シン・ゴジラ【ネタバレせずにどれだけ書けるか?】吉本新喜劇から進撃の巨人まで(もちろんエヴァンゲリオン風味)を

シン・ゴジラ:いやあ。怖いっすよ。きもいっすよ。

ゴジラ映画で育った僕ら昭和40年選手から見ると、今回の「シン・ゴジラ」は僕らのお父さん世代の、本当のマジ怖いゴジラの流れを組んだもので。

ゴジラに感情移入するべきシーンがまったくない!
死んだ目で気色の悪いゲロゲロ生物。
出てきた理由もないし
(そりゃ生まれば僕らの捨てた核廃棄物なんだけど)
ただ、ドワーン!と現れて
どんどん壊して
海に帰って
またあわられて
どんどん壊して・・・・

ていうシンプルなお話。
とにかく怖いんよ。
ものが壊れるのがすごい迫力とか、自衛隊の攻撃がすごい迫力とかあるけど、とにかくこんな怖い顔のゴジラは初めて。
こわくてでかい。

ce363448449c62b9c4b5bceaaf909f58

 

シン・ゴジラ:群像喜劇のキレキレで、前半涙出るほど笑った。

映画は官僚システムを馬鹿にしてる。
でも、そこで働く人たちを馬鹿にしてない。
喜劇のセンスはそこにある。
発言とか、誰も猫に鈴をつけようとしない描写は「システム」のバカバカしさを追求する。

縦割り社会と、この国のトップを操ろうとするそれぞれの思惑と。
面白い。大喜利か!ってくらい笑える序盤。

でも、ゴジラが上陸して川を遡るシーンの「災害度」はレッドゾーン。
東北大震災を下地にしてるのがわかりすぎて。ツラい。

ゴジラは自然災害で、害獣で。駆除対象。
海から(巨大な)害獣がやってきてるから、大きな火器で駆除しようとあたふたする人間劇だ。

 

シン・ゴジラ:音楽はエヴァンゲリオン。画面のざわざわはラブ&ポップ

つまり、庵野監督はいいところもゲスなところも、何十年経っても変わらない。
いつまでもできない(?)国民病エヴァンゲリオンの風呂敷をたたむのに疲れて「歩で休み」をとったつもりかもしれない。

ゴジラは自然災害で、僕らが慣れ親しんだ「怪獣」ではない。
それが「パシフィックリム」と違うところ。
ゴジラを呼称はつけても、「事故扱い」なのがシン・ゴジラ。僕らの「怪獣映画」ではない。

じゃあいつものようにハイセンスな教養高い人にしか本当の意味がわからない「お高くとまった映画」なのか?というと、とんでもない。

戦闘シーンのカタルシス。
ゴジラの炎。
放射能光線。

どれも今まで見たゴジラの中で一番。全面的に大好きなハリウッドのゴジラよりも、もっと。
ゴジラを本気で倒そうとする。
日本政府の本気度が違う。

 

シン・ゴジラ:国の方針や政治は庶民とは関係ない

怪獣映画には思い入れを増すために、何の役にも立たない市民がストーリーに参加することがある。映画を見てる僕らの代弁者のように。

このシン・ゴジラには庶民はほとんど出てこない。
避難してるか
避難所で膝を抱えてるか、だ。
被害者は「数字」でのみ語られる。
戦って死んでるのはほとんどが自衛官や兵士。

これが今のリアル。2016年のリアル。
戦闘は僕ら庶民の手の届かないところで決まるのは当たり前。

御用学者が役に立たなかろうが、意味があるのかないのかわからない会議を重ねて、保身に走りもするが方針を決め、命令に従って人は動く。それが組織。

そこがすごくよく書けていて、気持ちがいい。
災害(天災でも、人災でも)が起きれば、僕らは逃げ惑うだけだ。
人が描かれていないという批判があるようだけど、国の大災害に立ち向かうには「人間性」とは少しニュアンスの違う人間力が必要じゃないのかな?

「やる気」を削ぐような会議、書類、縦割り行政。
正義感や情熱では泳いでいけない世界。
でもそのハードルを越えていくような強い気持ちがないと事は前に進まない。
やる気をふるいにかけるために、会議はある。

 

シン・ゴジラ:オールスターキャストを贅沢に使ったのも正解

まあ、いろんな人が、出てる出てる。ほとんどワンシーンに近い役柄にも。
それが「役者の個性」が立ちすぎるのを抑えていて、いい。
アメリカが多国籍軍の皮を被って攻撃したがるのもすごくよくわかるし、フランスや中国・ロシアの描写も面白い。

石原さとみはさすが英会話教室で学んでる(笑)
長谷川博己は今一番輝くスターだし。
渋みを増した竹野内豊も美しい。

 

シン・ゴジラ。

期待してなかったから得点は甘いかもしれないけど。
すごく楽しめた2時間。

 

ただ、現実のゴジラはまだそこにある。
再稼働を待っている。
放射能を垂れ流しながら。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

花とアリス殺人事件:感想【くだらないことを大きく感じる。女の子達の短い執行猶予期... 蒼井優と鈴木杏の二人が最強に輝いてる映画「花とアリス」 そのエピソード0がアニメになった。 岩井俊二の「花とアリス」は中原俊の「桜の園」と並ぶ女の子女の子映画の傑作だと思う。 &...
真夜中の五分前:感想【三浦春馬が美しすぎで話がぼんやりするけど】行定監督らしい映... https://youtu.be/liKwrI1DNMk 真夜中の五分前:行定フェチ復活 「ひまわり」「閉じる日」「贅沢な骨」の三本が、ほんとにすばらしいスタートだった行定監督。 個人的な冷めた...
子猫をお願い:感想【それぞれの悲しみは比べられないけれど】... https://youtu.be/r6Hw252MTJw ひとりひとり「個人」にとって、喜びや悲しみは自分のもの。大きくも小さくもない。ただ、自分の中に喜び、悲しみの比率があるだけ。 でも...
繕い裁つ人:感想【正統派日本映画・中谷美紀・女優の佇まい】... https://youtu.be/aC6McFLg9zg どことなくマンガっぽいなあと思っていたら、やっぱりマンガ原作のよう。少し残念。 でも、映画はきちんとした起承転結、わかりやすいシー...
マッドマックス 怒りのデス・ロード《感想》砂漠アクション作が女の子たちに受けた理... https://youtu.be/4Krw9BbjzKQ マッドマックスが女子のリピート率が高い。なぜ? そんなニュースがロードショー時にネットでながれてた。 女子は壁ドン系の恋愛映画を...
オオカミは嘘をつく【感想】イスラエルの自虐映画?みんな狂人... https://youtu.be/n5x9GBffRBA イントロシーンがものすごく叙情的で「おお!これは久しぶりに質のいいサスペンスかも!?」と期待したら、すぐさまバイオレンスと狂気映画になり...
【NY心霊捜査官:感想】絶対なりたくない職業はこれ!... https://youtu.be/AdR31ooQ2wo 都会の暗闇をどぶさらいする刑事さん。ほんとに大変な仕事だろうなあ。わけわかんない事件、残虐な犯人。 そんなんばっかで機嫌がわるいし...
闇のバイブル 聖少女の詩:感想【ゴシックロリータが贈る死霊の盆踊り】... 衝撃的だった。 チェコの映画でかなりなカルト度の映画って事だけ、DVDジャケットで見て、ほお、ちょっと見とくかね~て借りたんだけど。 原題は『VALERY'S WEEK OF WONDER...
台湾映画【共犯】感想:台湾ニューウェーブ?雨と緑とキーボードを叩く音。大傑作。... https://youtu.be/ohebX3dnxdI この予告編。文字情報が最悪にダサいけど 空から女の子が降ってくるといえば天空の城ラピュタだけど、この台湾映画「共犯」は、みずみずしくて...
是枝裕和監督のこと~海街diaryによせて~... 「幻の光」を見たのはいつだったか。ストーリはおぼろげにしか覚えてないけど、時間軸すらぼんやりしてしまうほどの暗い映画で。引きのシーンが素晴らしかった。 https://youtu.be/QCpU...