心してぼくちくも自分の道を進んでるかんじ。

どっちにしろ、ぼくちく(来年から改名するらしい)のアンテナに引っかかるものは「おもしろいもの」に違いない。
なんか「キラキラ」して「新しく」て面白いものを見つけてくる才能はほんとすごい。

ポップであることと、大衆的であることはイコールではない。
新しくてヒップな何かは、大衆的になろうがなるまいが、生まれた時からポップだ。
ぼくちくは、そうだ。
間違いない。

 

もくへんはあらゆる毛色の違う音楽をやってる。
バックグラウンドがそーとーひろく、節操がない。
そこが、僕とも似てるし、彼らしいところだ。

一応これで、このメンバーでのデビルボディは終了らしい。

ぼくちくは来年、ソロをたくさんやっていくらしい。とても楽しみだ。

ぼくちくとend’s not nearを見に行く〜普通じゃないけど、奇異ではないそれぞれの武器〜

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら