プリンスも逝った。

とっても子供だった頃、年上のおねえさんからプリンスの「ダーティーマインド」というレコードを聞かせてもらった。

良さがわからなかった。

 

そのあといろんな音楽を聴いて、MTVから流れてきたレッツゴークレイジーやパープルレインをきいた。

ものすごくかっこいいと思った。

 

黒人なのにブルースじゃない!と思った。10代のバカ男子の印象なんてそんなもんだろう。めちゃくちゃノイジーでしびれるギター。すげーって。
マイケルやマドンナやシンディーがいっぺんに現れた大豊作のシーズン。
流行の音楽はきかないぞ!俺は本物のロックしかきかねえ!なんて言ってたから、「プリンス好き!」とはいえなかったけど。

その後の「パレード」というレコードにしびれまくった。

 

窒息しそうな密室間。
聞いたことないドラムのおと。
ハアハア感。
ヘッドフォンで聞くと息が詰まりそうだった。
すぐそばでプリンスが歌い、叫び、ささやいてた。
開放感のまったくない音楽。

こんなの初めてだった。

プリンス

心(ダーティマインド)を開放すること=開放的な音楽

そうじゃないことを知った。

 

100万人に歌っていても、ひとりひとりの鼓膜にへばりついて歌ってるような感じ。

 

そのプリンスが逝ってしまった。
多分、死因ははっきりしないだろう。

 

今年はなんか、潮目がかわったのか。
キースが、ピートが、プリンスより長生きするなんて思わなかった。

 

あの世のほうが豪華メンバーになってきてる。
僕らはまだまだ音楽を一生懸命やらなきゃだ。

ありがとう。元プリンス。
もしかしたら肉体をなくしただけかもしれないが。

00





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら