野党はなにもしていない。政治を頑張ってるのは与党だけ【多くの人がこう感じてる原因はなんだろう?】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

先日のライブで、ある人がこう言いました。

昨日知り合いと飲んでて
「結局野党は税金泥棒。なんの仕事もしていない」
「政治をやってるのは政府だけ」
といわれたらしい。

野党なんかなくてもいいと。

で、彼は
「でも政権批判したりするツイートが削除されたり、アカウント凍結されるのはどうかとおもうぜ」
と言ったそう。

すると知り合いは
「政府のあら捜しとか、揚げ足取りばっかりだったら消されてもしょうがないやろ!」
と言ったらしい。

 

消されてもしょうがない。か。

 

ひとはいろんな意見を持ってる。
野党は税金泥棒で揚げ足取りばかり。そういう風に言う人がいてもいいと思う(実際、そういう人が多いんよね)
どう感じようが自由だもん。

でもね
「政府に楯突く発言は消されてもしょうがない」とは絶対に思わない。

それを良しとする人は、自分の推しでない与党が生まれた時、自分の意見を発言することが許されなくてもいいってことだよね?

 

 

SNSやブログで、どんなバカな意見を言おうが、自由。
それに絡まって発言するのも自由(なんの得もなかっとしてもそうやりたかったんだろうから)。

でも「自由を手放せ」という意見には絶対反対だ。

 

民主主義なんてものはこの国では機能してないとおもうけど(どう思おうと勝手でしょ)
多数決で「多が正義」と教わって育つとそうなるのかなぁ。
頭がバカになるのかな?

多い意見を自分の意見だと思い込んで、「自分は正しい」と思う人のなんと多いことか。
誰かに統治された偽物の安住の地で生きることに「ほっとする」人のなんと多いこと。
正しい、間違いの二局でしかものを考えられず(考えてるとは言えないか笑)
いつも誰かの「正しい」に寄り添って生きてゆく人のなんと多いこと。

ちゃんちゃらおかしいぜ。

 

 

ちなみに、「文句ばっかり言ってる野党」の議員たちは
文句がある人から委任されて国会にいってるわけだから「文句を言うのが仕事」なんだ。
自民党議員が全員「憲法改正」を目指してるのと同じように。

100人にひとり文句のある人がいたら、100人の議員の中で「文句をいう仕事」の人が一人必要だ。
いまだったら100人に2〜30人は「文句をいう仕事」の人がいて当然。

 

 

この人の歌、全部好き!
この人の発言、全部共感する!
親の言うこと、全部正しい!
主人の言うこと、全部正義

疑おう。考えよう。
もう、無理なんだろうか。考えること。

 

中学校のころ、公共の福祉と言う言葉にすごくあこがれた。
PLOについて勉強して、全面的に賛同した。
蜂起に参加したいと思った。

いまはどうか?

当時より深くものを知って「100%はありえない」と学んだ。
誰かの意見に100%同調するってことは、自分なんかいなくていいってことだ。
強烈な自己否定だ。

 

 

テレビの報道、本屋に山積みの本、ネットニュース。
そんなのは一部でしかない。
裏を探ろう。
事実も、真実も、見方によって解釈が違うんだ。

 

庭先に鳥がいるとする。
これは事実。
でも報道は

  • 弱った鳥が一羽、庭先で休んでる
  • 平和な庭に、野鳥が侵入
  • 国の天然記念物らしき鳥を発見
  • 一羽の鳥が仲間を呼ぼうと鳴く
  • 庭の風景を引き立てる美しい鳥の姿

いくらでも、できる。

 

 

その鳥をみることができる人は、現場にいる人だけだから
僕らは想像力を働かせて、いろんな角度からものを考えなきゃ。

現場にいないからこそ、冷静にものが見れる、考えられるっていうアドバンテージすらあると、僕は思う。

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら