クリスマスマーケットという名前のアート展にいく【合同展のおもしろさ】Art shop Enlace Xmas Market 2019

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。メリークリスマス〜

 

先日、妻の好きな「まちゅまゆ」さんが、合同展をやるというので見に行った。

大名の、国体通り沿いにあるギャラリー。

こういう小さな展覧会、販売会ってどのくらいの数あってるのかわからないけど、おもしろいとおもう。
おおげさなアートではなく、間近でみて、手で触って感じることができるアート。

壁いっぱいに並べられた、いろんな人の展示。
それぞれに思いがあり、見る側にも思いがある。

全てのアートは、受け手のものだと思う。
それをみて、どう感じるか?

経歴がどうとか、受賞歴がどうとかにとらわれることなく、そのものだけをみて、感じれるものがあるとするならばそれはそれでオッケー。

 

そして気に入ったものがあれば購入する。
これがとても大切。

気に入った服を買うように
美味しいご飯を食べるように
アートにちょっとお金を出す。そんな生活がしたい。

可処分所得がどんどん下がっていく昨今、一番最初に削られるのは「アート」へのお金だと思われる。
でも、ほんのすこし切り詰めて、アートに触れに行こう。
ピカソやゴッホでなくてもいい。

 

既製品と、だれかのおすすめだけでものを選び、生きてると
「自分が誰なのか」わからなくなる気がする。

これは好きだ
これはそうでもない

全てのものを一度「趣向」というふるいにかけるのは、とても大切なことに思える。
そこで論争をはじめるわけでなく。

誰かが言ったから、とかSNSで回ってきたからとか、テレビで見たからとかでなく
自分の目で見て

これは好きだ
これはそうでもない

というのを決める訓練はとっても重要。

 

 

アートは、お腹をいっぱいにはしないし、暖かくもしないというのが通例だけど
アートは実は、お腹をいっぱいにし、体を温める。

自分ができることよりも、ちょっとすごいことをやってる人がいて
同じように生きてる。
その事実って、とても面白い。

かわいいブローチを買ったのだけど、きっとその作家さんも、おでんの具を選ぶのに迷ったり、欲しい服を「セールになるまで我慢しよ」とか思ってると想像すると、とたんにアートは可愛くなる。ならない?(笑)

 

アートも、アーティストも、今ここにいて生きてて。
自分の好きな世界を「わかってもらおう」とする前に「つくりたくて仕方がない」から作ってる人が多い気がする。
それって、最高じゃない?
アートは、受け手の問題ってわかってる。
でも、
でも、
私はこれを作りたい
私はこれを可愛いと思う

そういうのが、キラキラしてるんだ。
小さなギャラリーでは。

 

街はクリスマス。
イルミネーションや音楽に満ちてる。

でもさ、それらはただ、一方的に与えられてるものが多くない?
自分のすき、きらいを感じるために
誰かの作った、愛情がこもった小さなアートを手に取ってみよう。

 

きっと来年も、あちこちの小さなギャラリーが、ちいさなアートを販売すると思う。
まずは見に言ってみて、みて。
もし頑張って買えるものがあったら買ってみよう。
自分で決めて、自分で買ってみよう。

 

アートが生活を彩ってくれる、というより
アートを手に取った、生活の取り入れた人は、何か他の扉がひらく。
そんな風に思うんだ。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら