樹脂粘土でフィギュアを作ってミュージックビデオを撮りたいと思ったんだ。【第4回:やっぱデザインを練らなきゃ】

なのでこれからしばらくは「デザインを精査する」ことにする。
しばらく粘土は使わない。

設計図をしっかり作らないとね。

と、前回言った。
でもねぇ。

アイデアをうだうだ考えるのは大好きなんだけど、動き始めたら「すぐに取り掛かりたい」病気がでちゃう。
今回のこの企画は自分の「性懲りのなさ」との戦いだ(笑)

 

>>前回までの記事はこちら

 

まず「人魚のキーボーディスト」の全体像

こんな感じで考えていたのだけど。

最近ロシアと韓国のかわいこちゃんのインスタとか、ピンタレストに逃げ込んでるのでその影響を受けてる
たとえば

韓国のモデルさん
ピンタレストのアート

 

鉛筆でゴシゴシと考える

つなぎ目は

  • 手首
  • もしかしたら尾びれ

でも、デザインの段階ではあんまり考えないようにしよう。

 

人形用の「目玉」を使おうと思ってるんので、大体のサイズ感とかもいるかな

 

デザインを決める。
それも一人で。
好き勝手にできるからいいような気もするでしょう?

実はとても難しい。

僕はアイデアを出して、「こんな風にしたい」と考えるけど
「実現できるか?」という目線でアイデアをくれる誰かがいると助かる(笑)
セルフプロデュースのできないタイプだ。

まあいい。
今は「できるか?」というフィルタで「現実味をだす」よりも、「こうなったらいいな」というのを際限なく出すターンかな?(と勝手に思う)

唇を作るの、ものすごく難しかったけど、やっぱり唇というパーツはしっかりつくりたいので、タラコくちびる的な、塩分とりすぎな腫れた唇にしよう。

目は少したれててもいいかも。
たれてる目を、メイクでぐっとあげてる感じ。
睫毛はつけまつげを買ってくっつけるのがいいだろなー

とか

 

まあ、「無駄」な時間を過ごしてる。
だってさ、どこにも遊びに行けないんだもん。

 

一応の「完成予想図」

もちろんこの通りに行くとは限らない(多分無理)

トップスのデザインが決まらないからそこだけ「仮案」
やっぱり魚の部分は鱗を一つ一つつけた方がかわいいよなぁ〜〜うーん。

貝殻のヘッドフォンは、貝殻をそのまま使った方が簡単だしリアルかもしれんなー。

デザインは変わっていくと思うけど。
とりあえずこの方向で。

 

あ、目玉を発注した。
一番安いやつ。
まずはそこからでいいんだ。

【104号室】樹脂粘土でフィギュアをつくって動画を撮りたい!





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら