いちごパフェを作ってみよう!【おやじチャレンジ!】悪戦苦闘!七転八倒!七転び八起き?

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

#Stay at homeの流れをくんでか、FBに「いちごパフェを作ろう」というグループのお誘いがあった。
いちごパフェ?
甘党の僕だけど、食べる専門で作ったことはない。
まあこのところの自宅仕事で、夕飯を作ることが多くなってはきてるけど。

まずはレシピをスマホで調べる。
いろいろあるみたいだけど、

  • 生クリーム
  • いちご
  • その他

があればなんとかなるようだ。

材料を買いに行く

  • いちご(あまおう)
  • ホイップクリーム
  • コーンフレーク(上げ底)
  • マーブルチョコ(彩り)

頭の中ではいちごの赤と、生クリームの白と、マーブルチョコのカラフルさで
「すごいおいしそう!」
なのができてる。

ふふふーたーのしみー。
55歳にしてはじめてのおかし作りだ。

 

ここで気がついた。

あ、パフェを入れるような容器がない。
透明で、逆三角形で、口のひろいやつ。
うちにはグラスしかない。

でも、「ただ飾ってる」100円のビンがあったのでそれを使ってみる。
個性的なのができそう〜〜。

な、はずだったけど。

 

まずはイチゴを切る。
三つに切るのがいいらしい。

こうすると

  • 両はし(片方がいちごの外側)
  • まんなか(どちらも断面)

の二種類ができるのでデザインがしやすいらしい。

 

 

つぎに生クリームを作る。
妻には「手を出さないで指導してくれ」といい、教わることに。

氷で冷やしながら作るらしいのだけど、うちにはいま氷がない。
なので「保冷剤」をぶち込んでスタート。

なかなかに昭和の香りがする(と感じた)泡立て器をだしてもらう。

ここで問題発生。
我が家にはグラニュー糖というか、白い砂糖がない。
うわわ。

茶色でもいいかな?というと、汚くなるからダメとのこと。
残っていたマックの砂糖と、あちこち探して出てきた砂糖を混ぜる。

さーて。混ぜるぞ!

強くすると飛び散る。
予想よりも固まらない(そもそもやったことないのに予想っておかしいよね)

しばらくすると少しづつ、塊になってきた。
なぜなんだろう?化学変化なんだろうか?

いい感じ!

 

では、いよいよ入れ込みです

 

まずは「上げ底」だと思っていたコーンフレークをいれて

生クリームをいれる。

これが難しい。
周りについてしまう。まんなかから、ソフトクリームの時みたいにくるくると。

その上からマーブルチョコを投入。

予想では白と白の間にマーブルチョコがカラフルに決まる!はずだったけど。
なんか違う。
量が少なすぎ。
生クリームに埋まってしまってる。

うう〜残念。
どうしよう。
チョコと生クリームだして、水で洗ってやり直そう。
ところが!

水で洗うと、チョコは色がなくなってきた。

 

やりなおそう。

 

もう一回考え直そう。

 

というわけで二人で考える。

  • カステラかなんかで、途中「床」を作らないと層にはならない
  • チョコが少なすぎ
  • イチゴジャンムとかで赤をつくったほうがいいかも

ということで、サニーがサニーに不要不急の買い物に(笑)

 

 

さて!再チャレンジ

途中カステラをおいて、安定を図り、積み上げて行く。
もう一箱買ったマーブルチョコも。

まあ、大差はないようにみえるけど、いいんだ。
やり直してみての失敗ならいい。

イチゴをがんがんにのせる!
だって「イチゴパフェ」だもんね!

 

完成!!!やったー!!妻の作ったお人形と記念写真

 

材料が大量にあるのでもうひとつつくる。

こっちは「層」が上手くできた。
やっぱ失敗からじゃないと上達はないね〜〜

いちごだらけ〜〜〜。

 

おやじチャレンジ終了!!

 

作りながらわーわーいう!

あんたのやり方が悪い!とか、そんなん言われても!とか!そんな雑にしたらいけん!

とかね。

 

ま、いつものことなんだけど。

 

わーわー言う。
わーわー言われる。

 

その時は「くっそーー!」とか思うこともあるけど、「面白い」からいい。
面白く生きるってのは、気遣いあって無傷で笑い合うのとはちょっと違う気がするんよね。

ワーワー言って「あー面白かった」ってなって、しかも昨日の自分はやったことがなかったことができる。

おもしろいよね〜〜

 

みなさんも「やったことないこと」をやってみるのもいいかも!
このstay at homeな時期に。

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら