ハンニバル/ドラマ【Drレクターは永遠のあこがれ】海外ドラマの質の高さとR-15な雰囲気

海外のドラマがレンタルショップにいくとずらり(まあ韓国ドラマも多いけどね)

僕ら昭和の人間には最初は「ツインピークス」

そして、X-FILES

最近はアメリカンホラーストーリーとかグリムとかも見てる
青春ものとかは見てない。

 

連続もののTVの良くない所は「見忘れる」とか「予約録画するの忘れる」ってのだけど
DVDになるといいね。ちょっと旧作になってくるとまとめて借りれるし。

金曜日のよる、レンタルショップにいったら偶然、出たばかりの「ハンニバル」のセカンドシーズンが3巻あった。即レンタル。

b0064176_21334353

 

ハンニバル・レクターは、ある種ドラキュラ伯爵やフランケンシュタイン、もしくはサイコのノーマンベイツクラスのアンチヒーロー。
知性が高くて、人を巧みに操って、食通で、品がいい。

当時、中州大洋で見た「羊たちの沈黙」はショッキングだったなあ。
いままで見たことのないような怖さと興奮がいっぱいだった。

ゴールトベルク変奏曲の美しいアリアにのって、人を食べるレクター。
真っ白い拘束服が鮮血にそまる。

甘美だ。

恍惚。

 

その役を007のマッツ・ミケルセンがやってるんだけど。

スーツとタイがメチャクチャ美しい。

img_main

ああ、やっぱお金持ちになりたいなあと思ってしまう美しさ。
実際は男のすねを喰ったりとかしてるんだけど(すごい美しいレシピで。)

アンソニーホプキンスを初めてみたときの衝撃には叶わないけど、美しい。

 

そして、映像がかなり、グロい。
アメリカのTVの規制がどんなシステムかは知らないけど。

ザンコクで美しい死体の数々。
みててお腹いっぱいになる。

鹿の角に刺された死体とか
ぬいあわされて一枚の絵になった死体とか。

美しい死体のオンパレード。

ああ、こんな美術やってみたい!

BkdrwFnCcAAGvKW

hannibal1-5-1

 

アメリカってほんとにこんなに猟奇殺人が多いの?
なんて勘違いしてしまいそう。

 

予算とかスタッフの力とか、役者の力とかもあるんだろうけど
ある程度、制作者が守られてるのかな?

日本のドラマも脚本がおもしろいものがある(らしい)けど
画力の差が残念すぎる。
中途半端なアングル、トリミング。もしくは堤さんの作り出した不安定な揺れの画面。
画力をたかめてほしいなあ。

 

いまシーズン2が新作だけど、シーズン1なら100円とかで借りれるはず。
ちょっと見てみるといいよ!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら