ちびちゃんができるまで【ぼくちく+トモ+サニー+コーチ】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

昨日はアマチュアミュ−ジシャン人生の中で最も「新しい」キャリアのスターの日でした。

楽器を持たずにステージに上がる。オケを全部作ってから流すというのは「悪人」と言う演劇歌謡ユニットで経験済み。

でも今回はさらに「着ぐるみ」着用だったのです。
その謎のユニット「ちびちゃん」のお披露目でもありました。

 

ライブの感想はまた明日。
今日は「ちびちゃん」が、できるまでのことについてちょっと忘れないうちに。

 

ちびちゃんができるまで

洋楽カバー動画企画にいち早く手を上げてくれた「さぎりさん」のお友達のTOMOさん。元有名なガールズGarageBand「Thee 50’s high teens」のベースボーカルでリーダーだった人。

 

 

とはいえ僕はお会いしたことなかった。
でも
実はわりと近所に住んでたり、行きつけのバーが同じだったり。なんとなく好みが似てる気がした。

知り合って間もないのに「3/22バースデーパーティ」にお呼びした。
そこで牧畜業者とあった。

 

ぼくちくは「Thee 50’s high teens」のギターのハニーちゃんとユニットを組んでいたりで、前からTOMOさんのことは知ってたらしい。

 

 

そこに、東京から最鋭輝[MOTOKI]さんがやってくるので、いつもようにタルジ(ぼくちくと僕のユニット)での出演依頼がありました。

ちょっと前からぼくちくは

  • ぼくちく
  • サニー
  • コーチくん

の三人でなんかやりたいという話をしてて、今回それやってみる??と言う話になった。
まあコーチくんとは本当に古い知り合いだし、凄腕やけん問題ないやろ〜。
するとぼくちくから「TOMOさんも誘いたい!」と言うLINEが。

TOMOさんも新しい何かを始めたいということで洋楽カバー企画に参加してくれたし、新しいユニットならきっと「面白がってくれるはず」と。二人ともなんとなくお互い気になってるぽい感じで話してたし。

 

カバー候補としてきたのはこんな曲

 

 

メンバー四人が顔を合わせたのは5/2@カヨカリ。

打ち合わせと称した合コン的な時間。割と人見知りばかりの四人。

ライブの曲目(カバー曲)決めたり、オリジナル曲(サニー作)を決めたり。
僕も、新しいことをするなら、しかもトラックを流すんなら「ギター弾かない」というのがいいなあと話したら

「じゃあ爺は、なにすんの?なんで存在感を出すの?」

という話に。

エレクトロな演奏テクニックはないし、うーん。どうしよう。困った。

 

今回のユニット「ちびちゃん」リーダーのぼくちくによれば

  • ライブ会場にちょこちょこ大人の付き添いでやってくるちびちゃん達も楽しめる様な事をしたい
  • ポンキッキやみんなのうたぽい感じ

というコンセプトなので

「じゃあ着ぐるみ??」てな感じに。軽い気持ちで。

 

打ち合わせから帰ってみやちゃんに

「着ぐるみ担当になった」と言ったら絶句してた。

 

 

それからライブまでの一ヶ月。

 

いろんなトラブルやらなんやらあり、フロントの二人は衣装をチクチクと作り。

それぞれの場所で練習に励んでた。

一度コーチくん以外の三人でスタジオに入ることができた。その時着ぐるみを来てみたんだけど、まさに地獄のように暑くて。
かなりヤバめな気持ち。

そんなこんなで時は流れてみんなで顔を合わせられたのはライブ直前のリハだった(すごいよね。初めてのライブなのに)

でもみんな凄腕だからね。

 

なんでも新しいことが始まるのはタイミング。巡り合わせ。
もしトラック作りを練習してなかったら、動画企画に紹介してもらわなかったら、お誕生会にどちらかが来てくれなかったら、モッキーさんがこのタイミングで福岡に来てくれなかったら、ちびちゃんは生まれなかったかもしれない。

 

ライブレパはまた明日!

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018

 

 





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら