花とアリス殺人事件:感想【くだらないことを大きく感じる。女の子達の短い執行猶予期間】

蒼井優と鈴木杏の二人が最強に輝いてる映画「花とアリス」
そのエピソード0がアニメになった。

岩井俊二の「花とアリス」は中原俊の「桜の園」と並ぶ女の子女の子映画の傑作だと思う。

花と

 

不機嫌でぶっきらぼうで言葉が足りず、大胆だか無鉄砲だかの行動力とぐずぐずな毎日。
不安定でイライラして。
中学時代〜高校時代って、本当、クソ。

そんな日々の中に起こる、ちょっとした事件や嘘。
そういうのの当事者になるのは面倒だけど、周りから覗き見するのはすごく楽しい。
そんな映画。

動きすぎるアニメーションはちょっと気持ち悪いけど。
そこまでやっちゃう?っていう女の子の話が面白くないわけがない。花とアリス。花とアリス

 

今度のアニメ版では、どうやって二人は友達になったのかが描かれてるんだけど、周りのキャラクターたちも「少女の苛立ち目線」で描かれてて、スカッとする。

ああ、岩井俊二は「見えない苛立ちを描きたいんだな」と。

 

苛立ちを体現するのに最高の素材「蒼井優」
声だけでも素晴らしい。
いや本当に、イヤミなくらい物語をおしすすめる力がある。

花とアリス

 

夕暮れの団地の切なさとか
心細さとか
大人たちのいろいろとか。

先日見た「子猫をお願い」にもその感じを受けるけど、青春って当事者な時はわからない。
失って初めて気づく、傷つく。青い春。

 

岩井俊二の変態ぽさも含めて、大好きな映画。
制服と太ももの肉感がすべてを飛び越えるんだ。

花とアリス





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら