認めて、使う。

あら。今日もいらして下さったのですね(^-^)

ありがとう!

圭子です。

撮影:雨月
撮影:雨月

前回の記事で、私の凡人っぷりがお分かり頂けたかと思います。

記事を読んだ友人から声を掛けて頂いてとってもありがたかったのですが、生きていれば私のした経験等その辺に溢れ返っている。

寧ろ、殆どの人が大なり小なり一度は経験する事でしょう。

皆さんも日々色んな問題と向き合い、戦っておられる事と思います。

私に出来る事は何も無いのですけど、一秒でも長く皆様が笑っていられる様、心から応援しております。

そんなこんなで約二年 の被写体活動停止の後、近頃再び動き始めましたが、活動再開するにあたり一つの覚悟を持つ事にしました。

それは「自分が持つ良い所を真の意味で認め、大いに活用する」という覚悟です。

皆さん一度は自分の長所を聞かれ、何と回答すべきか困った経験をお持ちでしょう?(笑)

何故、困るのか?

あくまで私はですが、何とはなしに「こういう所が良い所なんじゃないのかなぁ~?」って思っていても、公に口に出来る程の自信が無いし、変な風に思われたら嫌だからつい自分自身で否定してしまう。

そして無難にこう答える。

「人当たりが良い所です」

・・・嘘ばっかり。と、その瞬間私のココロが仰い ます(笑)

良い所を認めて活用するって、何かナルシストっぽいし、気恥ずかしくてとってもむず痒い。

そしてかなりの勇気がいる。

私にとっては至難の業です。

そんな覚悟を持って昨日は初めてのフルヌード撮影に挑戦してきました。

撮影して下さった方にはどう写ったか分からないし、作品自体は出来上がりを見てみないと何とも言えないけれども、個人的に今までで一番充実した気分で終える事が出来ました。

きっと、間違ってない。そしてまだまだいける筈。

「私は美しい」 圭子。

撮影:Rumica
撮影:Rumica





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら