光岡リョーガが手に入るまで【中古車を知人から購入する手続きを自分でやってみる】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

FBのタイムラインに「中古車いかがですか?」というのが流れてきた。
光岡自動車のリョーガ!

ずいぶん昔のことだけど、「光岡の車に乗れたらな〜」と思っていた。
お金なくて、チャンスもなくて買えなかったけど。

クラシックな顔をした、光岡の車。

 

僕は今、亡くなった義父の車に乗っている。
車検は八月。
税金、車検代が出せなくて「車手放そうか」という話になって、でもやっぱり必要なのでもっとく。の繰り返し。

諸経費のこと考えると「軽の中古車でも買うかな」なんて思っていた。
そんなとこにこの記事。

 

後先考えず、連絡して値段を聞く。(実際はそこから数万円上がったけど笑)

僕の10万円の給付金は税金とかその他であっというまに消えてなくなったけど、これはどうしても欲しい。
妻に連絡。

後日、実車を見にいく。
確かに経年劣化はある(もう20年くらい前の車だからね)
でも、内装とかに拘っているし、愛情を感じる。
その方はいろんな都合で手放すことになったんだけど。
果たして、車に全然詳しくなく「見た目が好き!」っていう僕にこのオーナーがつとまるのか?と不安にもなったけど、「この見た目」にはかなわない。
可愛すぎる顔。

 

欲しいです!使わせてください!
とメールし、お会いして、契約することに。
お金はなんとかする。
ここを逃したら、この顔の車に乗れない可能性が高い。

 

そこからが、僕の大の苦手の「諸手続き」の始まりだ。

なんせ、今乗ってる(亡くなった人から借りてる)車を廃車にすることも絡んでくるし、車庫証明をとりに警察にもいかなきゃならん。苦手な警察・・。
印鑑証明。
むむむ!近所の郵便局でとれるらしい。
実印ってどれだっけ?

 

手続きはほんと苦手。
でも、自分でやらなきゃいかん。

売買には売る側と買う側に書類がいる

売る側(先方)

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車リサイクル券(ない場合もある)
  • 住民票(車検証の住所と現住所が違う場合)

買う側(ぼく)

  • 車庫証明
  • 印鑑登録証明書

車庫証明かぁ。前はどうしたんだっけ?

今の車の置き場は「実家」だ。借りてて福岡に乗ってきてることになってる。
駐車場は借りてるけど、「証明」してもらわんといかんらしい。

打ち合わせのついでに警察署によって聞いてみるか(警察怖いけど笑)

すると

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 自動車保管場所使用承諾書
  4. 保管場所の所在図・配置図

がいるという。

マンションの月極を借りてる僕は3.4を「自動車保管場所使用承諾書」をマンション管理組合理事長にもらわんとかんらしい。駐車場までの地図も。

ただ、今現在「借りてる車」を置いてるので、その旨を書かないといけない。

 

書類を準備して、管轄の警察署に(質問した警察署は管轄ではなかった)、またまた出かける。
窓口で「車庫証明を申請したいのですが」というと
マスクしたまま、感じ悪く(笑)アゴで「向こうへ行け」といわれた。

申請書を窓口にだすと、女性警官が「隣で印紙を」という。
マスク越し、ビニール越しでよくきこえない(笑)コロナめ!

僕は書類が隣の窓口に回って呼ばれるのかと思った。
しばらく座ってた。
どうも様子が変だ。
すると

「印紙を」ともう一度言われた。

「印紙を買え」ということだったのか!

 

印紙2300円(!)と、引取の際にかかる500円(!)を払う。
そしてまた、一週間後取りに行く。

その間に駐車場の確認にくるのだろう。

 

さて、次は「売主」といっしょに運輸局に行って「名義変更」だ。
これもなんだかめんどくさかった。

以下次号

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら