私の少女:感想【ペ・ドゥナの映画は外さない】悪者は悪い心でできてるんじゃない

少女を虐待する義理の父
その母
小さな町の閉塞感
不法滞在の労働者
マイノリティーの警察官
そして
殴られ続ける少女

寒々とした田舎の風景の中、散りばめられた人物たちがうごめく。

田舎の恐ろしさがしんしんと降り積もる。

 

私の少女

 

映画のストーリーは謎解き風。だけど「え?意外!」というのではなく「やっぱりそうだよね」を重ねながら進む。
そして、優しさや怖さを感じながら、誰にも感情移入できない傍観者となる。

 

韓国のTVドラマは最悪に気持ち悪いけど、韓国映画のリアリティは素晴らしい。
特にペドゥナの出演作は外さない。

「私の少女」では、少女役の子が素晴らしかった。
正統派ホラー顔にも見えるし、大河ドラマぽくもあるし。
子役の演技力は、ほぼ監督の指導力だと思うけど、頭がいいのか天才なのか。すごい。

キム・セロン

 

マイノリティーを理解するには、人口が必要で。
大きな街になればなるほど、それぞれは個人であり、孤立もまあ許容される。
誰にも迷惑をかけないから、私のことをほっといてっちうのが、通る。

でも

小さな田舎町では、それはない。
しがらみは他者を廃絶し、他のプロパティに侵入し、
違うことを許さない。
助け合いという名の監視制度が浸透し
近所づきあいという名の時極絵図が繰り広げらえる。

誰もが透明人間だったらいいのに。

私の少女

 

苛立ちには原因がある。
苛立つ人に全ての責任があるわけでなく、だからと言って許されることではないけれど。
苛立ちを共に感じ、共に育ててるからうまくいく人間関係もあるだろう。

僕は風にさわさわとなびく田園や
季節ごとに色を変える森や林や
よせては返す波の音に耳を傾けるような場所には住みたくない。

そこには何十年もの間変わらず守られているルールがあるから。
法律とか常識とかとは違う文脈の。

 

この映画の警官と少女は、どこにたどり着けるのだろう。

 

「私の少女」のように、個人と社会、マイノリティーとマジョリティ、経済と産業をしっかりと捉えて、なお、しっとりとしみるエンターテイメントを作り上げる国。韓国。

映画の中で出てくる韓国人は、本当に嫌な奴ばかり。
暴力的で、酒乱で、長いものに巻かれ、デカイ声をあげて暴れる。

でも

僕らの国で、こんな嫌な奴ばかりの出る映画が撮れるか?

 

いい人ばかりの出る、心温まる架空の話しか作れないんじゃ?
悪者は悪者で、正義は報われるような。

 

それは「絶対」ではない。

私の少女





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら