今見てる世界は、ほんもの?夢?あいまいな記憶について

愛しのシャルロットも、もう充分すぎるほど大人に

アンナ・オズという映画をみました。
ぼんやりとした夢のような、色彩と湿気だけがリアリティをもってる映画でした。

映画評は別サイトでやってるのでそちらで

《ガーリーおじちゃんの生活と意見》

 

記憶が本物って信じられる?

僕は北九州市のいとうづゆうえんちの裏手で生まれ育った。幼稚園まで。小さな団地。薄い灰色の鉄筋アパート。大きな壁は、ひかりを反射して真っ白になる時があり、ずっと見てると残像でへんになりそうだった。

 

あるとき、近所のおにいちゃんたちと、
「遊園地に柵の壊れてるところがあるから、そこから入ろう」って話になり、
数人で小さな森をぬけてあるいていた。僕は幼稚園生。いちばん小さい。今見ると、森ってほどじゃないだろうし、ちょっとした裏道なんだろうけど。ついていって・・・。

 

みんなとはぐれて、完全に迷子になった。
ひとりぼっち。鳥の声もする。

森は、こわい。そして、大好き。
森は、こわい。そして、大好き。

 

こわくてこわくて、泣きそうだったんだけど泣かなかったことを憶えてる。

 

ここは、山だ。きっと降りればどこかにつく。
そうおもった僕は、下っていった。どんどん。
やけに音がなくて、暗くなくて光がゆらゆらしてた。

 

どのくらい歩いたのかわからないけど、だんだん車の音や、チンチン電車の音が聞こえてきて。
きゅうに視界が開けて。

いとうずゆうえんちまえのバス停についた。

 

そこからの帰り道は何とか知ってたので、あるいて家に帰った。
はぐれたことは誰にも言わなかった。

 

そのおにいちゃんたちとはそのあとも遊んだので、親にはばれなかったんだろうと思う。そのへんはもうおぼろです。

今でもとなりのトトロとか千と千尋とか見ると、実はすこし苦しくなる。現世とあの世とまではいかなくても異空間、異次元へ迷いこむ恐怖感。

 

でも、昨日の映画を見てて「この記憶ってほんものかな?」と思った。もしくは記憶から消したいという願いから「フィクション」にしようとしてるのかも、と。

今まで何度も夢にみるし、目を閉じてそのことをおもうと、ドキドキする。あの世界にすぐ入れる。でもそれは空想の世界でつくりあげたものじないって言える?いえないな。

人は都合のいいように記憶をねじまげる。

 

あなたのおもいでは、ほんもの?

 

記憶は本物でもにせものでも、ぼくだけのものだからいいんだ。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら