宇多田ヒカル側が「公式見解」来春アルバムリリース報道を否定(2015年12月10日)

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(32)が来春に音楽活動を再開すると一部で報じられたことを受け、宇多田サイドは10日、公式サイトで「公式見解」を発表。ユニバーサルミュージック合同会社の沖田英宣氏の名で「来春にニューアルバムがリリースされるという報道がありましたが、そのような事実はございません」とコメントし、報道を否定した。(スポニチアネックス)

さあ。コレこそがまさにインターネット。
信憑性のない話題におどったりする楽しみをありがとう。
スポーツ新聞の見出しなら疑いもする、というか信じないけど、ヤフーニュースなら信じちゃうという行動に、すごくわらっちゃうし、楽しく一喜一憂でした。

宇多田ヒカルカムバックをよろこび、永遠に残る記事を書いた。なかなかいい記事だと思うよ。
>>これ

さあ、宇多田ヒカルはかえってこない。
マリリンモンローノーリターン。野坂さんも逝っちゃった。

77

POPはいろんな分野の代表だとおもってた。

  • 演歌
  • 歌謡曲
  • シンガーソングライター
  • バンド
  • アイドル
  • ダンスユニット

などなど。

でももう違う。

100人の村だったPOP界は100人の村長を立て、自分たちの村をつくり閉じこもった。
異種格闘技の様相はなくなりお互いに干渉せずにいられる場所に落ち着いた。

ぼくもそっちに触れないから、君もこっちに来るな。
現代の平和協定は、領空侵犯を許さない。

CDは音楽を記録したものではなく、欲望ツール・コミュニケーションツールとして存在するようになり、本当の音楽はデータ化され、みえない空で混戦して、それぞれの端末へとたどり着く。

火山からふきでたアイデアが四方八方に飛び散り、人々をあっといわせた時代は終わった。
いまはそれぞれの村で、その火山灰からできた食器をつかって、しずかな昼食がとられている。

新しい火山はもうないの?

死んでしまったり、活動をやめた火山に頼るのはやめよう。

オーバーグラウンドな活躍を見せるいくつかのバンドや音楽。それぞれの村の境界を越えることができなくても。音楽は聴く人に何かを与えてくれるはず。
そして、その村の中じゃ退屈になる時がくるはず。

村を捨てて旅に出るとき。
それは実は何十年も昔からいわれてたこと。
書を捨てて街へ出たあのひとたちはどこへいったのだろう。

ドラマ好き

映画好き

吹き替え好き

アニメ好き

バラエティ好き

アダルトビデオ好き

クラシック好き

爆音好き

イケメン好き

二次元好き

カラオケ好き

いろんな好きがあって、変化し続ける。

音楽は垣根を作り、こもってしまっても
音楽を聴く人がいろんな村を訪れることはできる。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

ツイッターに「ラブライバー殺す」 容疑の高1少年逮捕(9月2日)... マーヤとセーラーゾンビのマーヤとカナゾンビもこの、ラブライブちゅうのに感染してる。 スタジオでいきなり奇声を発してモンキーのような踊りを踊りながら、ほっほほっほ、いってる。 ラブライブ...
<安保法案>衆院特別委で可決 与党単独で強行採決(7月15日)... 4人にひとりは投票した圧倒的人気政党。それに宗教団体のミニ政党。でもこれだけの人がいて、ひねくれものがいない。全員統制取れてて、すごい。美しい日本。 今度こそ勝てるんじゃないかな?世界大戦。 ...
<野坂昭如さん死去>秘めた正義感 縦横無尽に走り回る... 黒メガネでダンディー、一見軟派的な言動のうちに秘めた正義感が背骨を貫いていた作家、野坂昭如さんが9日、旅立った。(毎日新聞) 憲法を変えて、時代によりそう流れが主流だといわれるな...
本が売れぬのは図書館のせい? 新刊貸し出し「待った」《2015年10月29日》... 本、売れない。 CD、売れない。 いろいろ、売れない。 でも、売れるものもあるし、爆発的ヒットなんてのも(知らないだけで)あるのかもしれない。 あ、腹筋マシーン「ワンダーコア」とか...
女子教育「コサイン教えて何になる」 鹿児島知事、撤回(8月28日)...  鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、27日に開かれた県の総合教育会議で、女性の高校教育のあり方について、「高校でサイン、コサイン、タンジェントを教えて 何になるのか」「それよりもう少し社会の事象とか植物の花...
東京五輪エンブレム、またソックリ指摘 今度はスペイン(7月31日)... もう、まさに貧すればどんす。突込みがはじまると、とまらないね。 もとグラフィックデザイナーの立場からすると、こんなのは盗作でもなんでもないし、 100人に「東京オリンピックのマークかん...