出国ラッシュを経験したことがないんだけど…。僕たちの大切な八月について

お盆休みや、お正月。TVでは出国ラッシュで何十万人の人が海外へ、なんていうニュースみると

「どんな人がいってるんだろうか?」って思う。

海外に行く人はまあ、少しいるけど(まあお金持ちな方々ね)、夏休みやお正月に行く人をほとんど知らない。

家族四人でハワイ!とか。

知らない。

生存水域がちがうから合わないのだろうね。

すごいなあ。

675b90d3b1349b2a8bb19c72d4c884e3_s

 

この20年間、夏も正月もほとんど帰省。

 

50年の人生、これでいいのか?とあせる。
東京行って、寄席見て笑って、超楽しい!
これでいいような気もするし。う~ん。

 

  • 毎日少しづつ面白いことがある
  • 年に2回、まとめて楽しむ

 

このふたつだったら、あなたはどっち?

 

どっちにもよさがあるよね。
そして、向き不向きがある。正解も間違いもない。

 

 

働かなくても生きていける人がいる
働きまくっても生活苦しい人がいる

 

恵まれてても裕福な人がいる
お金なくても楽しそうな人がいる

 

いろいろだ。

 

 

そもそも生まれるまえから命は平等じゃない。

他を犠牲にして、受精して命になる。

イスが10個しかない国に20人うまれたら、10人は立っったまま。

座ってる人は、なるべく近親者にイスが行き届くように、制度をつくる。ルールっぽいものをつくる。他の国からイスをとってくる。

 

立ったままの人は、立ったままでも楽しむ人と、イスを探しに旅に出る人、イスを奪おうと思う人。立ってることに疑問を持たず、となりの立ってる人に喧嘩を売る人に分かれる。

 

立ってる人のつらさは、座ってる人にはわからないだろう。
立ってる人はえらいね!って、うまいこと乗せられてるかもしれないし。

座ってる人のなかには、自由に歩きたいと思う人もいるだろう。
その気持ちは立ってる人にはわからないだろう。

 

変えていこうとする力を、まず、自分に向けてみる。
自分と、近くの人との関係に向けてみる。
その変化は、必要なもの?

 

 

 

僕らの国の八月は、とても大切な月。
青空とセミと入道雲。変わらない風景のもと、悲しいことがたくさんおきた。
それをおぼえておく回路が、とても傷んでいて、修理が必要なようだ。

なかったことにして、忘れたふりをして、前に進む。

ときにはそれも大切だけど。

 

進んでる方向は、ほんとうに、前?

67e3f4f5266d78ecc5e8cd341f7f2622_s





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら