長住喫茶室で歌う【ハンバーグとスイートポテト】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

昨日は長住喫茶室というところで歌ってきました。たけっちに誘ってもらって。

前々から僕は「音楽は美味しいものとおしゃべりと同等」という風に思ってる。もちろん「我が歌」のように生き様を叩きつけるような歌も好きだし必要だと思う。

それと同じくらい「楽しい時間にただ流れてる音楽」が美しいと思うし、「わざわざ聞きに行かなくても耳にする生音楽」も素敵だと思う。

 

長住喫茶室はハンバーグとスイートポテトの美味しいレストラン。
ついてみると立派なPAシステムがあるんだけど、立派すぎて詳しくないとバランスを作るのが難しい。前回たけっちは一人でやった時、ギターアンプを使ったらしい。

今回はなんとかやってみようと二人で四苦八苦して。
なんとかできた。

長住喫茶室は幾つかの空間に分かれてる。ゆっくり本を読みながら食事ができるスペースとか、ゆったりソファ席とか、畳席とか。

いろんな使い方ができる。すごくいいところ。
一目見て好きになった。

 

まずはたけっち。
ドラえもんの歌とか、秦基博の曲とか。
カバーで流すのかなーと思っていたら「カレーの歌」「ツタヤ恐怖症」と定番を持ってきた。えろ本はさすがになかったけど。

子供が手拍子する。聞いてる人も聞いてない人もいる。
楽しそうにおしゃべりする人もいる。

その間を音楽が流れていく。

ああ、理想的だ。なんかアメリカンバーみたいだ。

 

次が僕。
僕はもう今回は全曲カバーでやろうと思った。有名曲も無名曲も合わせて。20分ちょっと。

ジャズのスタンダードからJPOPまで。普段は歌わない歌。食事に邪魔にならない歌。

映画「シェイプオブウォーター」の曲「you’ll never know」をやってみた。
感想に口笛を入れて。

この曲の前あたりから小学生低学年?くらいの女の子がステージをずっと見てて。
間奏の口笛を拭いた後、口笛を返してくれた。
僕も口笛を吹き、その子もまた吹く。

ああ。

これだよ。

音楽の持つ力は。

 

手拍子お願いしますでもなく。
シンと黙らせるだけでもなく。

口笛を聞いて、口笛を吹くたくなったから、吹いた。

その短い時間、その子と僕は「音楽」で話をした。初めて会ったのに。
音楽を聴きに来てるわけではないのに、音楽がその子に届いた。

 

僕が一番求めていた「生活の中の音楽」。

 

昔、TV見ながら一緒に歌ったり、踊ったりした。
TVから音楽が少なくなって、街にうるさいBGMが溢れ始めた。

 

家族で、友達で美味しいものを食べてる時、おしゃべりしてる時。
ふわりと「生の音楽」が流れる。

気になって見てくれる人、拍手をくれる人。
口笛で答えてくれる人。

それぞれの反応がある。

 

嬉しかった。幸せだった。

 

ライブの途中で、その子の家族は帰り支度。
七夕用に内に飾られた笹の葉に、願いごとが書かれた短冊が吊るされていた。
その口笛の子も、何かお願い事を書いて笹に吊るした。

僕は歌の途中だったけど、

「今日はありがとうね。お願い事何かいたの?」ときいた。

するとその子は少しもじもじしながら

「家族がずっと元気で仲よく」と言った。

 

 

きっとかなうよ。ありがとうね。

 

歌い終わって、感じたことのないくらいの穏やかな気持ちになった。
どこどこを間違えたとか、歌間違えたとか、選曲どうだったかなとか、思わなかった。

 

そして噂のハンバーグを食べる!

わわw!!!すごい大きさ!

そして箸で割ると肉汁が!

 

たまらんん!

幸せや。

 

スイートポテトの破壊力!!

 

たけっちといろいろ話をした。ここではその話の内容は書かないけど(笑)たけっちの短冊の願いが叶いますように。

たけっち、誘ってくれてありがとう。またやろう!

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら