魂のゆらぎ2020:2日目-その1【豊かなこころの引っ張り上げ合い】

こんばんは。私の人生、私のもののサニーです。

 

2020年11月21.22.23の三日間。
北九州、折尾の秋の大祭「魂のゆらぎ」がライブバー「ブラックホール」にて開催された。

去年は高塔山で。今年はホームで。

今年もポスターつくった〜〜

 

ブラックさんを担ぎ上げる三本の柱

山田ツトムさん
ヒデさん
塚さん

に、今年は新しく
シンゴ
彩虹

の新しい柱が加わった。

新人が活躍して、ベテランが負けないってのは「いいチーム」の証拠。

 

1日目の盛り上がりをSNSでじりじりして見ながら、割と渋滞してる3号線を走りながら折尾へ。
この日出演する「しんかいち」のアコースティックバージョンの練習を山田家で。

猫たちも逃げてく(笑)ロックンロール。

まあ、みなさん懐の深いミュージシャンなんで、二、三回やれば形が決まってくる。
みんなでつくった器のなかでどれだけ自由でいられるか?がバンドの面白さよね。

今日の僕は古着100%で、古着屋の定員さんのよう(笑)

 

外はどんよりと。雨がぱらつく。

流浪の民が集まってきてる。

大人数のバンドは僕らだけなので、ちょこっとセッティングと位置決めなど。
あっという間に開演だ。
まっぴるまから夜中までのノンストップだ。

高橋プランクトンにまぜてもらってギター弾く。ステージから見た景色はこんなふう。この人たちが大暴れするんだよ(笑)

プランクトンは北九州に帰ってくる。
この日も広島の素敵な音楽家たちをつれてきた。
彼はほんと北九州と広島を地下トンネルで結んだレジスタンスだ。

 

MARUKOMEさんという、初めてみる人。
ぐしゃぐしゃの形のシンダー。カバーをやってて「オリジナルやれ!」といわれ。
やった曲がなかなかに素晴らしかった。
ギターがすごくしっかりしてて、その上にぐしゃっとした歌が乗ってる。
なんというかポストパンクの香り。

 

シマシマコさん。
広島から。
とってもヲルガン座の香りがする人。つまり、広島文化系。
お客さんを巻き込むステージングと、どんな波でも乗りこなすキャラクター。
ああ、お酒が飲めたらなと、思う(笑)
日常にちょっとした毒をまいて、でもおいしくいただく感じがすき。

猫のようだ、と思ったけど逆かも。
猫は「知らんぷり」しながらこちらに関心を持ってて、でもシマコさんは「世の中に愛情はあるけど実はかなり俯瞰で見ていて、誰の隣にもいない」んじゃないかなとか思った。

 

 

グッチー。
バンドメンバーで、大人。先日のバースデーイベントでも「人間の格の違い」を見せつけられた(笑)
勝手にギター弾かせてもらった。アンプからの音が大きかったようで迷惑かけた。ごめんね。

香り豊かな歌をしっかり、たっぷり。
でも弦を切る熱さも。
大人だわ。

 

はる。

下関で一度見た。
伸び盛り。
痛みをひけらかすわけでもなく、見せびらかすわけでもなく。
痛みの裏側にある「よろこび」とか「やさしさ」を歌うひと(と勝手に思う)

なんだろ?ばーっと爆発するんじゃなくて、内側で燃えてる感じがする。

「いつか一緒にやろうねって言ってもらえるようにがんばります」
なんて言って、このおじちゃんサニーを泣かす。

もちろん!ぜひに。

今回小さなデジカメを買っていろいろ写真を撮ってみた。それはまた後日まとめて。そのなかでもこれは好きな一枚。

 

この後、まだ続々と続きます。

 

いままでの「魂のゆらぎ」関係の記事をまとめたページつくりました

>>【B-02 魂のゆらぎレポート】

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら