魂のゆらぎ2020:2日目-その3【僕はミラーボール、光を返すだけ】

こんばんは。私の人生、私のもの のサニーです。

 

ライブも終盤。

 

この日の個人的優勝は「Mr.ペケペケ」だった。
福岡でよく一緒にやってる人に、ほんとによく似た別の人(笑)

フェンダーのドブロをかき鳴らし、言葉を銃弾のように打ちまくり。
ここ一年くらいの進化度はすごい。

いやほんと。
ロックンロールがビートであることをしっかりと教えてくれた。
ブランキーを最初に聞いた時の衝撃というか。

ブルースが「粋で」なおかつ「主張する」音楽で、それを加速ブーストしたものがロックンロールなんだなぁと教えられた。

僕には全くできないこと。
すごい!

 

天野くんが「一緒にやってください」と言ってくれた。
彼のビートもこれまた難解だ(笑)

ただ、彼の好きなものはすごくわかる。
だからやれると思う。

今回のメインディッシュは「ギンズバーグの詩の朗読」だった。

もちろん即興でギターを弾く。
言葉を邪魔したりもする。
それがギンズバーグだと思うから。

僕に「壊してほしい」と思ってるじゃないかな?と思った。
曲を、アーティストを尊敬し、リスペクトすることからギター弾きは始まるから、だったら「壊そう、曲のために」と思う。

この日の詩の朗読の演奏、自分でも聞いてみたいな。

 

夢海(ゆうみ)

そしてうって変わって「曲の情景を広げる、色づける」ギターを弾く時間。
彼女のザクッとしたギターが印象に残ってたので「一緒になんかやろ〜」と気軽に声をかけた。
2曲送られてきた。

ポップで力強い曲と、かわいい憂鬱な曲。

彼女のギターにはドライブ感がすごくあるから、僕はその合間に、鋭角的に音を差し込むべきだなーと思った。

まあ、結局「この日初めて聞く曲をプラス2曲」することになったんだけどね(笑)
そういうの、本当楽しい。
聞いて、聴きながら瞬発する音。
考えすぎず、挑戦する音。
楽しいなぁ。

一人で完成してる人の歌に入るとき、「どうするか」ってのを考えるのが楽しい。
楽曲がなにを必要としてるか?を考える。
そして、本番やってみると、それだけでない「テンションと高揚感」が導き出す「雑音」も必要になる。そこがライブのおもしろさ。
スタジオミュージシャンじゃないところの楽しさ。

このステージ、とても楽しかったし、新鮮だった。
ありがとうね〜。

 

そして、ソロだ。

  1. ミラーボール
  2. 黒い穴ブギー
  3. ゲットハッピー
  4. 銀色の列車に乗って行こうよ
  5. しょんぼり帰り道

最近の僕の心をそのまま投影してる曲を持ってきました。

 

ああ、後少しで、この夜が終わってしまう。
そう思ったら泣けてきて。
言葉に詰まった。
おっさんだなぁ(笑)

 

 

 

あなたは悲しみをここへ捨てて行け

僕らはそれを土に変え豊かな果実をみのらせる

あなたは痛みをここへ捨てて行け

僕らは花を咲かせるこの大地に

ゲットハッピー

 

幸せを手に入れよう。悲しい噂にとらわれないで。笑顔を消すことに慣れないで。ここ数年感じてることを奇をてらわずに素直に歌ってみようとおもった。僕が思っていることはまさにこれ。

コロナでぐちゃぐちゃになった僕らの場所や関係性。
悪いニュースに騙されないでほしい。

 

個人個人で抱えてる、ほんとうに大変なことの数々。
だからこそハッピーを捕まえよう。

 

もう、指がじんじんしてる。
大トリの南さんにギターひいてよ〜と言われたけど、ちょっと無理だった。
今度、第四土曜日に来ます!そのとき一緒にやってください!

 

長い長い1日が終わった。

 

ところが、終わってはいなかった。以下次号。

 

 

いままでの「魂のゆらぎ」関係の記事をまとめたページつくりました

>>【B-02 魂のゆらぎレポート】

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら