東京ヤクルトスワローズ優勝~日本シリーズ出場【恐いもの知らずの強さについて】

日本中に野球チームはある。

東京には人気実力とも球界の盟主とわいれる読売ジャイアンツがある。
その強い強いジャイアンツを破って、二年連続最下位のチームが優勝した。

ぼくは子供の頃からのヤクルトスワローズファンなので(詳しくはこちら)優勝はとてもうれしかった。

2015yakuruto1-e1443844776714

そのルールがいつから始まったかは忘れたけど。

プロ野球12球団には人気のあるチーム、ないチームがあって、
新人選手がみんな「人気球団にいきたい!」っていったら強いチームと弱いチームの差がどんどんひらいてよくないよね。

ということで、、くじ引きで新人をとれる権利をきめましょうという案が。
これって一見「公平」にみえるけど、就職するのに職場が選べないっていうかわいそうな事が沢山起きて。

それをおぎなう為に「逆指名」という入りたい球団に入れる権利とか
何年かひとつのチームにいて試合に出たら、行きたいチームに移籍できるっていう権利ができた。

よかったよかった。

 

でもね、去年までライバルチームの主力だった選手が、自分のひいきのチームの主力になったり、
何年後かにはまた別のチームにいっちゃったり。
ファン的な立場からすると「こんなの自分の好きだったチームじゃない!」って気持ちになるのもわかる。

だって強いチームはお金があるから、他の弱いチームで活躍した選手を「倍の金額出すよ、おいでよ」ってあつめちゃうんだ。

なんとかジャーみたいな戦隊ものでいうと、「赤」ばっかりのチームができちゃって、いままで試合にでられてた「緑」とか「黄色」とかの選手がでられなくなるんだ。

 

ヤクルトスワローズはお金がない。
だから契約金のやすい高校生をとって、まず数年は二軍で育てる。
選手を引退した人が選手やコーチになり、二軍のコーチも監督は多くの選手を一人前にするために鍛えるんだ。
チームが成績悪いと監督が変わることが多いんだけど、ヤクルトは「二軍監督がそのまま一軍の監督になる」っていうのがこのところ続いてた。

チームで育った人が、チームを育てる。

 

会社員になって数年。
ヘッドハンティングのはなしはあった。
女性をまとめる部署のリーダーになりませんか?みたいなお誘いとか。給料120%で。

でもね。お金で移籍する人は、そのお金分のはたらきをしないと、すぐ切られちゃう。
ヘッドハンティングで移籍して、3年で解雇になった人とかいた。

会社で育った人が、会社を育てる。

それが理想。

ぼくもいい年だし、後継者をさがさねばならない。
物書きが好きで、好奇心が旺盛で、一旗あげてやろうっていう若者が。

 

 

今年のスワローズは調子がよくて、でも途中失速して、ああ、らしいなあと思っていたら。
接線をものにする底力のあるチームに育ってて。

もう少しで優勝とか、コレ負けたらヤバイかも、なんて思う試合を普通に戦ってた。買ったり負けたりして。
なぜ?

だって前回優勝したのは17年前だから、だーれも優勝のプレッシャーを感じたことがない。
つまり経験がゼロだから。

経験がものを言う。
経験がジャマをする。

不思議だね。

 

昔、才能溢れてて、でもいまひとつの成績の年も多かった選手が監督になってて
才能溢れる選手だったひとがコーチになってて。
ベンチの首脳陣は知ってる人ばっかり。

選手が全員こどもにみえる。

いいチームのファンでよかったなあと思う。

 

スポーツのことはよくわからないけど、
スポーツ観戦のたのしみって、勝つことだけじゃないよね。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

池松壮亮がエレガンスをまとう時「海を感じる時」「愛の渦」「大人ドロップ」「紙の月...   「海を感じる時」 「愛の渦」 「大人ドロップ」 「紙の月」 僕が見た、彼の映画はこれだけ。 あとTVドラマ「MOZU」   若い...
1983年。ぼくは北九州市小倉北区にいた。オーティスレディングを聞きながら。... 今日はやばい。書きたいことがない。 なんて思ってたときに。携帯電話が鳴った。   昔おせわになったデザイン事務所の社長、N氏からだった。 近頃は入退院を繰り返してるんだけど、...
楽市楽座《家族で旅する劇団》年に一度の公演をみた。公園で。... 楽市楽座みたよーって人に言うと、なんそれ、カラオケ?なんていわれる。 こんなおもしろいもの、見れないなんて悲しすぎる。 最初に見たのは放生会。 くるくるまわる水の上の舞台で、ちいさな...
廣久葛本舗・秋月:紅葉の終わりと春を待つ桜並木【さよならまたね】... ほぼ毎年、春か秋、秋月に行ってる。 20年前くらいから。 秋月にある資料館のポスターを作る仕事で、知った。 息子が生まれてから運転免許を取ったので、その頃からずっと来てることになる。 ...
刺されるのは、一瞬。でも刺されるかもと思う日々は、永遠。... 失敗するのは一瞬。 たとえば口から出た言葉。 とくにSNS社会になってからは「あ、いまの発言訂正します」ってのがほんとうに難しくなった。 たったひとことが原因で、修復不可能な関係におちいった...
あれから1年、はやいものだなぁ。マーヤ21歳はじめてのライブは遅刻早退女子ズ... マーヤがラストティーンエイジの年にはじめたバンド「マーヤとストーカーズ」から。 20歳、そして 21歳の誕生日をむかえた。 まあ年ごろの娘さんらしい悩みや迷いや怒りをおりまぜながら生...
しゃべりすぎる大人について《どうしようもない自分のこと》... もちろん、良かれと思ってなんだけど、僕はしゃべりすぎる。 きちんと聞いてきたり、相談されると120%どうにかしてあげようとおもう。 これは世にいう「いらん世話」ってこともよく知ってる。 ...
俺はこの峠をガソリンをいれずにドライブする【エンプティー!エンプティー!】... かっこいい! なわけないか。 この記事のタイトルはむかしあったCDのタイトルから。   台風で被害を受けた実家の後処理のために、午前中で退社して実家へ。かっとばして。...
出国ラッシュを経験したことがないんだけど…。僕たちの大切な八月について... お盆休みや、お正月。TVでは出国ラッシュで何十万人の人が海外へ、なんていうニュースみると 「どんな人がいってるんだろうか?」って思う。 海外に行く人はまあ、少しいるけど(まあお金持ちな方々...
福岡創作系同人&ハンドメイドオンリーイベント Collage Event Ade... 私の人生、私のものの住人、ヤグチヒバナさんと いつも刺激的でかわいい展示を開催してるギャラリー亞廊の夜舟さんが出店してると聞いて。 オフィスビルの5F.6Fであってるらしい。 すぐビルは見つ...