くまのプーさんが僕を泣かす理由《流れていくもの変わらないもの》

小さな川の上にかかった

小さな橋の上で僕らは

小さな川の流れを見てた

小さな橋の上で僕らは

~96エーカーの森から

 

小川の上にかかった小さな橋のうえからクリストファーロビン(おとこのこ)と、くまのプーがそのキラキラをみてる。

 

このアニメーション映画はもう、たぶん何十回もみてるけど。

最後のこのシーンまで見たことが、ほぼ、ない。

正確に言うと「見えたことがない」

 

だって、泣いてるから。

めがねをとってるから。

 

100エーカーの森を舞台に、くまのプーとその友人知人たちがくりひろげる、ほんわかムービー。だよね?

なんでなくの?

よく笑われる。

 

僕が今回、このことを書くのは

人に伝えたくても、胸がつまって伝えられないから。

 

【くまのプーさんには幼年期の輝きと、その喪失がかかれてる】

 

プーさんに、クリストファーロビンはきくんだ。

「世界中で一番、どんなことをするのが好き?ぼくが一番していたいのは、何もしないでいることさ。ただブラブラ歩きながらね、聞こえないことを聞いたり何も心配しないでいることさ」って。

ロビンは自分にいいきかせるように。細胞にしみこませるように反芻する。

 

そしてロビンはプーさんに、いう。
「ぼく、もう何もしないでなんか、いられなくなっちゃったんだ」って。

 

それは

イノセントの喪失。

しかも、自分で決めたもの。

誰かによって奪われるものではなく。

 

そう

私の人生、私のものという信念の元に。

それは

前に踏み出す一歩。

100エーカーの森を出て、世界と向かい合う一歩。

 

 

 

よく、少年の成長物語とかってあるよね。

僕はすごく苦手。

半世紀も生きてるおっさんがいうと気持ち悪いのは百も承知だけど

成長なんて、したくないんだ。本当は

 

社会性とかなくていい

世界の役に立たなくていい

心地よい世界にいつまでも漂っていたい。

 

 

でも、それはかなわない。

 

 

なぜなら「僕らは、明日をもとめる」から。

自分の可能性を信じるから。

 

暖かいベッドをでて、冷たい外気にあたらなきゃそれは手に入らない。

ずっとここにいたい

ずっとここにはいられない(いたくない)

この想いのバランスが反転するとき、人は歩き出す。

 

ロビン
「プー、ぼくが――あのねえ――ぼくが、なにもしないでなんか、いなくなっても、時々、きみ、 ここへ来てくれる?」

 

プー
「あなたも、ここへ来ますか?」

 

ロビン
「ああ、来るよ、本当に。プー、ぼく、来るって約束するよ」

 

プー
「そんならいい」

 

ロビン
「プー、ぼくのこと忘れないって約束しておくれよ。ぼくが百になっても」

 

そこで、ふたりは出かけました。ふたりの行った先がどこであろうと、またその途中にどんなことが起ころうと、あの森の魔法の場所には、ひとりの少年とその子のクマが、いつも遊んでいることでしょう。

 

 

あきらめる

夢を見る

はじめる

終わらせる

過去と未来

無知と熟知

 

 

世の中の全ての相反するものは、小川の綺羅にまぎれて流れてゆく。

 

それをみてるぼくら。

 

 

読んでくれてありがとう。

これが、ぼくです。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

13歳は一度だけ【古賀鈴音と齋藤ゆい】@キャバーンビート... 魔の14歳なんて言葉がむかしあった。 温室で守られてきた子供時代を終わらせ、外の空気、いろんなバイキンなどに触れ、自我を叩きながら磨き上げていく旅をはじめるとき。 目の前に広がるまっさらな道に...
ピンクの象のはなし 先日のキャバーンビートでの投げ銭ライブ。 今回は喘息がでてて絶不調だったんだけど。 うれしいことがあった。   出演者の一人から 「ピンクの象を歌ってた方ですよね?」 と...
chatteringman@キャバーンビート【ゴリゴリギターと酔狂男を支えるリズ... chatteringmanを最初に見たのは、マーヤとセーラーゾンビのタイバンとして。 きのうとおなじキャバーンビートで。 デヴィットボウイのような艶っぽい歌と、ハードなゴリゴリギター(まさにギ...
俺はこの峠をガソリンをいれずにドライブする【エンプティー!エンプティー!】... かっこいい! なわけないか。 この記事のタイトルはむかしあったCDのタイトルから。   台風で被害を受けた実家の後処理のために、午前中で退社して実家へ。かっとばして。...
広瀬すず@食わず嫌い【それでも僕は能年玲奈を】... ひさしぶりにTVをみてたら、とんねるずの食わず嫌いに「広瀬すず」という子ががでてた。 ぼくはほとんど知らない。なんかのドラマに主演してたらしい。 ものすごく男っぽい観察眼をもってて、おじさんた...
恐い顔の人が、恐い。 怖い顔の人が怖い。 昔から。それは育った北九州ブロンクスのせいかもしれん。 僕の回りではケンカの強い奴はそんな顔、いじめられっ子はそんな顔と、見た目がキャラを裏切ることは無かったような...
今見てる世界は、ほんもの?夢?あいまいな記憶について... アンナ・オズという映画をみました。 ぼんやりとした夢のような、色彩と湿気だけがリアリティをもってる映画でした。 映画評は別サイトでやってるのでそちらで ↓ 《ガーリーおじち...
ハンニバル/ドラマ【Drレクターは永遠のあこがれ】海外ドラマの質の高さとR-15... 海外のドラマがレンタルショップにいくとずらり(まあ韓国ドラマも多いけどね) 僕ら昭和の人間には最初は「ツインピークス」 https://youtu.be/bFd4BTDVqz0 そし...
大きなあかりんとSNSセミナー ひっさしぶりに晴れましたね〜。青空。風はまだつめたいけど。 お昼に会社を抜け出してセミナーに参加しました。 セミナーって、みなさんどう思いますか?僕はセミナー懐疑派でした。 自分じゃ...
とります食堂でパーティー【焼き鳥・唐揚げ・鍋に飲み放題】博多駅南で鳥料理を安く美... とります食堂は、お昼の定食が600円から食べられるありがたーい食堂 でも今日は男女8人で宴会です。 飲み放題付き3500円で「お腹いっぱいに」してください〜とお願いしてみた。 店内は木のどっ...