映画「FIN-LAND」撮影終了【編集、アフレコなど最終段階へ】

中学生の頃からの夢「映画を撮りたい」

禁止のバイトでお金を貯めて、30秒くらいのアニメーション(一枚一枚手で描いて、裏から色を塗って、撮影する)を文化センターに習いに行って作ったなあ。

そのフィルム、どこに行ったかわかんないの残念すぎる・・・。
雑すぎる・・・。

高校生の頃はとにかく今は無くなった「ピンク映画」をとにかく見に行った。
映画館の人に「映画監督になりたいんです!」と直談判して、こっそり潜り込ませてもらった。それなりに怖い目にもあった(笑)

 

その後、時は流れて2016年。去年夏頃。
出会った二人の女性アーティストで、長年温めていた企画を映画化しようと決めた。
(その辺のことはラストのリンクから)

脚本というかストーリーを二人の女の子とライブハウスを中心に書き直して、絵コンテを書いて。
カメラマンも決まっていたんだけど、結局流れて(結果的に自分で撮ることになったんだけど、それが良かったなぁ)

 

iphoneと、映画のために購入した一眼レフカメラの動画機能だけで撮影し、無料の動画ソフトだけで撮ろうと決めた。

 

初めての撮影は中島晴香の自宅を借りて。

1/29
やはり雨が降っていた。雨上がりの時間を狙って外での撮影と、中島晴香のベッドでのベッドシーン(笑)

2/8
キャバーンビートでカズキくんと小佐井みなみのシーン。タブレットで話すシーン。とてもいいリズム。

3/22
キャバーンでの中島晴香、小佐井みなみ、カズキ、町田さんのからみを。この日はバースデーライブもあって忙しかった。
予告編を上演して、夏頃には完成!とか言ってたんだけど・・

4/13
中島晴香の一人のシーン。桜のはらはらと散る中で撮影。
これでほぼ材料は揃った

お話をもう一度よく考えてみた。
考えれば考えるほど「これでいのか??」っていうループに入ってしまう(笑)

 

映画を撮り始めた2017年。
この年はいろんなことがあった。
原発事故をまるでなかったこのように進んでいく国のこと。強く、美しいものだけがもてはやされる世界。

最初のエンディングは「失われていく本当のことを繋げていかなくちゃ」という思いでいっぱいで。不安で悲しさの残るものだった。

でも、違う。
時代が閉塞感を増やしていく中で、僕は「ミナミ」に海を見せてあげたくなった。

 

「ラストシーンを変えたいので、もう1日、撮影をしたい」

 

ところが中島晴香は福岡を去り多忙な日々。小佐井みなみもリリースやらライブで大忙し。僕は僕でちょっと音楽に疲弊して。しかもギックリ腰(笑)

三人のタイミングがなかなか合わず、

「11/28しかない」ということが10月半ばに決まった。

 

イベントごとに雨を降らせてばかりの僕だけど、この日はどうしても

  • 青空
  • 海岸線

が欲しかった。

 

どうしても撮れなかったらまた来年、と思っていた。何日も前から天気予報を見てた。

  1. 曇り
  2. 曇りのち晴れ
  3. 晴れ

と変わっていく予報も信じず(笑)前日がきれいに晴れたことから「ああ、明日もこんなだったらいいなぁ」と願った。

 

二人を車で拾って志賀島へ。今年の夏見つけたステキな穴場へ。
でも海水浴シーズンじゃないから、砂浜は荒れ放題かも・・・。

 

  • 砂浜はきれい
  • ワンピースでも十分なくらい暖かい

最高の条件の中、明るいラストシーンを撮影。
こんなにいい天気は久しぶりで、翌日の今日は雨。

 

 

ラッキーとしか言いようがない。

 

みんなで海鮮丼を食べて帰った。

 

さあ、これから編集とナレーションを依頼して。
年末年始で完成させて。

来年の春前頃に上映会をしようと思います。

 

そこでみなさんに「後からクラウドファウンディング(笑)」をお願いしようと思っています。自腹もかなり切っちゃてるので(笑)ご協力ください!

その時はぜひ、ご来場くださいませ!そして物販などをお買い求めください!!
かっこいいパンフレット製作中です。

 

 

過去記事

FIN-LAND【こさいみなみと中島晴香W主演でお届けするSF映画】撮影好調!!

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

SUPER STRONG POINT!! @博多GERILA HOUSE【純粋に... 博多駅前のゲリラハウス。 最近縁があって出演することが多くなった。 この日は「SUPER STRONG POINT!!」というタイトルで、ゲリラハウスを根城にしてる城主たちのようなミュージシャンが...
歌を寝かしつける【活動休止ラストライブ】まるで文化祭のような心地よさ... ゲリラハウスのマスターから「なんかイベントしてくれん??ワンドリンクこみで1,000円でいいけん」といわれて、このイベント組んだのが一ヶ月以上前。 そのあとゴタゴタいろいろあって、なんとその日が...
平戸へ:田平天主堂と海と生月島【夏の終わりの海と教会めぐり01】... 夏の終わりのデートコース:平戸まで車を飛ばす 毎朝5時に目が覚めるので早起きも苦にならず。 下道を通って平戸へ。 曇り空。 直射日光は厳しいからよかったー。 「どん!」トンネル通過中...
博多リバレインの亡霊たち【目的地を失ったお出かけの先には】... お天気だから出かけたい、と思ったんだよね。 西鉄バスに乗って。 本当はアジア美術館に行こうと思ったんだけど、入った途端に興味が失せて。 あらら、どうしようか、と。 ここは博多リバレイン。 ...
ゲリラハウス週間その2【オープンマイクに参加して:3曲勝負って大好き!】中島晴香... オープンマイクっていうシステム 見る人も参加者もおなじチャージを払って、短い時間で自由にやる。 気に入ったアーティストがいたら、投げ銭してもらう、みたいな。 普通のライブはだいたい5〜6曲や...
納涼ナイトinゲリラハウス【ホラー映画は観れるのに怖い話が大嫌い】... 納涼ナイトinゲリラハウス。怖い動画と怖い話で涼みましょうという企画。 このイベントに「音楽」ではなくてしゃべりで参加することに。 怖い話、本当、好かん。 旅行の取材を仕事にしてる時、怖...