View from BAR window@gigiと高橋プランクトン@キャバーンビートをはしごした夜

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

昨日は平日の音楽イベントをはしごしてきました。歩いて5分くらいのところに楽しみの場所がいくつもあるってのがまさにシティライフ(笑)

最近お友達になったTOMOさんのイベント「View from BAR window」が、ぴったりの場所gigiにて開催されました。

開演前に、もうお客さん満員。それこそ海外のバーのようにざわついた会場。
熱気、というのとは少し違う、「それぞれが持ち寄った日常のかけら」みたいな空気があった。
イベントが非日常ではない雰囲気。
美味しいものと音楽のいいバランス。

gigiの恐るべき晩酌セットと、タコライスを食べながら。

ブッカブッカをみた。

いやー!震えた!
音楽をやってる自分が好き!っていうのも素晴らしいことだけど、それよりももっと「音楽・曲」さらに言うなら「楽器」が好き!っていう思いがビシビシくるインストユニット。

スイングするギター、時々リズムをジャラーンとばらす。
僕も同じギタリストとして、その「勘所」がすごく気持ちがいい。
メロディを生かすための伴奏の価値をすごく理解してるし、尊いものだとわかってる感じがたまらん嬉しかった。僕もそうだから。すごい嬉しい。

そしてメロディを奏でるアコーディオン。
ロマンチックでドラマチックで、でも小さな物語を形作る音。
でもそのためにはあれだけ指を動かさなきゃならん!っていう(笑)
好きなことを好きに表現するために、練習して、練習しまくる。
そんな姿が見えて(勝手な想像だけど笑)涙が出ました。

言葉がない分、メロディーの美しさがわかるし、楽器の演奏力もいる。
それがいいバランスになることは案外難しい。
BGMになったりテクニックご披露会になったりする。

でもブッカブッカは「曲の持つ物語」を前面にどっしりと置いた演奏をする。
メロディーとそれを生かすリズムと伴奏の価値が輝く、素晴らしい演奏やった!!!!楽器好きとしてはたまらんかったです!

 

大石みつのん先輩は、安定した演奏とパフォーマンス。実はもう10年以上前、彼らがバンドだった頃、夜中道端で演奏していたことがあった。練習ぽく。
僕はその日バンドの練習帰りで、ブルースハープを持っていて。怖いもの知らずだったので混ぜてもらって何曲かやった。

その頃からアーリーアメリカンラブなのは変わってないけど、芸風が広がって(笑)お金の取れるショーマンになった。いい意味で。

 

マイスモーヒー。
ちょっとしか見れんかった。

キャバーンビートで萠珈を見るのと、高橋プランクトンのギターサポートというお仕事があるので抜け出した。

 

歩いて五分のところを走ってキャバーンに。

萠珈がやってた。

僕がこの間へなへなのカバーをした曲をどっしりとやっていた(笑)

 

そして、梅雨時期の憂鬱な曲を終わらせた後、一連の騒動を乗り越えて出来た歌が素晴らしかった。

死にたい気持ちと向き合って、抜けた「生きてやる」曲。
ああ、彼女はこれで大丈夫だ。
幾つかのステージを一気にクリアするためのトラップだったんだろう。

ガンガンいくと思う。

 

そして高橋プランクトン。

今夜の彼は凄まじかった。

大切な人を亡くしたと言う。

結局どんな歌詞を歌っても、言いたいことは一つ「生きねばならぬ」だけ。
最後にその歌を歌うためのセットリスト。

もちろんいつものように、何の曲をやるかは知らない。コード進行も知らない。
でも昨日はわかりあえた。

彼の背中と、横顔と話ができた。

一曲目で3弦を切り、最後は三本だけになった。
チューニングは狂いまくり、ただただ弦のない「D」を押さえて弾いていた。

 

彼は泣いていた。無力さと、届かなかった思いに。
そして燃えていた。

この日に、一緒にギターが弾けてよかった。
ごめん。聞いてる人がどうだったかはわからない。でも昨日僕らは無言のまま饒舌に話をした。今までは演奏の呼吸だけを合わせようとしたけど、昨日はともに燃えた。そしてチリになった。

ありがとう。こんな機会を与えてくれて。

 

そしてgigiに戻る。

ちょうどTOMOさんのTOMO & The Bottle Necksが始まろうとしていたところ。

ベースを持った彼女は今まで見た中で一番緊張してなかった(笑)
ああ、相棒がいるからなんだろうなぁ。

演奏はまあ、リハーサルのようなところもあり、ジョンレノンのライブインNYのよな感じもありドキドキだったけど、何しろ楽しそうだ。

彼女といろいろお話ししてて「一度放り出した音楽の楽しみ」を取り戻すための旅を始めたんだなあと思った。

楽しけりゃいいじゃんうえーい!というのとは違う。
萠珈のいうところの「死にたいを超えた生きたい」のように「楽しくない、やめたいを超えた楽しい」をつかむための旅。

友達の誕生日を祝うためにめちゃくちゃ間違えながらキーボードを弾いたり、それをやんやと受け入れる仲間がいたり。

楽しみは自分で探し、自分で手にするもの。
楽しみから裏切られることもあるけど、でも暗闇から手を伸ばす。
そして、そのタイミングが来るのを待ち、きたら躊躇なく乗っかる!

これからTOMOさんとはいろんなことをやる。

一緒に楽しみを作ろうね!

 

gigiには人があふれ、思い思いの時間を過ごす。
投げ札をして帰る。
タバコの煙がちょっと苦手なのと、久々の大きな音で耳が聞こえなくなてきたので(笑)

 

ああ、長くて、楽しくて、いろんなことを感じ、考え、生きねばならぬと思った夜。

 

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

赤い下着の女【Killer-K】架空の映画のスチール撮影... こんばんは。ブログアパート管理人サニーです。 念願の圭子さん撮影をやってきました。 名だたるカメラマンたちに、めちゃめちゃかっこいい写真、美しい写真、アートな写真、面白い写真などをたくさん...
生きていてハッピーだ!というのを伝えるのが使命だと先輩は言ったけど。... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日、あるライブで先輩ミュージシャンが 「僕らミュージシャンは、『生きていて楽しい』『明日からも頑張って仕事しよう』というポジティブなメッセージ...
持ってるCDを一通り見てみたら【もう二度と聴かないだろう音楽】... 1000枚近いCDの整理が終わった。 小さなケースに入れ直すものとか、ケースすら入れずに裸にしてるものとか。何十枚も入るケースにぎゅうぎゅうに入れたものを合わせたら多分2000枚。 なぜ買った...
笹うどん【もう一つの小笹の良心】... 福岡市中央区小笹。 中央区とは名ばかりの陸の孤島(笑) うちの前のバス停は1時間に2本しかバスがこない。 ただ、小笹にはずっと営業しているお店がある。小笹の良心だ。 一つは小笹飯店...
CREW OF BLUEの目的地は?【ライブをやる上での嫌なことから逃げまくる】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日、バンド「クルー・オブ・ブルー」でライブをしました。キャバーンビートのフライデーナイトライブというイベントで。 バンドのオープンマイクのよう...
平成最後の夏を迎える10代最後の女の子たち【第二回百合撮影会】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日、変態チックイベントで知り合った女の子が主催する撮影会に参加してきました。 前日当日に都合が悪くなった人もいて、撮る側、撮られる側あわせて4...
シンガーソングライターCO2とフォトセッション【シンガーインザダーク】... こんばんは。サニーです。今日もブログアパートに来てくれてありがとう。 今日は写真いっぱいです。   ゲリラハウスでのライブを終えて、対バンだったCO2とフォトセッション。 彼...
ことの善し悪しがわかる前に、身の回りにダメな大人がいればいいのに... 不倫とか、不倫とか、喧嘩とか、薬物依存とか。 この世にはほんとうにくだらない人がいる。 でも、生きてる。   誰かをケガさせたりしたら、法律が間に入ってきて「被害者」と「...
viktoria modesta:ヴィクトリア・モデスタ【youtubeで出会っ... https://youtu.be/jA8inmHhx8c viktoria modesta:ヴィクトリア・モデスタはプロトタイプか? youtubeを漁るようになって数ヶ月。 時々すごい大ヒット...
革命前夜:第二夜【眩しいくらいに輝く闇】高倉周作と萠珈はまるで地下室の腹違いの兄... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 雨の日曜日。しかも行き慣れない中洲にライブを見にいってきました。 会いにいける廃墟ことゲイツビルの上にあるS.O.R.A。 誰も...