パラサイト 半地下の家族:ほんの少しネタバレ?感想【誰に、どちらに移入できるか?】ポン・ジュノ!ソン・ガンホ!

 

パラサイト 半地下の家族:監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホ、外すわけがない。

 

パラサイト半地下の家族ポスター
白い目線と黒い目線

 

「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「スノーピアサー」の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。
この二人が組んでつまらないわけはないのは承知。
予告編を初めて見た時から「我が家のお正月映画」に決定!
勇んでKBCシネマに行く。

 

 

半地下の家賃がどうなのかは知らないのだけど、道路が半分だけ見える地下室に住むキム一家。
街ゆく人が小便をしたりゲロを吐いたるする道路がちょうど目線の生活。

入試に失敗した兄弟と、失業中の夫婦。ピザの配達用の箱を作る内職でかろうじて生きてるけど、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。

そんなある日、長男ギウが友人から紹介され、(この友人の気持ちも、いろいろ取りようがあって面白い)IT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。

受験は失敗してるものの経験は多いギウは、すっかり信用され、採用される。
ハイクラスな家族の秘密を、人懐っこい笑顔で拾い集め、「いい人を紹介する」と妹ギジョンも、父も、母も次々に豪邸に足を踏み入れる。

正反対の2つの家族、そしてもう一つの?

パラサイト キム一家
Wi-Fi電波探さなきゃ!

 

パラサイト 半地下の家族:地下、半地下、地上。希望の光の注がれ方

キム一家の住む半地下。
「絶望の淵に浸かってるけど、すこしだけ希望が残る」位置にある。
何もかも失い、望みなく暮らすわけではなく「努力すればなんとかなるのかも?」と思わせる。
この「思わせる」はとてもやっかいだ。

この家族は絶望していない。
金持ちの家族を不幸にしてまで「奪い取ろう」とはしない。ただちょっとおこぼれに預かるだけだ。
パラサイトってのは宿主に危害を与えない。
ただ「寄生」してるだけ。
だったのだけど。

 

お金持ちのパク家に生まれた子供は純粋だ。
お金のことを考えなくていいから。
奔放にインディアンごっこをする弟(これには「そうきたか」っていう伏線もしっかりだけど)や、家庭教師に恋をする姉。

仕事人間で神経質な主人と、家事は何もできない美人で素直な夫人。
夫婦仲も悪いわけではなく、性生活もちゃんとある。
彼らも「使用人」であるところのキム一家(一家であることは内緒)にツラく当たるわけではない。
ただ我慢ならない「匂い」以外は。

パラサイト パク夫妻
いい夫婦の日のような二人

 

貧乏人を嫌う人には貧乏人の「貧乏くささ」が気に触るだろうし、貧乏な人が見れば「金持ちの嫌な感じ」がプンプンするだろう役者の演技も素晴らしく。
変な説明的なセリフもなく、少ない表情でミニマムな演技をする。
こういうのは韓国映画の真髄だ。
クライマックスは、すごい。
予想外か?と言われると「そうでもない」っていう人もいるかもしれないけど。
役者の演技が物語の中で爆発するってのは、こういうことだと思った。

 

パラサイト 半地下の家族:格差社会に住む僕らはPM2.5の空を見上げてる

お金持ちの家族を、貧乏人がだます。
物語の始まりは爽快な(と感じるのは僕が明らかに半地下よりだからだろう笑)展開。
ブラックもあるけど基本は「生き抜くってのはユーモアだ」という力強いコメディ。

パラサイトするキム一家には「悪意」はない。
ただ「ここら辺までにしとけば、よかったんじゃないかな?」というポイントはある。ここを超えたら戻れないというポイントが。
そこがどこか?は言っちゃうとアレなんでいわないけど。

パラサイト ソン・ガンホ
ソン・ガンホはほんとにすばらしい

 

雨が降り、全てを洗い流してくれる。
そういう物語は多い。
贖罪の雨、ゴハサンデネガイマシテハの、雨。

やまない雨はない。明けない夜はない。
ほんとうにそうだろうか?

雨は空から降ってきて、町のゴミを、悪を、下へ下への流していく。
その流れ着く場所はどこ?

雨上がりの青空にはPM2.5もなく、空気がきれい。
みんなが悲しみや罪悪感や秘めたる罪を流してスッキリしたその雨水に、首まで浸かって生きる人たちがいる。

しみついた匂い。
人が発する匂い。
場所に漂う匂い。

パラサイト なかよしキム一家
笑顔の家族

 

パラサイト 半地下の家族:血の匂い、体液の匂い、便所の匂い

どこをみても絶賛絶賛だと見に行こうっていく気になれない。
僕もそうだった。
そこまで評判だとは思ってなかった。
TVも見ないのでCMも見てない。

「単館KBCシネマの予告編で見た」から、KBCシネマに見に行った。
そしたら、超満員で

「一番前の席しかご用意できないかもしれません」とのこと。

生まれて初めて一番前の席で見ました。
ずっとスクリーンを見上げる感じ。
ソンガンホの顔が「台形」にみえるほど歪んだスクリーンで(笑)

首が痛くてたまらなかった、のは最初だけ。
あとは物語の中にどっぷりはまりました。

そう、まるで半地下から地上を覗くように(笑)

 

この映画が面白く見れるかどうかは「匂いに敏感」かどうか、によるかもしれない。
半地下のカビ臭い匂いとか、彼らに染み付いた匂いばかりでなく、
料理の匂い、ジャージャー麺の匂い、桃の香り、雨の匂い。
酔っ払った人の匂い。

飛び散る血の匂い。

 

このブログを読んでも物語は全然わからないですよね(笑)ごめんなさい。
でも、今を生きてる人ならみんな見に行ったほうがいい。
そして、考えて。
よければ誰かと話してみたらもっといい。

映画としてエンターテインメントを軽く楽しむことも可能(まあ、デートムービーにはならないかもだけど)だし
社会派問題として考えることもできるし。

ねえねえあの石、なんだったとおもう?
とか

ジャージャー麺食べたくなったよね?
とか

 

ども家族も、家族を愛してるところも素敵

ぜひ。おすすめです。

 

そうそう、去年に見た「バーニング」にも通じるものがあるかも。
韓国映画は本当にすごい。

バーニング 劇場版:感想【韓国映画の一番得意なジャンルで、最高の輝きを見せる大傑作】観てよかった、本当に。

 

悔しいい気持ちになる(笑)

 

 

 

【802号室】映画見聞録〜映画が大好き〜2020





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら