シェイプ・オブ・ウォーター【頭からつま先まで100%美味しいが詰まった奇跡的な傑作】

シェイプ・オブ・ウォーター:ギレルモ・デル・トロは映画を100%理解している

1962年、米ソ冷戦時代のアメリカ。政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)。彼女は聞くことはできるが言葉を発すrことはできない地味な女性。
同僚の黒人女性ゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。

タンクに詰められ、電撃棒で拷問を受けるその「彼」は、アマゾンで崇められていたという。
イライザは彼に恋心を抱くようになるが・・・.

あらすじだけ聞くと、全男の子が感激の涙を流す怪獣ロボット映画の傑作「パシフィック・リム」をとった人とは思えないし、もう一つの代表作「パンズラビリンス」も(大好きだけど)迷宮感が強くて「KBCシネマであるんだろうなぁ」と思ってしまうほど地味。

ところがオスカーノミネート!しかも最多。アメリカどうなってるんだ(笑)

でもね、見たらわかる。

これは誰しもの「個人的な映画」であり、なおかつ多様性をなくし、異種を排除する現代にリンクした「社会派映画」でもあるからだ。

映画でしかできない興奮と笑と涙。感動という言葉は死ぬほど嫌いだが心に響きまくるシーンの連続。無駄なものは何一つない。独りよがりなところも、バジェット自慢もない。スターシステムにも頼らないこれほど完璧な映画は久しぶりだ。

 

シェイプ・オブ・ウォーター:映画人としてスクリーンの隅々まで敷き詰められた愛情。

物語について書くのはやめようと思う。これは映画館で、またはDVDが出たらレンタルででもいい、一生に一度は見て欲しいから。
ストーリーに「あっと言わせる」「どんでん返し」はない。
見る人の映画との関わりが深かろうが浅かろうがそれぞれの楽しみ方ができる。

ところが、シーンからシーンへ広がるその手法は、もう神業。
美しいシーンから楽しいシーンへ。
バイオレンスには目を背けたくなるし。

親しみやすいストーリーと役者の凄まじい説得力と、美しく可愛すぎるセットとVFX。
ディズニーやピクサー、マーベルで寝ぼけた頭をぶん殴る。

異形のものと、ろうあ者が恋に落ちる。
その設定から感じられる「気持ち悪さ」がまったく、一つもない。

 

主人公のイライザは社会的には落ちこぼれだ。
障害者。清掃員。未婚。なによりも1960年代において決定的に弱い「女性」だ。

ところが彼女は恋に落ち、周りの迷惑など気にせずにやりたいことをやる。
それは恋に落ちたからできた自己解放だ。
犯罪行為もやる。
人を巻き込む。

自分勝手極まりない。でも、それが「恋」だし、自分勝手でいいはずなんだ、自分の人生は。

彼女の帽子、スカート丈。
背景を飾るブラウン管テレビ。研究所のダクト、タンク。
画家の家。
まずいパイ。キャデラック。
雨の波止場。

タップダンス。
映画館。
JAZZ。

映画がこれまで作り上げてきたディティール愛がここまで美味しいとこ取りされてる作品はない。

 

シェイプ・オブ・ウォーター:はみ出し者への愛情と自己肯定

昔、ジュネ&キャロと言う映画監督がいた。デリカテッセン、ロストチルドレン。
そしてアメリ。

可愛いブームに乗って大ヒットを飛ばしたんだけど、もし機会があれば「ロストチルドレン」を見て欲しい。シェイプ・オブ・ウォーターの70%ほどのすばらしい映画だから。

登場人物は誰しも「何かを背負うもの」で、アメリカンドリームとは程遠い。
悪役のみんなにもそれぞれ理由がある。

本当はないかもしれない「社会的な幸せをゲットした人」ではない彼らは、笑い、文句を言い、サボり、タバコを吸い、自慰をし、上司にイラつき、デートをし、実らない恋に身を焦がす。

女性であること、黒人であること、同性愛者であることで、何か得体の知れないものから阻害されてる人たち。
その意味ではクリーチャーだ。

 

 

素性を隠してソビエトからアメリカにきた科学者がいう。

「私は学ぶためにアメリカに来た。ここには学ぶべきものがある」

それに対して、高官は言う。

 

「何を学ぶかではなく、相手が学べないようにしろ」と。

今、社会が再びその動きに入ってきてないかな?

 

シェイプ・オブ・ウォーター:映画史に残るラブシーンと音楽

冒頭のシーンと音楽を聞けば、だいたいわかる。
水の中にたゆたう家具。
水の中のソファで眠る女性。

この映画の最重要テーマでもあるJAZZの名曲「You’ll Never Know」

 

You’ll never know just how much I miss you,
You’ll never know just how much I care…
And if I tried, I still couldn’t hide my love for you,
You ought to know, for haven’t I told you so,
A million or more times?

あなたは私がどれだけ想ってるか知らないでしょ?

と言うこの歌の使われ方がすばらしい。
映画史に残るカタルシス。
ララランドどころじゃない(笑)

そして「彼」は水の中で生きる生物なのでラブシーンも水中。
美しすぎる。

 

 

この記事を書いたのは

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生:感想【僕が見たいのはこれじゃな... https://youtu.be/F8-e5CCu2hA ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生は面白いか?? 前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は楽しかった。映画的なシ...
エヴォリューション(Evolution):感想【ゾゾゾっと怖い軟体生物のまぐわい... https://youtu.be/0W56FeyoVSM エヴォリューション:久々に気持ちの悪い映画だ! 少年と女性しかいない、 人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。 ある日海の底に...
コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団【実にくだらないゆるすぎる家族... https://youtu.be/F9heRdyxKUQ   コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団:滑りまくる家族映画 ジョニー・デップとバネッサ・パラディの娘リリー...
プラネタリウム:感想【ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・ディップの美しい襟や... https://youtu.be/b4vp8RfjT6o   プラネタリウム:ニセモノの能力?ニセモノの笑顔? ざっくりとした内容はこんな感じ。 1930年代、パリが最も華や...
リバース・エッジ:感想【行定監督がキチンと作った彼の映画】岡崎京子のドライをかな... https://youtu.be/Mj7I7FXqyow リバース・エッジ:岡崎京子の漫画を映画化するなんて無謀すぎる なんせ、岡崎京子は時代を作り、時代を殺し、時代から殺されそうになったところを...
メアリーの総て:感想【フランケンシュタインを描いた女性の話】エルファニングの作品... https://youtu.be/DYCwe01sQwM   メアリーの総て:1818年に出版された「フランケンシュタイン」の作者メアリー・シェリーの伝記映画 今からちょうど200...
僕の名前はズッキーニ:感想【我慢が美徳な日本とは真逆なフランスのアニメーション】... https://youtu.be/WJoqMuf56zY   僕の名前はズッキーニ:まさに宝物のような映画 いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカール(ズッキーニ)...
女は二度決断する:感想【一点の曇りもない人生をあなたは送っていますか?】... https://youtu.be/t_9rvz7IvZ4   女は二度決断する:これは映画。だからこそ響く。 ドイツ警察戦後最大の失態と言われる、ネオナチによる連続テロ事件に発想を...
追想:感想【シアーシャ・ローナンの映画は外さない】いやぁ、新婚初夜のプレッシャー... https://youtu.be/RUzEsK-MKDM 三年ながらレディバードは見逃したけれど。 シアーシャ・ローナン。24歳。 いい映画ばかりでる女優。いい映画というのは「ハンナ」や「ラ...
アンチポルノ:感想【園子温、意外にも王道なピンク映画】... https://youtu.be/EIT5ON9aqvg 日活ロマンポルノ45周年を記念して企画された「ロマンポルノ・リブート」 僕ら昭和時代の生まれにはピンク映画は思い出だ。 多分、高校生くら...