ランジェリーについて語る。

あら、いらっしゃいませ。
圭子です(^-^)

唐突、かつ、ぶしつけでは御座いますが・・・

 

【女性の皆様、 本日はどの様な下着をお召しでいらっしゃいますでしょうか?】

 

プロフィールで公言しております通り、 私はランジェリーを集める事を日々の楽しみとしております♡

(*私は基礎下着、装飾下着、肌着・・ 下着の分類や役割はある程度理解した上で「ランジェリー( 装飾下着)」と申しているのですが、 その辺詳しく無い方が殆どだと思われますので、 今回は話を分かりやすくするために敢えて「一般的な下着= ランジェリー」 という事で話を進めさせて頂きますのでご了承下さい。)

 

 

「へぇ~!で?で?圭子さんどんなパンツ履いてる訳~?」

等と、好奇心と下心丸出しで想像なされたそこのメンズ!!!

 

・・・・・引っ叩いてよろしいかしら?(*^-^*)

 

「まぁ・・女性が下着について語る等恥ずかしい、はしたない」

等とお思いになった淑女の皆様。

 

・・・・・恥ずかしいだとか、はしたないと仰り、 お上品なフリをして、 脳内はあれやこれやと想像力逞しい方が余程恥ずかしくてはしたな い!

私はそういう考えの持ち主で御座いますので(*^-^*)

 

「ババァのランジェリーとかどーでもいい!ってか晒すな! キモい!!」

そんな貴方。

 

・・・・・ 男女どちらも10年経ったら腹まで隠れる肌色パンツでも履くこと ね。

その時の貴方にとってもお似合いだと思うの(*^-^*)

 

 

私は「ランジェリー」と聞いて、 卑猥な方へ物事を考えがちな日本人の下着事情に一言申し上げたい 。

「頭の中が真っピンク・・・それって寧ろ、 よっぽど恥ずかしいYO!!!」

 

 

人にはそれぞれ事情ってモノがありますし、 致し方無い方もいらっしゃる事は重々承知の上で。

 

下着・・普段隠れているからこそ、 その人の本質や主義主張が表れやすいものですし、 だからこそ思いっきりお洒落を楽しむべきアイテムではないのでし ょうか?

お洋服と違ってTPO(一部特殊な場合を除く)とか、 似合うか否か等気にせずに好きなものを身に付けて良いのではない ですか?

メイクやお洋服ばかり完璧で、中は地味~な肌色パンツ・・ それも草臥れた・・なんて!!

「薄くて面積の少ない下着って冷えるからさ~。」 そんな貴方は冷えない身体作りからやり直し! 健康な身体は美人の絶対条件♪

(最後のくだりは今の私が言っても余り説得力が無いのですけど・ ・一緒に頑張りましょう!って事で!)

 

 

こうやって散々自分の考えを述べた挙げ句にこんな言い方をしてし まうと身も蓋も無いのですけれど・・

一方で下着とは「ただの便利な布」だとも私は思っております。

 

例えばTバック。

 

面積が少ないというだけで「履くのは恥ずかしい・・」 と思いがち。それはいちいち卑猥な方に考えるからであって、 実の所は違う。

パンツスタイルの時、 身体のラインの分かるドレスやワンピースを着る時、 下着のラインが思いっきり見える方がよっぽど見苦しくて恥ずかし い。だからってよくある様なスパッツみたいな肌色下着・・

あれじゃぁ気分が上がらない。

そんな時にTバックって案外便利♪

 

ね?「ただの便利な布」という視点から下着を考えてみると、 急にチャレンジ出来そうな気がしてきませんか?

機能的な下着なのに、それを恥ずかしい・・ と思う方が恥ずかしい気がしませんか?

 

 

もっともっと、 下着までお洒落を楽しむ女性が増える事を願っているし、 私はいくつになったって止めないわよ!!

 

そんな想いを込めて。

被写体として、 他人様に提示出来る作品を形として残したいと常々思っていました ので、これから一年程掛けてランジェリー(装飾下着だけでなく、 一般的な下着も含む)撮影をしたいと思っております。

最終的に一冊のフォトブックを作成する予定です。

 

そこで撮影して下さるカメラマン様を募集致します。

 

私の想いにもしも興味を持って下さる方がいらっしゃいましたら、 下記のページに募集要項を掲載しておりますのでご確認の上いつで もご連絡下さいませ。

*時間を掛けて作成する予定ですので、 ページが存在する限り募集しております。

>>>こちらです

 

 

私は美しい。  圭子

撮影:あかふじ
撮影:あかふじ

 

↑追伸。「ランジェリー」の響きからは程遠いですけれど、 これも一応普通の下着(ブラジャーとショーツ)なんですよ。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら