2015年、夏。親に子供の頃の話をきいてみた。

戦後70年の節目という。
でも、いつもと同じような、夏の日。

今年の暑さは異常だよね。

70代半ばをこえた母親に、インタビューしてみようとおもった。

 

母は画家で。ぼくが絵をあきらめた理由のひとつ(そのおかげで、僕は音楽が好きになった)

91th
疎開
戦争

そんな大変な時期をすごしたろうに、あっけらかんとしてる。

「あんな無駄なことはなかったね」といいながら。

 

第二回インタビューは、親子対談。

9877

母の過去。知らないこと。親子ではあるけれど、聞いたことない話がたくさんで。びっくり。
2015年のお盆。終戦の日。

疎開の話からはじまった。

ぜひよんでみてください。

>>二階に隔離されてて、空を流れる雲に妄想をふくらませてた【インタビューはこちら】





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

13歳は一度だけ【古賀鈴音と齋藤ゆい】@キャバーンビート... 魔の14歳なんて言葉がむかしあった。 温室で守られてきた子供時代を終わらせ、外の空気、いろんなバイキンなどに触れ、自我を叩きながら磨き上げていく旅をはじめるとき。 目の前に広がるまっさらな道に...
私の人生、私のもの。ハガキができました。... このハガキをおかせていただける場所を探しています。 お会いする方々にはすこしずつ差し上げます。 ぜひお知り合いの方に広めてください。 ともだち100人ではないけれど、100人の日...
説教くさい、って、どんな臭さ?... 「男はね、50過ぎたらお金払わないとだれも話をきいてくれなくなるんですよ」 昔、20そこそこの部下にそういわれたことがある。 だからおじ様はみんな歓楽街へでかけるのだそう。 なるほどなー...
ケイ・クマガワとロレイン・ディスコ・スペシャル《天使の夜:ロックンロールに犯され... 仕事を終えて、博多駅から地下鉄に乗って、天神へ。 普段は交通機関をつかわないので、雨の日はやだ。 地下鉄も、バスも、悪意と倦怠に満ちている。 この中で培養されて、でも自分をしっかりもって...
不安を打ち消す。それは無理だから、不安をとなりにおいておく。... 中学校の頃から禁止されてたバイトをしてた。 働くのはたぶん、嫌いじゃない。 19のときにデザイン事務所にあそびに行きながら、いろんなバイト掛け持ちして。 20代のはじめに東京へ。 帰ってき...
しゃべりすぎる大人について《どうしようもない自分のこと》... もちろん、良かれと思ってなんだけど、僕はしゃべりすぎる。 きちんと聞いてきたり、相談されると120%どうにかしてあげようとおもう。 これは世にいう「いらん世話」ってこともよく知ってる。 ...
僕は朝早くに目が覚めてしまう『早朝覚醒』みたいだよ。... よく眠れない、不眠症ってのがあって。 患者数はかなり。 不眠症って「眠りにつけない」のかと思っていたけど「朝はやく目が覚めてしまう」のも『早朝覚醒』っていう不眠症らしい。 あらま。 ...
恐るべき10代。アンファン‐テリブル【enfant terrible】... 9/1 いつもお世話になってるキャバーンビートの投げ銭に参加しました。 常連の13歳、才能溢れるソングライター鈴音ちゃんや、青猫の本棚の花居など顔見知りがおおく、お客さんもセーラーゾンビのマーヤ...
60秒の世界と、きょうの僕たち。... 一分は60秒 一時間は、60分 一日は、24時間(だいたいね) 一年は、365日(ときどき366日)。 一生は、ひとそれぞれ。   算数はとっても...
TVのチカラはまだ残ってる? TVを見なくなった。   新聞を取らなくなってTV欄を見ることがなくなったのも大きいかも。 あまり見なくなって10年くらいなるのかな?   1965年生まれは...