池松壮亮がエレガンスをまとう時「海を感じる時」「愛の渦」「大人ドロップ」「紙の月」

 

「海を感じる時」

「愛の渦」

「大人ドロップ」

「紙の月」

僕が見た、彼の映画はこれだけ。

あとTVドラマ「MOZU」

 

若い方はしらないと思うけど、萩原健一という役者さんがいた。
傷だらけの天使というTVドラマや、いくつかの映画に出た。
この頃はいろんな問題を起こしてほとんど仕事がないんだけど。

 

池松壮亮が白いシャツを着て窓辺に立っていたり
女の子をなぶりものにしてたり
ほぞい身体を見せてるとき
淡々としゃべるとき。
へラッと笑うとき

 

ぼくは萩原健一こと、ショーケンを思い出す。

mig

0210

 

どんなに泥まみれになっても、血だらけに殴られてても、へらへらと下品に笑っていても。

上品なんだ。

 

どぶねずみのような役でも、ゴキブリのような役でも、華麗なんだ。

 

 

「海を感じる時」のイライラした情熱。ぎこちない愛撫と自己表現。おんなへの畏れ。

 

「愛の渦」でのなさけない裸体。純情なかっこ悪さ。

 

「大人ドロップ」で見せるさわやかな情熱。限りなく優しい結末へ導く笑顔。

 

「紙の月」で見せた、気持ちを逆立たせるダメさ加減。それをも許す笑顔。

「MOZU」で見せたマンガのような振り切れた演技と、穏やかな話し方。

どんな状況でも、笑うって事でドラマを落ち着かせる。

 

 

この先どんな風になるのか、楽しみ。

 

役者さんを育てるシステムと作品が少なくなってきてるのか
こぶりなひとが多い。
映画が好き。っていう気持ちはあってもTVドラマも出なきゃいけない。
女性誌の取材も。
CMも。

番宣のためのバラエティー出演なら「営業」だし
もっともっと映画を見る人を増やすためにはTVは絶対必要。

でも行き過ぎないでね。
役者は作品にのこるから。
ちゃんと吟味して、出演してね。

おわっちまったような邦画が多いなか
素敵な作品もいくつかある。

あ、これみたいかもっと思ったときに
いつも彼は出てる。

 

 

役者で映画を選ぶと失敗するよ。役者はただのコマなんだから。
その意見もすごくわかる。でも、彼の映画は裏切らない。

 

 

ねがわくばこのまま、ずっと映画の世界にいて欲しい。
文芸色あふれるものが、ちょっと多いけど。

 

香港映画の俳優、トニー・レオンやレスリー・チャンのように
エレガンスをまとったままで。ずっと。
永瀬正敏や浅野忠信の次の世代。やっとあらわれた青年だから。

ikematsu

 

ちなみに息子とおなじ高校。だいぶ先輩だけど。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら