きっと星のせいじゃない:感想【邦題だけみてつまらない作品だと避けてたシリーズ】アムステルダムの若き恋人たち

きっと星のせいじゃない:なんて付けたのは誰のせい?

この予告編から、カスだよね(笑)
配給会社は映画を見る人を馬鹿にしてるのか、映画を見る人が馬鹿なのかは知らないけど。

「きっと星のせいじゃない」なんてタイトルと、ポスターの二人と。
これは見なくてもいい映画の要素100%詰まってる。

難病者に壁ドンをプラスしたようなアホな映画の一つで、映画館でたらすっぱり何も覚えてない感じの。

そう思った。

まあこれも、最近出会った映画マニアからのオススメで。
期待せずに見始めた。

何これ、やばいよ。

序盤は割とよくある話で、若者の難病グループの集いで出会う二人。
彼氏は骨肉腫で義足。
でも可愛いんだ。

彼女の方はといえば、ううむ。キャリーアンモスのように強そうで、病気っぽくはない。
そして、さして可愛くもない。

ところがこの二人が絡みだすと、すごい可愛いんだ。

b-qirzxcqai8d8l

maxresdefault

 

きっと星のせいじゃない:映画を盛り上げる嫌な奴と素敵な人

この映画のキーになってる、彼女が好きな小説。がんに関するストーリーなんだけど。
その作家役にウイレアムデフォー!!
最高に決まってる。
本当に嫌な奴!
その嫌な奴の理由がわかったとしても、まだ嫌な奴!

存在感ばっちりよ。

そしてその秘書が、美しい(笑)もう完璧にこのみだ。

彼女の家族もすごくいい。
我らがローラダーンは悲しみと喜びを抱えたお母さんを充分に演じてる。
本当に素晴らしい。

e1422412644004_4

お父さんも、いいな。
娘と妻と、娘の彼氏を空港で待ってる時の

「おお!美しい素晴らしい私の家族!おかえりなさい!(ま、彼氏も)」

というプラカード最高だ(笑)

f2f29894

 

きっと星のせいじゃない:映画は知らないことや新しい知識をくれるもの

  • この映画を見て、いろんなことを知った。
  • 難病の子供達のために願いを一つだけ叶えてくれる財団がある
  • 薬が突然効き始めることがある
  • アンネフランクの家にはエレベータがない
  • ドンペリの由来
  • がんで死ぬ数日前には、調子のいい日がある

 

いいことだろうが、辛いことだろうが知っておきたいことがある。
感情だけを揺さぶられる映画は、その時はいいけどつまらない。
映画は自分ではない人生を感じられるもの。
空想できるもの。
映画という空想から、さらに自分自身が空想できるもの。

そんなロマンティックでファンタジックな映画。
「生きていれば傷つくこともあるけど、その相手は選べる」なんて素敵な殺文句もあるし(笑)

 

ドンペリの由来もクール!
高級シャンパンとして有名な「ドンペリ」。浜田省吾の歌でしかなじみはないけど(笑)
その発明者であるドンペリニヨンが自身が20年の歳月をかけてようやく完成させたシャンパンを飲んで「私は星を飲んでいる!」と叫んだと言ったというシーンが楽しかった。

 

本当のがん患者はそんなことないだろうし、明るすぎるテーマやストーリーにも違和感があると思う。
身内のがんで亡くなった人は壮絶だった。

でもこれは映画だ。

 

リアリティを出す必要性のあるストーリーなら出すべきだし、出す必要なければ、出さなくていい。
全てはストーリーのために。

poster-art-for-the-fault-in-our-stars

 

きっと星のせいじゃない:0と1の間の無限

この映画で一番素敵なところは「0」と「1」の間には無限に広がる数があるということを教わったこと。

1か0かだ!
とか
0はいつまでも0のままだ!
とかはよく聞くけど

「0」と「1」の間。
つまり「ない」と「ある」の間には無限があるということ。

0.01

0.012

0.03

 

なんだか、いろんな嫌なことがひっくり返るくらいの素晴らしい考え方。

「できない」と「できる」

「負け」と「勝ち」

対局に思える0と1はその間に広がる無限の愛によってのみ広がりを得られる。

 

本当に素晴らしい映画。
でも、泣きたい人には向かないかな?

それと、全然星のせいじゃないから。

166498_01





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

50歳から51歳への一年間【第3コーナーをまわりつつある人生】みんな!元気で一日... 去年の3/22はお祭りだった。 アレから一年。 最近はここんとこ何があったか、思い出せない事が多い。 サラリーマンをやめて会社をつくり、またあたふたした一年だった。 たくさんの映画を見...
日本のアダルトビデオ30周年からみる【メディアの編纂】その1~アダルトビデオ創世... アダルトビデオ30周年という企画がひっそりと 2012年だから、いまから3年前か。 「アダルトビデオ30周年」という企画があってた。 知ったのは最近だから、一般的にはほとんど知られてないんだろう...
2016年ライブ終了〜【ソロ42、バンド16、サポート20】楽しかったね〜... 12/22のクリスマスマーケットでの「小佐井みなみとその仲間」でのライブにて2016年の演奏全て終了しました。 見てもらったみなさん。ありがとう。 今年はサポートがたくさん。 バンドは自...
湯川正和【新春演歌祭り】@住吉ブギに参加してきた... 2015年もいろんな人と交わりながら、自分にはない新しい世界を見たいなあと思ってます。 去年馬出ブローインで湯川君を見て、とっても気に入って。 自分のイベントにも出てもらって。 その趣意...
餃子 李(薬院)今度のバンドは打ち上げ重視です(笑)... 音楽は、飲み会じゃない!バンドはアートを追い求める同士だ! なーんておもっていた時期もありました。 が、 それはそれ。 ライブは打ち上げできないくらい全力でやる。 でも、飲み会は...
能年玲奈が芸名変更「のん」という名で再出発【FRADAYスクープを読んで】... 能年玲奈:ホットロードのTV放送で久しぶりに見た TVをつけたら、前時代的なヤンキーたちが集団乱闘をしていた。 でくのぼうな感じの主演男性が「角川映画」を思い出させる中、すらりと伸びた手足と眉間の...
野外劇団 楽市楽座【2016年新作】ヨイショ、コラショ:もう黙ってはいられない... 野外劇団 楽市楽座:全国を旅する家族。小さきものたちのあがき 車に乗って町から町へ。親子三人の旅劇団「楽市楽座」 毎年楽しみにしてる年中行事。   >>去年の感想はこ...
モネ展@福岡市美術館~雑な筆使いのヒゲおやじ~... 美術にはまったく明るくない僕です。 モネ。睡蓮の花の絵を何枚も何枚も描いてる人。
そのくらいの知識だけど。 みぞれまじりの日曜日。
大濠公園の福岡市美術館へモネ展を見に行ってきました。...
マンションが断水:水のありがたさ... 蒸し暑い日。 晩御飯を食べて家に帰ると、ロビーに人がざわざわ。 「断水してるみたいですよ」 え?断水? 水がでないってことか。 まあ、飲み水は地震の避難用にかったのがあるからいい...
トンタの森で会いましょう~歌の必然/3/27大刀洗大空襲:知ること・伝えること~...  第二次世界大戦中、旧甘木町やその近郊には当時“東洋一”と称された大刀洗飛行場がありました。 昭和20年3月27日、その大刀洗飛行場をねらった空襲があり、立石国民学校(現:朝倉市立立石小学校)の子ど...