香港問題から国際的連帯を考える〜私たちは自由で開かれた民主社会のために何ができるか〜

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

きょう、youtubeの番組を一部見ることができました。

香港問題から国際的連帯を考える〜私たちは自由で開かれた民主社会のために何ができるか〜

前半の周庭(アグネス)さん、葉さんが香港からリモートで登場。

 

中国は「扇動や破壊行為を禁止することを目的」とし、新しい国家安全法を導入する方針を示した。

そもそも、これが如何なる法律であろうと(つまり、正常に運用される法律だとしても)、中国政府が香港に対し法を発令することはゆるされないと僕は認識しています。

香港が返還された1997年。
中国、イギリスを含む世界は「一国二制度」を今後50年守ると約束した。
この制度を変えることができるのは「香港人自ら」のみだと。

現状の「資本主義社会」を守り、「社会主義社会」を押し付けることはしないと中国はいった。
そもそも中国共産党は社会主義のかけらもない「独裁政権」なので、その悪政を「社会主義」だと思わされてること自体が腹が立つけど。

 

返還前に香港へ行った。
香港の映画と音楽に夢中だった。
チョンキンマンションやクイーンズに行ってみたかった。
そして、「返還されたらもうこれないかも」とも思っていた。

1989年の天安門事件を覚えてる。
テレビでニュースを見た。
中国はおそろしい国だと思ったから。

実際お金持ちは香港を逃げ出していった。

 

艾敬 Ai jing【我的1997】

 

一年前。
香港への弾圧が日に日に強くなり、大きなデモのニュースが流れた。
SNSで周庭(アグネス)のことを知り、彼女の言葉を聴き、動画を見て
「ふつうにかわいい女の子」がどうして政治活動に?と思った。
馬鹿な日本人の発想だ(笑)

英語、日本語、中国語をはなし、インスタにお洒落な写真をのせる彼女。
逮捕され、言動を監視される彼女。

「普通の23才だったら就職のこととか、自分の夢について考えるんだろうけど、私は「収監されるかも」という思いしかない」

「明日はみんなの前からいなくなるかも」と恐れ、怖がり、笑顔が怖ばる。

政治と生活が密接に関係してる。
自国と他国が密接に関係してる。
そのことを彼女はしっかり教えてくれて
目を瞑っていらないことを教えてくれた。

 

中国の香港への人権侵害、弾圧に抗議する署名を、山村しおり議員などが集め始めた。
これは内政干渉ではない。人権問題だ。
与党も野党も「人権は関係ないでしょ?」っていう人以外はみんな署名するかと思ったら

700人もいる議員で、署名はわずか100人。

国会決議でもなく、行動でもなく、署名。
「人権を守れ」というだけの署名ですら、7人に1人したしない。
そんな国に生きてるってことを僕らは認識すべきだ。

(アグネスは「日本は人権に対して国際的な発言や行動をしないとおもっていたのでびっくりした」といっていた)

 

この日のディスカッションでも山尾さんは切れ味が良かった。
こういう人が政府の中に、中核にいればこの国ももっと「新鮮な風」が吹くかもしれない。
私生活がどうとかまったく僕らの利益と関係ない。

 

 

この日のyoutubeライブには、いろんな政党の人が参加してた。親中国も、反中国も。
思想はいろいろだし、思惑も違うけど
「人権はどうでもいい」というのじゃなきゃここはひとつになるべきでは?
こういう超党派のメンバーが集まって、意見交換をするのはとてもいい。

 

中国政府に「世界はおまえをみてるぞ」というメッセージを明確にしるさなきゃいけない。

こんなイベントは、必ず中国政府は監視してるし、ここでコメントした人たち(僕も含めて)チェックするだろう。
だからこそ、発言をしなきゃいけない。

政治家は「利益優先」ではなく、「公共正義」のために働くべきだ。
それよりももっと「経済界」はきちんと発言すべきだ。

香港で利益を上げてきた、いまも支社のある会社。
香港がなくなったら困る経済界。
経済というおおきな戦争のなかの会社も、いまこそしっかり戦うべきだ。

中国からの利益は大きいから逆らえない?
違うでしょ?
これから先、国際社会の中で、ずっと中国と付き合って安定した経済活動をする気なら「人権を守らない国とは商売できないぞ」という態度が一番大切じゃないかな。

 

香港の人がいう
『希望があるからやるのではない、やるから希望が生まれるんだ』

生まれた瞬間から、水をかけられる希望、でもまた希望を生むためにやる
そんな人たちの応援しない人を信じる必要はない。

香港が返還された1997年。
中国、イギリスを含む世界は「一国二制度」を今後50年守ると約束した。
この制度を変えることができるのは「香港人自ら」のみだと。

だから今回のことはまったくもって間違いなのだ。

 

世界中に弾圧がある。
香港もウイグルも、数えきれない。
ひとつひとつ潰していかないと。

 

ところがこの国のひとは

  • 中国人は信用できない
  • ウイルスをばらばく中国人
  • 嘘つき、悪人
  • 民度が低い

なんていう感想を持ち、差別する。
ほんとうに脳味噌がたりないみたいだ。

敵は中国政府だ。中国人ではない。
中国政府と戦ってる中国人もたくさんいる。
僕の仕事のパートナーも中国人だけど、「中国共産党のもとでは人間らしく生きれない」という。
ここを履き違えて「中国ガー」って騒いでるネトウヨが多くてほんと残念。
(彼女のことを「反安倍政権の反日左翼」という人も多い笑)

民主主義が育たないこの国と
民主主義が奪われようとしている香港。

アグネスは「日本にも真の民主主義」が生まれ育つことを願ってる。

 

これは一年前、「逃亡犯条例」の頃のインタビュー

 

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020

 





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら