青天白日のラストゾンビーズ

9月の晴天。半袖が心地よい。
夫の車に乗せてもらって某ホールへ、友人のバンドのライブを見に行く。そのバンドにとっては解散ライブになる。

夫と5歳の息子はそのまま博多駅に向かった。ホームで新幹線の発着を見物したあと、息子が粘り腰でミニカーのひとつでも買ってもらうような、父と子のデートパターンだろう。

 

受付で予約していたチケットを受け取り、ビールを売っていたのでビールも買う。そのバンド「マーヤとセーラーゾンビ」が音を出し始めた。急いで入ろうとして、ドアに「ホール内は飲食禁止です」という貼り紙を見つけ、立ち止まる。ちょっと考えたけど「絶対こぼさないようにしますから…」と言い訳することにして、こっそりそのまま入る。だってライブやるところでビール売ってたら買うでしょ。買ったら飲みながら見るでしょ。当然の流れでしょ。

広いホール。ライブを見に来てるんだから客は前のほうに集まってるけど、ビールがあるので後方の1席に陣取った。うーんやっぱり、ライブとビールの相性最高。
20代の女の子3人がボーカルギター、ベース、ドラムをそれぞれつとめ、友人サニー安田氏がギターを弾く。セーラーでゾンビというコンセプト。みんな目の周りを黒く塗って、顔は少々血で汚している。

S__42401817
女子3人はバンド経験が豊富なわけじゃない。でも、物怖じしない雰囲気がサイコー。「うまいとか下手とか、何それおいしいの?」って感じ。「これがうちらの音だから」と言わんばかりに迷いなく音を出す。

曲がいい。すべてオリジナルで、サニー安田50歳によるもの。この、掘り出されたばかりの原石が荒々しく光ってるような曲を、甘くて弱くて怖いもの知らずの詞を、よく書けますよね50歳で。「永遠の少年」とはよく聞くフレーズだが、さしずめ彼は「永遠に少女になれないおじさん」ってとこか。自分では「ガーリーおじさん」と名乗ってる。淫らになれないその響きが好きよ(笑)。

ティーンネイジブルー

咲き誇る花の暴力 まき散らす恥を集める

私はティーンエイジ 無敵

雪被る平坦な空き地 足跡を無意味につけ

私はティーンエイジ 無敵

知らないことが多いことを知ってる

未来の力を根拠なく信じる

大人になりたい 大人になりたくはない

子供がきらいだ 子供でいたくない

ティーンネイジブルー 夢は夜開くかしら

 

ひとつぶの蜜を片手に ひとときの夢をむさぼる

私はティーンエイジ 無敵

変わらないことが多いことを知ってる

変わらないものに真実があることも

大人になりたい 大人になりたくはない

子供がきらいだ 子供でいたくない

ティーンネイジブルー 夢は夜開くかしら

 

 

S__42401812

詞が、曲が、そして彼女たちのビジュアルやたたずまいが。このバンドを構成するすべての要素が「今しかできない音楽をやっている」と言葉にならない言葉で発しているよう。

今しかできない音楽の「今」が終わる夏だった。解散が決まって多分いちばん落ち込んでたのはサニー氏で、実はひそかに心配もしてた。でも彼女たちが「今を生きてる」ことを一番よくわかってるのも彼だ。
最後、先生が可愛い悪ガキにするように、ひとりずつ頭をポンポン叩いて名前を呼ぶ姿がちょっとセンチメンタル。女の子たちは最後まで堂々としてた。

ホールから出たスペースでビールを飲み足しながら(今度は堂々と飲める!)、サニー氏と、マーヤちゃんナナちゃん姉妹と少し話した。マーヤちゃんはステージの通り天真爛漫な中にも「お天道様に恥ずかしいことはしない!」って感じでキリッとしてる。ベースを弾いているときは仏頂面を崩さないナナちゃんが喋りながら目を細くして笑うのにきゅんとした。

S__20348941

私にもハタチとか20代のころがあったから思い出す。でもかなり遠く感じる。今じゃ、機嫌が悪くても外に出て笑えるし。酔っぱらって路上で寝たりはしないし。すごく怖いものがあるし。
とはいえ、「自分、冴えないなー」と思ったり「こんなもんかねー」って思ったり、心もようがくるくる変わるのは、変わらない。

いいバンド見て、昼間っからビール飲んで喋って。こんな日は、「私、悪くないやん」と思える。別に自分が表現活動したわけじゃないけど。こんな時間が過ごせる私、悪くないやん。

S__20348933

彼女たちはただ自分たちがやりたくて自分たちのための音楽をやってただけだろうけど、見た人をこんなふうにご機嫌にさせてもくれた。それってすごいことだと思う。
ちょうど今朝見た番組で、渡辺えりが言ってた。

「すべての舞台は平和への祈りがテーマだと思ってる。だって平和じゃなかったら舞台なんてできないんだから」

ほんとそうだと思う。映画も演劇も音楽も、やるのも見るのもごく個人的な行為だけど、大きなものにつながってるんだな。騒々しい音楽も剣呑な映画も平和への祈り。
日が傾き始めている。家族へのおみやげにドーナツ買って帰った。

S__42393622

>>>サニー安田氏の「一瞬の夏の彼女たちレポート」をあわせてどうぞ。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら