お腹が痛くなる話【未来を読む力のあるなしは経験値から】コンビニでトイレを借りるの躊躇する??

こんばんは。「私の人生、私のもの」のサニーです。

 

このブログ、最近真面目な話ばっかりになってきてる気がしてた。
「ガーリーおじちゃんは全く役に立たない」っていうタイトルなのにね。この部屋。

これからはほんと「どうでもいい話」も少しづつ増やそうと思う。

 

 

さて。

出がけにお腹が痛くなること、ありますか?
僕は便秘体質ではなく、まあまあ定期的にきちんと出るものがでるんだけど。
2〜3日、出なかった日の朝。

朝ごはん食べた後、便意。
すっきりとまではいかなかったけど、ほぼ終了感。

この日は朝8時半に待ち合わせだったので、8時過ぎに家を出た。
この冬1番の寒気団が来福中で、ひえ〜寒い!って感じだった。

  • タートルネックカットソー
  • セーター
  • マフラー
  • コート
  • マスク
  • ニット帽
  • 手袋

やりすぎか?っていうくらい完璧な防寒。

 

家を出てすぐ。「?あれ?」

 

お腹痛い。

 

さっきの「残業組」が退社時間を迎えたようだ。

 

 

今から20分で待ち合わせ時間。
そのあと五日分の朝ごはんのパンを買う予定。

自転車で走りながら考える。

 

 

  • とりあえず待ち合わせまでは、我慢する
  • そのあと、コンビニなどによる

 

これで行けそう。
行けそうか?
体に問いかける。

「行けます!」

 

そうか。

自転車を飛ばす。
下り坂が終わって、ちょっとだけ登り坂。
引力任せでは動かないので少し、こぐ。

 

あ。

きた。

 

このブログ読んでる人はこの世に生まれて数年以上経ってる人ばかりだろうからわかると思う。

 

波が、あるんだ。
お腹の痛みには。

 

「く〜〜〜〜やばいやばいむりむり」

 

ってなったかと思えば、すーっと痛みが引いていく時間帯がある。
家を出てすぐの時がそうだった。
でもいまはやばい

「でたりはいったりしそうです」

と救急の連絡が大腸から上がってきた。
大きく道を曲がる前にコンビニが、ある。
人がまあまあいる、駅前のコンビニ。

 

このまままた「波がひく」ほうにかけるか、それとも少し遅れるかもしれないが「ここで処理する」か。
人生は選択の連続だ。

 

 

僕はコンビニによる方を選んだ。
なぜか?
過去、「波がひく」方にかけて何度も失敗したからだ。その記憶が蘇る。(その話はまたの機会に)

 

運良く(笑)多目的トイレが空いていた。
座る。
用を足す。

お腹のなかは思った以上の惨状だったことを確認する。

多目的トイレを他の目的に使うのはやっぱり許せない。
(時事ネタ)

 

コンビニのトイレ。
誰かが外にいる。

こんなとき自分を偽って
「はいはい、もう出たよ。すっきりやーん。早く出よう。人が待ってる」
なんてカッコつけて失敗したことも多々ある。

僕は指差し確認をする
「大腸、大丈夫か?正直に言え!」
「憚りながら申し上げます。後少し、残っております!」
「そうか。わかった。では待つとしよう」

なんと心の大きな大人になったもんだ。
1分もせずに残りの皆様も外へ。退社(代謝)なされた。

 

 

 

蓋をして流して、手を洗う。
「少し遅れる」と連絡する。

 

トイレだけを借りて、何も買わずに出るってのができない。よわっちい性格で。
皆さんはどう?トイレ借りて、知らん顔で「す〜〜〜」っと店を出ることができる??
しかし、今日は時間がない。
時間に遅れることが何より嫌いだ。我慢できない。

申し訳ない!帰りがけに必ず何か買って帰るから!

 

自転車を待ち合わせの場所まで飛ばす。
だんだん暑くなってきた。

マフラーをのけ、コートの前を開ける。
冷たい風が吹き抜ける。が、もうお腹の中の皆様はいない。
どんなに冷たい風が吹こうが、お腹は痛くならない。

ぼくは勝利したのだ。

 

 

 

待ち合わせには遅れたけど、相手も遅れてて実害なし。
帰りにゆっくりパンを選べて、勝利。
当然、コンビニにもよってドリンクを一本買う。勝利。

身も心も軽くなって、家に帰る。

 

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。たっぷり30日も試せるからじっくり「体感」してみましょう。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら