ほんとうに残酷なこの世界【子供が死ぬのは耐えられない】でも、そのとき父親はどうしてた?

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

今日は読まないほうがいいかもしれません。
書いていて息が苦しくなり、著しく体調不良になりました。

 

「3歳長女を8日間自宅に放置し死なす、自分は旅行に…24歳母逮捕」

 

というニュースを目にしてしまった。

ありふれた、くりかえされるニュースなのかもしれない。
でもね。もうきつすぎる。

 

男と女がセックスして、妊娠して、出産する。
出産した子供を虐待する。
死に至らしめる。

これだけでもう、この世界で呼吸して生きていくのが嫌になる。

戦争や怨恨、金のため。
いろんな殺人があふれた世界だけど、こればかりはもう耐えられない。

 

 

 

このニュースにコメントする人たちの恐ろしさも、僕の恐怖に拍車をかける。

  • サイコパス!
  • 極刑に
  • みるからに殺しそう
  • 絶対に許さない
  • お前が死ね
  • 育てられないなら産むな

あふれだす憎悪の言葉。
優しさの裏返しの言葉もある。

 

男と女がセックスして、妊娠して、出産する。

何らかの理由で、父親がいないようだ。
離婚したのかもしれない。
でも、かつて夫だった男、まぎれもない子供の父親はどこに?
その父親の家族はどこに?
死んだ子供は誰かの「孫」だったり「姪」だったりするんじゃ?

 

まともな神経の人間がすることじゃない。
それに関してはまったく意義なしだ。
じゃあ、なぜそうなったのか?
当人が最初から
「赤ちゃんかわいー!でも産んでみたら大変!知らんぷりしよ」っていう思考の持ち主だったのか?

統計的に「サイコパス」と呼ばれる部類の人間が生まれることは避けられないらしい。
でも、この場合は違うんじゃ?

結果、殺したのは母親だけど、殺人に手を貸してるのはその子供に関係する大人たち全員じゃないのか?

 

 

こんな恐ろしいことをしてしまう人間と、怒りと悲しみに満ちたコメントをする人たちの間には何があるのだろうか?

なにもないよきっと。

僕を含めて今、何となく幸せで、誰かを殺したり、死ぬのを見るだけだったりせずにすむのは、「僕らが正しい人間」だからじゃない気がする。そんなことをしなくていい「環境」に生きているからなだけじゃないのか?

 

こんなふうに子供を見殺しにするなんてまったく理解できない。
でも今僕の周りの環境と、その母親の生きてる環境が「違う」ことはわかる。
母親がどんな生い立ちかはわからないけど、今、僕らと違う環境で生きていたことはわかる。

 

子供が生まれた時、割と多くの人は「育てていける」「家族で生きていける」と思う。
幸せな未来を想像する。そのために努力したり、我慢したりもする。
でもその未来図が壊れてしまったら?
冷静に物事を判断し「里子に出す」などの決定ができるだろうか?
100%自信がある?

「しあわせな青写真」は壊れることがあるということを、僕ら全員が認め、そうなったときに「子供を手放すこと」や、「公的機関の援助」を受けたり、「周りの関係者に泣きついたり」することを「そうなったらやって当然」だと認識するべきじゃないんだろうか?

生活や家族はあっけなく壊れる。
その時に、先に待つのが「死」であっては絶対にいけない。
でも人は弱ってる時には冷静な判断なんかできない。

 

 

このようなニュースをみると、呼吸ができなくなる。
今日のこの記述は自分を助けるためのものなので、気分を悪くしたなら謝る。申し訳ない。

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら