高橋プランクトンという男を知っていますか?

ここ数ヶ月、いろんなところですれ違ったり、ライブを見てくれたり、噂を聞いたりしていたのだけど、先日のブローインのライブで初めて彼の歌を聴いた。

プランクトンのように小さくて、プテラノドンのように大きい歌。

 

対峙してる時は「今」しかなく

自分の歌は「自分の目線」で切るしかなく

俺にはコレしかないと消去法でなく音楽を選び

声帯を極限までふるわせて声を出す

 

音楽の塊だ。
繊細でよわっちくて、でもあっけらかんとしてる。
彼と多くの言葉を交わしたわけでないので、これば僕の一方的な所見です。

高橋

 

 

メロディアスなリードギターを弾くギタリストとしての彼と
溢れる言葉をメロディーに乗せる間ももったいないような燃える男としての彼。
ふたりの彼がいる。

 

いきねばならぬ!と絶叫してはその場で死んでしまうんじゃないかというような。

 

 

彼は東北から、熊本までいろいろ旅をしてきたようだ。

僕は旅の歌をうたうけど、旅にはでない。
出たとしても家に帰りつくことを楽しみにしてるような歌ばっかり。

 

ぼくらの戦い方はまるでちがってる。いいとか悪いとかじゃなく、お互いにこの戦い方しかできない。
彼はまだ僕の半分くらいの年齢で
もしかしたらこの後、戦い方を変えるかもしれないけれど。
でも彼の歌うのをみてると、胸がつまる。
切なさとも
悲しさとも違う。
好きな音楽か?といえば100%そうではない。
でも、なんか掴まれる。

いろんなうまいシンガーや演奏家はたくさんいる。好きな音楽も嫌いな音楽家もたくさんいる。

 

高橋プランクトンは僕の心をつかむ。

なぜだ。

わからない。

 

とりたててどこがすごいのか?それも判らない。

2015年の最後に、大きな謎の火の玉を見たようだ。

高橋プランクトン

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

スラッシュカフェでごはん(薬院)... 仕事の打ち合わせで福岡市薬院のスラッシュカフェに行ってきました。 むかーしむかし。この近所に住んでいたときは無かったんじゃないかな? この地を離れてから、何度か行ってます。 &nbs...
雨の徒歩【一歩一歩しか進まないね】... 引き続き、雨。 昨日バスで悪意を吸っちゃって大変!なんてことを書いたので、今日は歩いていってみよう! うちから会社まで、歩くと1時間ちょっと。CD一枚分くらい。 ただ、雨の日は当然レイン...
アーティストとか権利とか、弱者とか偏屈とか、恫喝とかSNSとか... SNSで知り合いから回ってきた記事を巡って、朝から妻と大激論になった。 (その激論の事はちょっと書けないけどね。反省を促されたりもした。)     その記事は「...
東京ヤクルトスワローズ優勝~日本シリーズ出場【恐いもの知らずの強さについて】... 日本中に野球チームはある。 東京には人気実力とも球界の盟主とわいれる読売ジャイアンツがある。 その強い強いジャイアンツを破って、二年連続最下位のチームが優勝した。 ぼくは子供の頃からのヤ...
cafe & bar gigiとセーラーゾンビ... 8/21 cafe & bar gigiでのセーラーゾンビ、解散直前ライブにお越しいただき、ありがとうございました。 ずいぶん前から声をかけていただきながらタイミングが合わずに実現しなか...
今見てる世界は、ほんもの?夢?あいまいな記憶について... アンナ・オズという映画をみました。 ぼんやりとした夢のような、色彩と湿気だけがリアリティをもってる映画でした。 映画評は別サイトでやってるのでそちらで ↓ 《ガーリーおじち...