シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア感想【愛と規律と思いやり(笑)】

《三連休は映画&DVD三昧》その3

ニュージーランドのバンパイア映画。
シッチェス映画祭のニオイがぷんぷんする。

個性的なヴァンバイアたちがルームシェアしてる。
自分たちでルールを決めて。
お互いを尊敬しながら?掃除当番決めたりして。

それをTVクルーがドキュメントで撮ってるっていうつくり。

なので僕らの目線はTVクルーのドキュメント目線。話かけられたりもする。

ヴァンパイアなかなしい。
人間のおともだち(IT関係(笑))もつれてきたりして。
過去の恋愛をひきずてったり。

ヴァンパイアになりたくて
仕事や後片付けを手伝ってる人もいる。

 

 

なんとココロ優しく、おかしな人達。
バンドもやってるし(笑)

ま、ヴァンパイアだから、そりゃ血を吸う。これはしょうがないことだけど。
年代物のソファが血で汚れないように新聞紙ひいたりしてる。
それなのに頸動脈かんじゃって。ビシャビシャ。

 

爆笑!とかいう笑いの品のない映画、TV多いけど、これは品格のある笑い。寄席や漫才のような。
ほんとにこんな人たちいたらいいのに!

ポテトが大好きだったのに、ヴァンパイアになったら食べれない。
空は飛べるけど・・・

テニスに強くなるけど、夜しか試合できない。

鏡に映らないので、ファッションチェックは友達の意見頼り。

 

悪態をつかない狼男たちもキュート。
ビーストたちとのいざこざもありつつ。

 

やさしい、やさしい映画。
こころがすっきりする。

最近、人間たち荒んでるよね?
ちょっとさ、このヒキコモリのニートたちを見習ってもイイかも。

750_1334





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら