我が唄Vol2@キャバーンビート【6/19を生き延びて6/20を迎えることができたから】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

昨日は高橋プランクトン主催の「我が歌」に参加してきました。
おとといの6.19のあとを受けて、僕なりのアンサーをどうしようかと考えまくりでした。

6.19【福岡大空襲から73年】平和は70年しか続かない説

高橋プランクトンの始球式の後

  1. 岡村釦
  2. tadakumaR
  3. 碓井浩美
  4. gn8mykitten
  5. さえきズッキーニ
  6. ムコウ
  7. sunny
  8. チャーリー林
  9. 高橋プランクトン

という打順(笑)本当は僕は一番バッターだったんだけど、珍しくお客さんがきてくれることになっていて、間に合わないということなので順番変わってもらった。

ここのライブはやはりバラバラで一体感なんか全くなく、気持ちが良かった。
個々が個人のままならす音がそこにあって。

  • 素直な歌
  • 意地悪な歌
  • 優しい歌
  • 嫌な歌
  • 大きな歌
  • 小さな歌
  • 生活の歌
  • 理想の歌

それぞれが生きていた。
手拍子もコールアンドレスポンスも必要なかった。シンガロンも。

とても気持ちがいい。清々しい。

 

  • 10代の天才のキラキラした毒と優しさとか
  • 20代社会人三年目の素直でマウンテングゼロの清々しく強い歌とか
  • 30代女性の、「今」に呼応した生活と夢の歌とか
  • 40代男性の過去をほりおこす歌とか
  • 50代のオトナ気ない歌とか

 

本当にバラバラで、でもすごくまとまりのある、広がりのあるライブ。
これはやっぱり「高橋プランクトン」が冠だからだと思う。

 

昨日はチャーリー林の横でギターを弾いた。
彼の横でギター弾くのが本当に好きで気持ちがいい。結婚したいくらい(笑)

そして高橋プランクトンの横でギターを弾いた。
いつもギリギリの音を探らなきゃならないから本当に疲れる。でも嬉しい。

 

 

今日は僕のことを書こうと思う。

やった曲は4曲。本当は3曲しかダメなんだけど。ルール破って申し訳ない。

  1. スカンジナビア
  2. 転がる石
  3. PKO
  4. 速達

本当は2〜4の3曲でやろうと思った。昨日考えたことへの答えだから。でもそれでは今日のお客さんに失礼だと思ったので、自分らしさの出てる(と思う)スカンジナビアをやった。

 

僕は物事や言いたいことを「物語」に紛れ込ませて歌うというやり方が好き。普遍性もあるけど、受けとる人に委ねるのが好き。
声高にいうほど人生を生きてないし。

僕は普通の人生を送ってる。
アマチュアミュージシャンと話していて、疎外感?孤独感?を感じるのがそこ。
僕は不幸も知らない。壮絶な過去もない。
普通に家族を持ち、子供は成人し。
歌えるようなものは何もない。

精神の淵を彷徨ったことも
ドロドロの恋愛も
はじけるような青春もない。

だから自分の思ってることは「力がない」と思い込んでいた。
普通の人生を送ってる男の歌う歌なんて誰も聞きたくないんじゃないかな?と。

 

 

このところの世界の閉塞感。
もう物語に紛れ込ませる余裕がなくなってきた。

僕はこの国が好きでも嫌いでもない。
日本人というものにアイデンティティを持ってない。

でも、サッカー会場で日の丸が振られたり、オリンピックで国家(インストね)が流れることに嫌悪感はない。自衛隊の皆さんを否定する気もさらさらない。あんな壮絶なことを仕事としてやってる人に敬意を持つ。

でもね、

この国がアメリカの言いなりなことに腹がたつ。
星条旗の星の一つも与えられず、はいはいとしっぽを振るリーダーに腹がたつ。これはもしかしたら「愛国心」なんじゃないかとすら思う。

個々の要請や要望に対して自国内で議論し、「受ける」「受けない」を決めずに、

  • 金を払えといえば払い
  • クズを買えといえば買い
  • 死ねといえば死にに行く

僕らのおじいちゃんおばあちゃんの上に爆弾を落とし殺した人たちの国の、忠実な犬。
そこが一番嫌いだということがわかった。

そんなにアメリカが大嫌いなのにDA PUMPのUSAと言う歌に吐き気はしない。
むしろ楽しくなる。
それはなぜだろう?

あれは「アメリカの文化・カルチャー」への憧れを歌ったものだから。
アメリカ国家を崇めるものじゃないから。
文化は国家へのカウンターパンチだから。

ロックンロールも、ダンスも、国家への反逆の一端。だからアメリカの文化は好き。

 

この国は?
この国の文化は?
一億玉砕へのカウンターは?

そこが文化の持つべき力。

国家とかいうロクデモナイものにロックンロールやダンスは反抗していたんじゃないかな?
生活というぎちぎちのシステムを少しでも楽しくするためにダンスやファッションは生まれたんじゃないかな?

 

6.19を聞いて、僕なりに6.20に答えを出せた。

 

こんなの叫ぶことはあまりない。子供じみたライブをした。それはいい意味で「誇り」だ。

でもね、本当の願いは

ちょっと一息つきたい時に、さらりと小さなデザートを届けるように歌を歌いたい。
どうせ歌うなら、その一瞬で消えてゆく音楽でリラックスして、明日もいい日になりますようにと願ってほしい。

ささやかで小さな歌を歌いたいんだ。音楽は人を優しくしたり、奮い立たせたりする。

 

叫ぶのはもううんざり、だけど叫ばないことにはもっとうんざりしてる。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018

 

楽しくて踊れる歌を歌いたいな。

 

 

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

キャバーンビート投げ銭LIVE40回記念【高校生の作る歌にぶったたかれた夜】... こんばんわ。ブログアパート管理人のサニーです。 昨日はキャバーンビートで毎月行われている「投げ銭」ライブに久しぶりに出演しました。 20分の持ち時間で、まあ3曲くらいをやる。 これが僕にとっ...
第十快変態チック【春死音】:屋上編... こんばんわ、ブログアパート管理人のサニーです。 今日は前回の第十快変態チック【春死音】グラスコフィン編に続く、屋上編です。   このビルの屋上は撮影スポットとして使われてる...
子供は泣くもの?躾けない親がバカ?【SNSで流れてきた論争】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 僕は子供が嫌いです。 騒ぐし、わがままだし、泣くし。 ツイッターで「騒ぐ子供が許せないのではなく放置する親が許せない」という一文が流れてき...
NOZOMI PIENA:TAリリイベ@HMV博多【ピエナータは誰のために踊るの... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 台風が来るかも?という蒸し暑い夜。妻と待ち合わせしてノゾミピエナータのCDリリースイベントに行って来ました。 場所はKITTEのHMV。 ...
おしゃべり!おしゃべり!【夜は更けゆく、花が咲く】... 縁ってのはほんと不思議。 こんばんはブログアパートの管理人のサニーです。 目まぐるしい三月終わりに斜め45度の終わりに、いつものバーに行きました。   ここんとこなんだか...
「あなたの私の眠れる力を社会へ」スピンオフ01【家庭内を経済活動に置き換えてみる... こんばんは。ブログ管理人のサニーです。 先日行った「あなたの私の眠れる力を社会へ」イベントから帰ってきてからミヤちゃん(妻)と話したことを、ちょっとまとめてみました。 ああ、こういうこと、家庭...
わーーー大変。原稿が落ちそうだった(笑)... コンバンワブログアパートカンリニンノサニーデス。 とカタカナで厨二ぽく書いてしまうほど焦ってる。   今日は、ブログがない!かけてない。   家から薬...
ヌード撮影を撮影する【圭子さんインタビューにお邪魔した日】... 何かと交流してる「ママじゃない私ポートレート」の主宰のお二人。 そして最近、圭子さんに「巻き込まれた」人たち。 今回はママじゃなスペシャルとして「圭子さんインタビュー&撮影」ということ...
音楽にメッセージを込めちゃダメな国、日本。... みなさんこんばんわ、ブログアパート管理人のサニーです。 今更、な話だけど。 WOWOWでグラミー賞の再放送を見た。 結果は知ってて、ケンドリックラマーとかかっこいいね〜とか思っていたし、...
赤いサロンの夜は更けて@平尾でみやちゃん圭子とちーやんと... さて、こんばんは。53歳になったブログアパート管理人サニーです。 前日は自腹バースデイパーティにお集まりいただきありがとうございました。 本当の誕生日の3/22は、前から予定してた「行きつ...