わたくしサニーはほんとうに負け組なんだろうか?【いくつもの定規で自分を測る】

こんばんは。「私の人生、私のもの」のサニーです。

 

まあ、大変な毎日だ。

55歳、初老。
仕事も芳しくなく、年収も低い。
髪の毛も薄いし、アトピーもひどい。人前で裸になることもできない。
有名大学も出ていない。

いってみりゃ立派な「負け組」だ。

 

会社からとんで出て(笑)かつての部下たちはぼくの倍以上の年収。
くちおしやくちおしや。

親は認知症で骨折で入院だ。
とほほ。

負け組だ。人生の負け組だ。
自民党支持でもない。まさに人生の負け組だ。

 

はて。

ほんとうにそうだろうか?

 

自分のことを「ダメな人間だ」と思うのはなぜだろうか?

世間にどーんと横たわる、「一般的な定規」で測った時に中間値よりも低い時、もしくは「一般的なルール」にのっとって勝ち負けを決めた時、勝率五割以下だったとき。

サッカーならば「勝=2点、引き分け=1点」ってのがあるのに、なぜ人生には「勝ち組」「負け組」しかないように思い込まされてる??

 

一般的な定規で測れば、勝ち組になるのはなかなか難しいんじゃないかな?
勝ち組が「多数派」でないことは誰にでもわかるだろう。

  • 年収が1000万円以上ある・ない
  • 貯金が2000万円以上ある・ない
  • 社会的印象がある職に就いている・いない
  • 結婚している・いない
  • 子供がいる・いない
  • 孫がいる・いない
  • 持ち家である・ない
  • 車を持っている・いない

マルバツクイズではないけど、こんなかんじ?一般的な勝ち負けって。
ほかにもたくさんあるんだろうけど。

 

どこかで線をひいて「ある・ない」を決める社会。

  • 強者と弱者
  • 多数派と少数派
  • 男女
  • イケメン・ブサメン
  • 地方出身者・都会人

引かれた線にとらわれすぎてないか?

 

自分で自分なりの定規を持つことが「負け組の罠」からのがれることではないか?
ということで

「勝ち組、負け組は自分の定規で測って決める」ということを自分内で閣議決定(笑)した。

 

  • 年収は?うーんやっぱり低い●
  • 社会的ステイタスは低い●
  • 夫婦仲がいい○
  • ギターが弾ける○
  • 料理が作れる○
  • オーラがある●
  • 誰とでも仲良くできる●
  • 作詞作曲できる○
  • 赤ちゃんを夫婦で育てるチャンスに恵まれた○
  • 差別主義者でない○
  • 投票に行ってる○
  • 車の窓からゴミを捨てない○
  • 趣味が多い○
  • 車がリョーガ(笑)○
  • 妻が美人○

おや?勝ち組じゃん!(笑)

 

 

僕は多数派ではない。
多数派の意見には賛同できないものが多い。
と言うことは少数派だ。

でも少数派ってのはバラエティに富んでいる。

多数派ってのは当然「正解」を求めてるのだろう。
でも、ということは選択肢は少ない。

多くの人が歩いてる、もしくは歩いていると信じてる、もしくは歩いていると思いこまされている大通りには、画一化されたお店ばっかり。
有名な路面店ばっかり。

 

ぼくら少数派は裏通りを歩く。路地裏を歩く。
表通りは信号をまもり、多くの人が流れに沿って歩いてる。

裏通りにはルールはない。人の流れもない。個人個人の「うごき」があるだけだ。
まあ、そこで使えるお金は少ないけど(笑)

僕は55歳。
人生の裏通りのど真ん中を、大手ふって歩いてる。
そんな気がする。

 

そして、今日12/1は結婚記念日だ。

認知の進んだ母が「あんたとミヤちゃんがなかいいことが本当にしあわせよ」とずっという。
それはほんとのことだよ。

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら