樹脂粘土でフィギュアを作ってミュージックビデオを撮りたいと思ったんだ。【第5回:やっぱ粘土さわりたいよね笑】

>>>>前回までのことはこちら

デザインを詰めなきゃ!
設計図のないロボットはない!
予定表のない航海はない!

なんて、いきがってみたけど。

やっぱり粘土、さわりたい(笑)

 

しょうがないなぁ。
はやくも「きちんと作る」が揺らぎ始めたけど(笑)

 

飽きるんだよな〜〜突き詰めると。
この性格のおかげでどれだけ人生がダメだったか(笑)
まあ、同時にどれだけ「あっちこっちつまみ食いできたか」ってのもあるけど。

 

さて、どうしよう。
全体のデザインのどこかを作るか、それとも練習がわりになにか別のものを?

 

操り人形なので「演奏する感じ」を出さなきゃいけない。
大事なのは手と腕の動きかも??と思い、「片腕」を作ることにした。

さっそく「グッデイならできる〜」へ自転車で

 

細い針金で「手の形」を作って
(銀紙だと細かいコントロールが難しかった点を考慮)

二の腕と腕、そして肩との繋ぎ部分は「はてなまーく」みたいな奴をつかおうかな?と思った。
間を小さなワッカで止めるイメージで。

肩の部分はネジかな?

で、試しにこの三点を購入

 

手のひらの感じを大体針金でつくる
こんなふうに

針金の周りに粘土で指をつけてゆく。
案外難しい。
手先がそんなに器用ではないので、へんなとこに傷をつけたり、へんなとことで折り曲がったり。

あ、僕を「器用」と思ってる人多いけど、全然ダメだから。ださいから。
うまくいったところしか人に見せたくないだけ(笑)

ピアニストだから、指を大きく広げた感じにしたい。
手首にネジをつっこむ。
中のアルミの芯に突き刺すのだけど、安定が悪い。
うーむ。

本番は木工ボンドとかで固定した方がいいかもしれない(メモメモ)

腕も、二の腕もアルミで芯を作って、粘土を巻く

 

バラバラの部品が出来上がった。

 

つなげてみよう

 

稼働範囲がぐちゃぐちゃで、あっちいったりこっちいったりする。
うーむ。ここは考えなきゃ。

あと、糸を釣る場所も考えないと

希望は手首をつって、指がキーボードに当たると手首が上がる、みたいな。
そのためには稼働範囲をある程度決めないといけない。

この辺まだまだ考えないとなー。

 

【104号室】樹脂粘土でフィギュアをつくって動画を撮りたい!





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら