激アツつまみ情報(2)−デイドリームビリーバー

おそるべし、コンビニのPB商品のクオリティ。
しかし酒にはやはりこの2択でしょう!

 

※このブログでは、「最近話題のオシャレなお店でみんなでワイワイお食事しとるっちゃん★Facebookにのせちゃお★ねーみんな~いいね!してネ~ミャハ★」とかいうような話は一切書きません。

私は、いかに安く、いかに出鱈目に、そして孤独に、という中で、小さな幸せを見つけていきたいと日々願っているのです。

 

さて、本題に入りますね。

 

あー、1杯飲んで帰ろうか。しかし「今日はコレ!」って店も思いつかない。

そもそも月末で金がない。
かといって家で何か凝ったものを作る気力もない。
スーパーの惣菜?もうとっくに店閉まってるし。

…こんな経験は誰にでもあるでしょう。

 

そんなときの強い味方がコンビニエンスストアなわけですが、最近のコンビニはPB商品が大変充実しており、それがクオリティも高かったりしますので、特に1人暮らしや単身赴任の方には大変な強い味方なのではないかなと思います。

 

特にセブンイレブンは、PB商品に大変力を入れているようです。私のマンションの横には、黄緑色をした別のコンビニがありますが、それを華麗にスルーして、私はいつも、そこから100メートル先にあるセブンイレブンを利用しています。

 

初めてセブンイレブンのPB商品である「金のビーフカレー」を口にした時は、その美味しさに感動のあまり私は、翌日の会社の朝礼で、「金のビーフカレーの美味しさ」について延々と語ってしまったほどです。あー金のビーフカレー食べたい。

 

 

金のビーフカレーが美味しいのは間違いないのですが、ここではお酒をテーマにしていますので、お酒にのつまみとして最強な、コンビニのPB商品をご紹介しましょう。

 

それは、こちらもセブンイレブンの商品なのですが

unnamed-1・穂先メンマ

・ザーサイ炒め

 

これです!逆に、この2択しかありません!

 

どちらも、シンプルでビールにピッタリのお味。歯ごたえがいい感じ。

カロリーは気にしてませんでしたが、きっとそんなに高カロリーではないでしょう。って、写真のパッケージにカロリー載っていますね。

穂先メンマが1袋あたり62kcal、ザーサイ炒めが1袋あたり30kcalと、やはり大変低カロリーです。

何より、どちらも100円ちょっとと、大変安価に購入できる、とってもリーズナブルな商品です。

 

unnamed-2

unnamed-3

写真は、こちらに載せていただくため、メンマとザーサイの両方を買ってきて並べていますが、一度に両方を食べると塩分過多になることは確実です。どうぞお気をつけください。

塩分は1日8g未満、高血圧症のかたは1日6g未満が好ましいとされていますので、穂先メンマかザーサイ炒め、どちらか一方をお選びいただくのが好ましいでしょう。

 

どちらも大変お酒に合いますので、これは究極の選択になりますが、大丈夫です。

一方を選んでも、もう一方を翌日の晩酌の際に召し上がればよいのですから。

今日はメンマ明日はザーサイ、明後日ザーサイその次メンマ、という風に、お好みローテーションしていただくのがよろしいかと思います。

 

 

私の場合は、セブンイレブンでまずこの穂先メンマかザーサイのどちらかを手に取り、カップのパスタサラダの唐揚げが載ったやつを合わせて、あと適当なビールを何本か購入して帰るのが鉄板ですね。

パスタサラダはいろんな種類がありますが、デブとしては唐揚げ一択です。唐揚げ、サラダ(レタスやコーン)、パスタの3層になっていますので、1つの商品で3つの料理が楽しめるようなお得感がありますね。

 

食べ物なにか一品だけ、というよりも、いろいろなものをつまみたいですものね。

「いろんなものが~ちょっとずつ食べたいのぉ~★ねーねー半分こしよ★」とか言うどっかの女子力高いかんじの人と相通じるものがあるかもしれませんね。

更にもっと「いろんなものをちょっとずつ」つまみにしたい方は、幕の内的な弁当を購入して、おかずや漬け物を晩酌のアテにし、残ったゴマか何かがかった白米を翌朝味噌汁か納豆でも添えて食う、とかいうのもなかなかスマートだと思います。

 

 

そんなかんじで、本日はコンビニで買えるおつまみについてご紹介させていただきました!

それではまた。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら